M575

ガジェット

マウスにはもう戻れない!使うほど便利に思うM575を徹底レビュー

こんにちわ!本業と副業でパソコンを毎日つかっているにしごりらです!

 

毎日パソコンを使っていると、作業効率と身体への負担が気になりますよね。

パソコンを使ってなりやすいのは腱鞘炎。

 

にしごりら
にしごりら
手首が痛くなるやつ。。。

 

  • 腱鞘炎になりにくい
  • 作業効率があがる

 

そんな夢のようなマウスがM575です。

 

M575はトラックボール型という、すこしなじみが薄いマウスです。

 

慣れるのに2時間くらいかかりますが、慣れてしまったら超快適。

 

にしごりら
にしごりら
普通のマウスに戻れない!!

 

パソコン作業が多く、腱鞘炎や作業効率に悩んでいるのであれば、間違いなくおすすめの一品です。

 

  • 自分が使った感想
  • M575の特徴
  • 似たような製品との比較

 

ということを中心に解説していきます。

 

それではどうぞ!

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575OW Bluetooth Unifying 5ボタン トラックボールマウス ワイヤレス マウス windows mac iPad 電池寿命最大24ケ月 M575 オフホワイト 国内正規品 2年間無償保証
Logicool(ロジクール)

 

 

もくじ

M575を実際に使った感じをレビューします

M575の感想

にしごりら
にしごりら
M575を購入してから約2週間たちました。

 

僕はこんなかんじでパソコンを使っているパソコンガチ勢です

パソコンを使ってしていること

  • 毎日パソコンを使って仕事をしている
  • 副業でサイト制作、プログラミングをしている

 

上で紹介した仕事や副業をするときにM575を使っています。

 

結論から言うと

にしごりら
にしごりら
「メチャメチャ良い!これは普通のマウスには戻れない!」

 

M575を実際に使った感じを、1つずつ紹介していきます。

 

M575のレビューその1、細かい動きができる

M575の感想1

M575は非常に細かい動きができるのが良い点です。

 

M575は親指でボールを動かすタイプのトラックボールです。

M575は親指で動かすトラックボール型マウス

 

ここで問題!

どちらのほうが細かく動かせると思いますか?

  1. 腕と手を使って動かすマウス
  2. 指先で動かすトラックボール

 

にしごりら
にしごりら
指で動かすトラックボールのほうがもちろん細かく動かせます!

 

そのため、細かい処理であればあるほど、親指にボールがあるM575は得意な作業です。

 

具体的な例として、画面キャプチャを取得する時に、マウスの動かし方で苦労したことありませんか?

  • キャプチャ開始位置がなかなか定まらない…
  • キャプチャ位置までうまく動かしたが、クリック時にずれてしまった…
  • キャプチャ終了位置まで持ってきたものの、やっぱりずれてしまう…

 

こんな時にM575だったら、

  • ずれない
  • あわせやすい

という動かし方ができるので、ストレスがたまらず使えます!。

 

にしごりら
にしごりら
M575は細かい動きは得意です。

 

M575のレビューその2、電池の持ちが長すぎ!

M575の感想2

M575はワイヤレスで、パソコンとの接続に線がない無線のタイプです。

 

無線タイプのマウスの一番気になるところは、「電池の持ち」です。

 

電池が切れかけになると、マウスカーソルの動きが途端に悪くなり、ストレスが溜まってイライラ状態に…

 

にしごりら
にしごりら
電池が切れると、ただの置物になってしまいます(笑)

 

切れかけ状態になってほしくないため、無線タイプのマウスでは電池の持ちが超重要になります。

 

M575は単3電池1本で、約2年間動かせます!!

 

電池1本で2年間動かすことができるのは本当に長寿命です。

 

にしごりら
にしごりら
単3電池2本使い切る前に、マウスが壊れるような気がします(笑)

 

M575のレビューその3、狭いところでも使える

M575の感想3

トラックボールの特徴になりますが、トラックボールは狭いスペースでも効率的に使うことができます。

 

一般的なマウスの場合は、マウス周辺は動かすためのスペースを空けておく必要があります。

 

M575のようなトラックボール型マウスの場合は、ボールを動かすためマウス自体を動かすことがありません。

 

マウスを動かさないため、トラックボールは本体を置く