ガジェット

【歯がツルピカに!】ソニッケアープロテクトクリーンのhx6863をレビュー!比較もあるよ。

どうも!
歯を磨いた後にざらざらが残っていると気持ちが落ち着かないボンゴリラです!

今回のごり押しの逸品はこちら!
philipsの電動歯ブラシ『ソニッケアープロテクトクリーンhx6863』です!

電動歯ブラシ選びって迷いますよね~
例えばこんな疑問をお持ちではないですか?

『hx6863ってソニッケアのなかだと安いけど効果ある?』
『他のプロテクトクリーンシリーズと何が違うの?』
『hx6863って結局どこで買うのがお得なの?』

ぼくはいろいろと迷った末に、選んだフィリップスの電動歯ブラシhx6863。
かれこれ使い続けて3年、hx6863のおかげで歯磨き生活が一変しました。

何が変わったかというと・・・

  • 歯磨きが苦にならなくなった!
  • あっという間に歯磨きが終わる!
  • 普段から歯茎のむずがゆさを感じなくなった!

こんな具合に使う前にくらべて口内環境の違いを実感しています!

とうことで、この記事では僕の経験を通じてプロテクトクリーンのhx6863について次のようなことをまとめてます。

    • この記事でわかるhx6863について
    • hx6863を実際に使った人の口コミやレビュー
    • hx6863のお得な値段情報
    • プロテクトクリーンシリーズの比較結果

あなたの電動歯ブラシ選びのお役に立てれば幸いです。

それではまいりましょう!

もくじ

ソニッケアープロテクトクリーンのhx6863/66の口コミをご紹介します!

早速ですがhx6863を使っている口コミを紹介していきいます。ぼくの感想と他の方々の順です!

プロテクトクリーンのhx6863/66を実際に使っているぼくの感想!

ぼくはフィリップスのソニッケアーシリーズを使い始めて約3年目に突入しました。その中で感じていていることをご紹介してきます。

hx6863の5つの良かった感想

  • ツルツルになる磨き心地
  • 歯磨きがラクになった
  • 歯磨きでダラダラしなくなった
  • 口内環境に対する健康意識が高まった
  • 口の粘つきが落ち着いた

つづいてよくない感想も。

hx6863の2つの悪い感想

  • 慣れないうちはチョットいたかった
  • 上位機種に比べると機能がすくない

このように良い口コミ、悪い口コミの順番におつたえしてきます。

ではさっそく良い口コミから!

プロテクトクリーンhx6863/66の感想(1)ホントにツルツル!磨き心地が最高

使ったあとに歯を舌でなでてみるとわかりますが、ホンットにツルツルになります。これは予想以上でした。

hx6863を使う前は『どうせオモチャみたいなものでたいしたことないんでしょ?』と思っていましたが大間違い。

ぼんごりら
ぼんごりら
歯の表面のザラザラを感じなくなったので、歯磨き後の爽快感がたまりません!

ツルツルの秘密はhx6863の音波水流。

振動と水流のダブルの効果で歯垢をツルッツルに落としてくれます。

  • 振動:毎分31,000回の振動でネバつく歯垢を除去
  • 水流:口内の水分を高速に振動させながら流すことで歯の間や奥歯の歯垢を効率的に除去

この効果で、『手磨きに比べて歯垢除去の能力が10倍』もあるとのこと。
ツルツル爽快感が味わいたいあなたにうってつけの一品ですよ!

プロテクトクリーンhx6863/66の感想(2)とにかく歯磨きがラクになった

プロテクトクリーンhx6863は歯にあてるだけでササッと歯垢を除去してくれるから歯磨きがラクです!

今までは手でゴシゴシ磨いて、舌で歯にふれてザラザラが残っていないか確認して、磨いて・・・の繰り替えしで、正直メンドクサイと思っていました。

先ほど紹介した音波水流のおかげでゴシゴシ磨く必要はなく、ゆっくりとブラシを移動させるだけであっという間にツルツルにしてくれます。

とにかくムチャクチャ楽!

プロテクトクリーンhx6863/66の感想(3)歯磨きでダラダラしなくなった

hx6863を使うようになってからというもの歯磨きの時間が3分以内に収まるようになりました。今まではダラダラと10分くらいかけていたと思います。

なぜこんなにダラダラしなくなったかというと、hx6863は30秒間隔くらいで振動を一瞬とめて次の部位に移る時間をお知らせしてくれるからなんです。

そして、磨き始め(起動)から合計2分たつと自動で停止します(もちろん起動ボタンを押せば再度動きます)。

このおかげで歯磨きにかかる時間が半強制的に終わるようになり、ダラダラすることがなくなりました。

  • 歯磨き:約10分→2分
  • 舌磨き:約2分→30秒くらい

という感じでです。特に時間のない朝にはありがたい変化でした。

プロテクトクリーンhx6863/66の感想(4)口内環境を良くしようという意識がさらに高まった

hx6863を買ってからは、『自分は歯のことを気にかけているんだ』という意識が高まりました。手磨き用の歯ブラシにくらべると高価なものですから『買ったからには口内環境をよくしないと!』という意識が生まれたんです。

この影響で、さらなる歯グキや歯の間の環境改善のためにジェトウォッシャードルツも購入しました(ジェットウォッシャードルツのレビュー記事はこちら)。おかげでここ数年虫歯知らずです!

プロテクトクリーンhx6863/66の感想(5)実際に口のネバツキが落ち着いた

口内のネバツキが落ちつく、と聞いたらうれしいと思うのは僕だけでしょうか?2ぼくは30代になったあたりから、歳のせいか食後や朝起きたときの口内のネバツキが気になるようになっていました・・・

ネバツキの原因はいろいろありますが、そのひとつとして考えられているのが歯周病。歯磨きがうまくいっていないとかかってしまうことがあるようです。

それがプロテクトクリーンhx6863で磨くようになってからは、歯グキのしまりがよくなって朝起きた時の口のネバツキが落ち着いたと感じています。

プロテクトクリーンhx6863/66の感想(6)慣れないうちはすこしだけ痛みを感じた

hx6863を初めて使ったとき、あまりの振動ですこーし痛みを感じました。痛くすぐったいという感覚でしょうか。たとえるならマッサージで凝っている部分をもんでもらった時のような。

1週間もしないうちに慣れはしましたが、この点はhx6863を初めて使う前には知っておいたほうがいいと思います。

プロテクトクリーンhx6863/66の感想(7)上位機種にくらべ機能が少ない

hx6863/66は最低限の機能なので、上位機種に比べると機能は少ないです。

  • 強弱の2モード
  • 過圧防止センサー(磨きすぎの防止)

これだけです。

もしかすると少し物足りないように感じる人がいるかもしれませんが、きれいに歯磨きする、という用途では必要十分。

手磨きにくらべて圧倒的にきれいに磨けます。

プロテクトクリーンのhx6863/66を使っている人たちの口コミを調べました

これまで実際に使っている僕の主観的な感想をお伝えしてきましたが、ほかの方々からの客観的な口コミもご紹介してきますね。

プロテクトクリーンhx6863の良い口コミ(1)磨き残しがなくスッキリ

これまで電動歯ブラシは色々試してみましたが、やはりソニッケアがいちばん相性がいいように思えましたので、使っていた他社の電動歯ブラシが動かなくなったのを機にソニッケアを再購入。
替えブラシの残りを使って早速使用してみましたが、磨き残しがないスッキリさっぱり感に、やはり「これだ!」と思いました。

引用:フィリップス公式

やっぱり一番の感想としては、『磨き残しがない』という点です。

この女性は他社の電動歯ブラシも使用したうえでフィリップスのソニッケアを選んだということですので、ソニッケアの性能の高さがうかがえますね。それに、フィリップスの電動歯ブラシは、10年も連続で歯科医の中で使用率がNO1とのこと(philips公式ページより)。

電動歯ブラシに迷ったならソニッケアhx6863を選べば大丈夫でしょう!

プロテクトクリーンhx6863の良い口コミ(2)プレゼントしたら喜んでもらえた

妻の誕生日プレゼントに渡しました。使い心地がよく歯がツルツルになるとのこと。プレゼントしたのに僕も使っています。

ボンゴリラのレビュー

hx6863はプレゼント用にもちょうどいい品物です。あなたも家族などのプレゼント選びに迷ったことがありませんか?たとえば予算が1万円以内で買えるものを探しているのだとしたら、hx6863をおすすめします(こちらをタップすると記事内の価格情報まで移動します)。

普段なかなか電動歯ブラシを買おうと思わない人もいますから、この口コミの方のように他とは違った新鮮なプレゼントとして喜んでくれるかもしれません。

プロテクトクリーンhx6863の良い口コミ(3) 寝起きの口の不快感が気にならなくなった

使い初めはこんなものかなーと思っていましたが、使用し始めてから1ヶ月程経ち、今では前の安価な電動歯ブラシには戻れない...という気持ちです。

歯がツルツルして、寝起き時にも口の不快感がなくなりました。

充電も1回してしまえば結構長く持つので充電器を出しっ放しにする必要がないので洗面所もスッキリ保てます。
30代女性

口の不快感がなくなるというのはとてもうれしい変化ですね。この女性は以前は安めの電動歯ブラシを使用されていたようですが、もしかすると安かろう悪かろうという感じだったのかもしれません。

ぼくも長いこと使い続けて2019年9月時点で2年たちましたが、おかげで口内環境の変化を実感しています。(過去のレシート写真をはる)

プロテクトクリーンhx6863の良い口コミ(4)強弱モードが切り替えられるので歯グキにやさしい

使い慣れた通常の強さ・磨き心地はそのままに、振動が強すぎるのではと心配される方にも、もう一つ弱いモードがある安心感があります。
過圧防止センサーは奥歯で反応しました。これも適切な磨き方の助けになるので良いですね。至れり尽くせりです。

引用:フィリップス公式

歯グキが弱っている人でも大丈夫なのがhx6863のいいところ。初めて電動歯ブラシを使うときには『いきおいが強すぎて歯グキを傷めてしまわないか』ということが不安に思うかもしれません。その点、hx6863は強弱の2モードがあるおかげでこの女性のように歯グキが出血しやすい方でも安心して使うことができます。それに、強弱モード以外にもhx6863には歯にやさしいポイントが3つもあります。

初めての方にもやさしい3ポイント

  1. 使い始めから14回目にかけて徐々にパワーがアップしていく
  2. 過圧防止センサーで押し付けすぎを防止
  3. 音波水流で汚れを落としてくれるので、手磨きに比べ半分の力でキレイに

過圧防止機能についてはこんな口コミがありました。

前の電動歯ブラシの時に使用を止めてしまった原因の音と振動もプロテクトクリーンでは大丈夫でした。

引用:フィリップス公式

歯グキに不安があっても大丈夫ですよ!

プロテクトクリーンhx6863の良い口コミ(5) デザインがいい

会社で昼食時の歯磨きに使っています。
本体の色合いがよく、美しいデザインで会社に置いて置くのにちょうど良いです。

引用:フィリップス公式

毎日使うものだから、せっかくならデザインがいいものを選びたいですよね。

正直デザインの好みは人それぞれなので『絶対にこれがいい』とは言えませんが、hx6863はシンプルでクセのないデザインなので、長く使っても飽きずに使い続けられるでしょう(僕はそう感じてます)。

プロテクトクリーンhx6863の良い口コミ(6)ほかにくらべてコスパがいい

電動歯ブラシをいくつか使ってきたがこの商品はコスパがまさに最高。よく汚れも落ちるし振動もちょうどよいバランス
また替えブラシの交換アラートがあるのでついつい換え忘れる事も防げるのがよい

引用:amazon

コスパがいいというのは長く使い続けるために重要なポイントです。詳しくはのちほどご紹介しますが、hx6863は1か月あたりの歯ブラシのコストが170円と、手磨き用の歯ブラシ並みの値段。無理なく使い続けることができます。

この口コミの方のように、他社製品と比べた結果フィリップスのhx6863を選ばれる方が多くみられることからも信頼がもてますね。

プロテクトクリーンhx6863の良い口コミ(8)時間お知らせ機能

動歯ブラシは初めて使用するときにどれくらいの時間を磨いていればいいかということが分かりませんでしたが、タイマー機能のおかげである程度の目安があるのがとても良かったです。2分間のタイマーに従って磨いていればとりあえず「磨いた」という気になるので、歯磨きが嫌いの私にもぴったりな機能です。

引用:フィリップス公式

プロテクトクリーンhx6863の良い口コミ(9)時短になった

朝忙しい時間でも短時間で、歯の奥まで優しくしっかり磨けるので大変気に入りました。

引用:フィリップス公式

朝の忙しい時間や夜疲れて寝る前には歯磨きの時間すらおしく感じますよね。

ぼんごりら
ぼんごりら
我が家は子供が小さいので、歯磨きの時間すら満足にとれません・・・hx6863のおかげでササッと歯磨きが終わるのようになった本当に良かった。

hx6863なら歯にあてるだけでアッと今に歯がツルツルになるので、短時間で歯磨きを終えることができます。目安としては自動で停止する2分。たった2分で歯の健康を維持できるというのはとても助かります。

プロテクトクリーンhx6863の悪い口コミ(1)ブラシがやや大きいので慣れる必要あり

用当初はブラシ部分が歯にあたりその振動の強さに不快に感じましたが、数日使用し慣れてくると爽快そのものです。

引用:フィリップス公式

プロテクトクリーンhx6863/66の悪い口コミ(2)替えブラシが普通の歯ブラシよりは高い?

替えブラシが少々高い

引用:フィリップス公式

たしかに1本あたりの金額で比べるとhx6863の替えブラシは高いですが、1月あたり換算するとそうでもありません。

hx6863の替えブラシはメーカー推奨3か月頃で交換です。このためひと月当たりにすると170-330円くらい(500-1000÷3か月)。

一方2019年9月時点でamazonの売れ筋1位の歯ブラシLionの『クリニカ』は3本558円。ライオンのHPによると推奨の交換時期は1か月ですから、ひと月あたり190円/本のコストとなります。

ということで、選ぶ歯ブラシの種類にもよりますがhx6863の替えブラシは手磨き用とほとんどかわらないランニングコストでつかえることがわかりました。むしろ手磨きよりもカンタンに、短時間で歯磨きをおえられるメリットを考えると、手磨き用よりもコスパがいいと感じるのは僕だけでしょうか?

ソニッケアープロテクトクリーン:protectclean sonicare hx6863/66の価格情報!最安値は?

電動歯ブラシはお店で見ても試すことはできませんから、通販で買っても実店舗で見ても正直なところあまり変わらないとうのが僕の持論です。

そうすると値段がお安いネットショップで買うのが合理的ではないでしょうか?

ということで、ネットショップをくまなくのぞいて最安価格を調査しました!

プロテクトクリーンhx6863の最安値はポイントを考慮しても楽天が最安!

hx6863の価格を調べたのは次のネットショップです(価格は2019年9月末現在)。

    • 楽天
    • アマゾン
    • ヤマダ電機
    • ビックカメラ
    • ヨドバシカメラ

結論からいうと、最安は楽天!

  • 最安は楽天
  • 付与されるポイントまで考慮したときの最安も楽天!

価格ドットコムでも確認しましたので間違いないでしょう!

※価格を調査しているとき、税込み/税抜き価格での表示がバラバラでした。
実際に確認する際にはご注意ください
(後ほど画面キャプチャ付きでご紹介します)

フィリップスhx6863の各ネットショップの通販価格まとめ

それぞれの価格をまとめると次のような結果でした(2019年9月27日現在)

値段(税込みポイント実質価格(ポイント考慮)
楽天¥6,933138¥6,795
ヤマダ¥6,93370¥6,863
Amazon¥6,93869¥6,869
ビックカメラ¥8,121812¥7,309
ヨドバシデンキ¥8,130813¥7,317

何度かお伝えしたとおり、最安は楽天!

一番高いヨドバシデンキとは¥522と8%も違います(消費税の分もある!)

それぞれ見ていきましょう

プロテクトクリーンhx6863の楽天での価格

まずは最安の楽天からです。

楽天の強みはポイント抜きでも価格が最安という点で、しかもそこに楽天ポイントがつくというお得っぷり。

さらにさらに、楽天カードをお持ちなら、0と5月つく日は(10日、15日、20日、25日、30日)はポイントがさらにアップします!

hx6863を安く買うなら楽天が一番です!

プロテクトクリーンhx6863のアマゾンでの価格

amazonもなかなか手ごろな価格です。

¥6,869円であり最安の楽天とは74円の差(約1%相当。付与される69ポイントを差し引いた金額))。

人によってはそこまで気にならないレベルかもしれませんね。

ただ、1%というのはバカになりません。
だいたいクレジットカードで支払った時のポイント還元率と同じだからです。

せっかくクレジットカードで支払うなら、このあたりの数字も気にしたいところですね。

プロテクトクリーンhx6863のヤマダウェブでの価格

ヤマダウェブもなかなかのいいお値段です。

価格は¥6,683で、楽天との差額は68円と約1%相当(付与される70ポイントを差し引いた金額)でまずまず。

ただし、ヤマダウェブには楽天に比べた弱点が。
楽天に品揃えがかなわないという点です

つまり楽天よりは、付与されたポイントの使い道がせまいということ。

それもそのはず、楽天は総合的なネットショップであるのに対してヤマダは電気屋さんが母体だからなんですね。

ポイントの使い道まで考えると、イチオシとは言えないとうのが本音です。

プロテクトクリーンhx6863のビックカメラでの価格

ビックカメラはポイント付与が多めなのでお得に見えますが、ポイントを除いた本体価格は安くありません。

ポイントを差し引いたポイントでも楽天より¥514高いので、ビックカメラのポイントを貯めたいという理由がないかぎりは購入するメリットはないでしょう。

表示価格が税抜き表示なので一瞬安く見える点にもお気をつけください。

 

プロテクトクリーンhx6863のヨドバシ電気での価格

ヨドバシカメラもポイント付与がおおめなのでぱっと見お得に見えてしまいますが、決して安くありません。
ビックカメラと同じ特徴ですね。

ポイントを指しい引いた価格は今回比較した5つのネットショップで最も高額なので、hx6863を買うにはおすすめできません。

以上、5つのネットショップを比較してきましたが、付与されるポイントがある/なしにかかわらず最安は楽天でした。

楽天は品ぞろえが豊富なので、ポイントがたまればその他の商品にも使えるのでとても使い勝手がいいネットショップです。

値段だけでなく今後の利用も考えるとベストな選択と言えるでしょう!

ソニッケアープロテクトクリーンhx6863/66の替えブラシ

philipsのソニッケアーシリーズの電動歯ブラシは、替えブラシが10種類もあります(2019年9月現在)。

多すぎてどれを選んだらいいのか迷いますよね・・・

とういことで、それぞれの特徴をカンタンにご紹介して選び方のコツをお伝えしていきます!

hx6863の替えブラシの特徴まとめ

hx6863の替えブラシの特徴は次の3点です。

    • 型番と略称がある
    • 替えブラシは全機種共通で使える
    • RFID対応とそうでないものがある

それぞれ順番にお伝えしていきましょう。

 

hx6863の替えブラシの特徴(1) 型番と略称について

替えブラシには型番と略称がつけられていて、それぞれの次のような意味をもっています。

  • 型番:hx×数字4ケタ
  • 略称:アルファベット×数字1ケタ

型番、略称の最新情報をご紹介しましょう!
(次章で画像入りで価格などもお伝えします)

    • 型番の数字の意味×10種(4ケタ目の”○”はセットの本数が入る)
    • 904○:プレミアムクリーン(旧アダプティブクリーン)
    • 905○:プレミアムガムケア
    • 906○:プレミアムホワイト
    • 902○:クリーンプラス(旧プロリザルツ)
    • 903○:ガムプラス(旧プロリザルツ)
    • 606○:ホワイトプラス レギュラー(旧ダイヤモンドクリーン)
    • 607○:ホワイトプラス コンパクト
    • 900○:インターケア
    • 807○:舌磨き
    • 605○:センシティブ

ズラっとならんでよくわかりませんよね・・・(苦笑)

迷ったときには『606○:ホワイトプラスレギュラー』がおすすめです。

次に略称。

    • 略称のアルファベットの意味×6種(2ケタ目の”○”は番手の数字が入る)
    • C○:歯垢除去
    • W○:ステイン除去
    • G○:歯グキケア
    • i○:インターケア
    • T○:舌磨き
    • S○:センシティブ

こちらも種類が多すぎてわけがわからなくなりそうですね(苦笑)・・・

ということで、このなかでも一番ポピュラーな略称をお伝えしておきますが、C○の歯垢除去タイプ。

よほどこだわりがない場合は、ノーマルタイプの略称『C○:歯垢除去』を使用されるのがよいかと思います!

hx6863の替えブラシの特徴(2)全機種共通で使える

ソニッケアー歯ブラシは全機種共通で使えます。上述した型番すべてです。

本体にさして入れ替えるだけなので用途にあわせて使い分けられます。

いろいろためして自分にあったブラシを見つけてみてはいかがでしょうか?

hx6863の替えブラシの特徴(3) RFID対応とそうでないものがある

RFID対応の替えブラシを使うことで、ブラシの交換時期を自動でお知らせしてくれます。

ぼんごりら
ぼんごりら
電動歯ブラシ本体が対応している必要がありますが、hx6863は対応していますのでご安心を。

替えブラシの寿命はおよそ3か月が目安にされていますが、いちいち覚えておくのはめんどくさいですよね。

RFID対応の機種は、歯ブラシの交換時期になると本体下部についているランプが点灯するようになっています。
歯ブラシの寿命を自分で覚えておく必要がないのでとても便利です!

それに、もしもいくつかの種類の歯ブラシを使い分けている場合、1本ごとにいつから使い始めたかなど覚えておく必要がなくなるので便利です。

hx6863の替えブラシを全部ご紹介!

それでは替えブラシの種類をぜんぶご紹介します。

たくさんありすぎて迷うと思いますので、おすすめをご紹介しておくと・・・
迷ったらhx902○シリーズかhx606○シリーズ!(表中黄色セル)

 

歯垢除去
Cシリーズ
歯グキケア
Gシリーズ
ステイン除去
Wシリーズ
プレミアム(高機能)フィリップスソニッケアーの替えブラシhx9041
hx904○シリーズ
フィリップスソニッケアーの替えブラシhx9051
hx905○シリーズ
フィリップスソニッケアーの替えブラシhx9061
hx906○シリーズ
プラス(スタンダード)フィリップスソニッケアーの替えブラシhx9023
hx902○シリーズ
フィリップスソニッケアーの替えブラシhx9033
hx903○シリーズ
フィリップスソニッケアーの替えブラシhx9061
hx606○シリーズ(レギュラー)
hx607シリーズ(コンパクト)
その他フィリップスソニッケアーの替えブラシhx9001
hx900○シリーズ
フィリップスソニッケアーの替えブラシhx9051
hx605○シリーズ
フィリップスソニッケアーの替えブラシhx8072
hx807○シリーズ

philipsのソニッケアープロテクトクリーンシリーズをhx6863比較しました!

プロテクトクリーンシリーズの一員であるhx6863ですが、実は次のようなバリエーションがあります(価格は2019年9月27日現在)。

カンタンな違いをまとめたものが次の表です。
(表で上のものほど上位機種)

値段(税込み、楽天価格)ひとこと特徴
プロテクトクリーンプレミアム¥10,137(さらにポイント202あり)ステイン除去のホワイトモードあり、ガムモードあり
プロテクトクリーンプラス¥10,914(さらにポイント109あり)歯と歯グキの間を磨くガムモードあり
プロテクトクリーン¥6,933(さらにポイント138あり)ノーマル

※重量、作動時間、サイズはすべて同じ

少し驚いたのがプロテクトクリーンプレミアムのほうがプラスよりも安かったこと(2019年9月末現在)。

機能が充実しているはプレミアムのほうなのですが、プラスのほうが売れているということなのでしょうか。

それではhx6863との比較を中心にくわしくみていきましょう!

hx6863とそれぞれのモデルの違いを比較した結果!

それでは実際にhx6863を中心に各モデルを比較した結果をご紹介いていきます。

まずはプレアムタイプとの比較です。

プロテクトクリーンのプレミアムhx6897/25とhx6863を比較

 

プレミアタイプ
hx6897
ノーマルタイプ
hx6863
フィリップスソニッケアーhx6863とhx6897の比較フィリップスソニッケアーhx6863とhx6847の比較
価格
(ポイント含まず)
¥10,137¥6,933
強さ調整弱/中/強弱/強
カラー白/黒 2色青/桃 2色
クリーンモード※
ガムケアモード※
ホワイトモード※
ブラシ認識機能

※各モードの概要

  • クリーンモードは、高周波の振動で、よりきれいに磨き上げます。ブラッシング時間は 2 分です。
  • ガムケアモードは、2 分間通常のクリーンモードで磨いてから、歯ぐきをきれいにするために 1 分間マッサージを行います。ブラッシング時間は 3 分です。
  • ホワイトモードは、2 分間クリーンモードで磨いてから、30 秒間ポリッシュモードで磨きます。ブラッシング時間は 2 分 30 秒です。

philips公式ページより

プレミアムタイプとノーマルのhx6863の一番の違いは3点。

  1. 値段(hx6863のほうが約3千円安い)
  2. 歯磨きモードの数(hx6863のほうが少ない)
  3. ブラシ認識機能の有無(プレミアムタイプだけの機能)

ブラシ認識機能とは?

ブラシにはいっているマイクロチップと連携して、自動的に歯ブラシにあった最適なモードと強さを設定してくれます。

philips公式ページより

プレミアムタイプのhx6897はとても多機能でよさそうに見えますね。

ただ、ここだけの話、多機能すぎても使いこなせない可能性があるので注意してください。

ぼんごりら
ぼんごりら
ぼくはhx6863の前はソニッケアの一番多機能なモデルを使用していました。
ですが、多機能すぎて使いこなせず、結局クリーンモードしか使っていませんでした・・・

シンプルなhx6863のほうが機能が絞られてわかりやすいですし、値段もお買い得ですよ

プロテクトクリーンのプラスhx6467/68とhx6863を比較

 

プラスタイプ
hx6467
ノーマルタイプ
hx6863
フィリップスソニッケアーhx6863とhx6847の比較フィリップスソニッケアーhx6863とhx6847の比較
価格
(ポイント込)
¥10,914¥6,933
強さ調整弱/中/強弱/強
カラー白/青/桃 3色青/桃 2色
クリーンモード
ガムケアモード
ホワイトモード
ブラシ認識機能

プロテクトクリーンプラスタイプは、ガムケアモードと強さで『中』が選べる点でhx6863と異なります。

ただし、現在の価格を調べたところ、上位機種のプレミアムタイプよりも高額という矛盾が生じていました。

これならプラスタイプを購入する意味がありません・・・

残念ながら購入の選択肢には入りませんね。

プロテクトクリーンのプラスやプレミアムとの比較まとめ

これまでの比較結果をまとめます。

プレミアタイプ
hx6897
プラスタイプ
hx6467
ノーマルタイプ
hx6863
フィリップスソニッケアーhx6863とhx6897の比較フィリップスソニッケアーhx6863とhx6847の比較フィリップスソニッケアーhx6863とhx6847の比較
価格
(ポイント込)
¥10,137¥10,914¥6,933
強さ調整弱/中/強弱/中/強弱/強
カラー白/黒 2色白/青/桃 3色青/桃 2色
クリーンモード
ガムケアモード
ホワイトモード
ブラシ認識機能

各タイプを比べた結果、ノーマルタイプのhx6863の特徴は以下の通りです。

    • 各タイプを比べたhx6863の特徴
    • 価格が最も安い(約3割安い!)
    • 必要最低限のモードのみ(クリーンモード)
    • 強弱の2つの調整

僕は上位機種から乗り換えて使っていますが、いまのところ不都合は感じていません。
(使っていた上位機種は動かなくなってしまったので買い換えました)

必要最低限の機能が付いていますので、フィリップスの電動歯ブラシをはじめてつかう場合にピッタリ!

手磨きて磨いていたころに比べて各段に歯がツルツルになったと感じていますし、なにより磨きすぎで歯グキをいためてしまう心配がなくなりました。

あなたもぜひぜひ、今すぐhx6863を使ってみることをおすすめします!

それでは良い歯磨きライフを!

-ガジェット
-

© 2020 GORI best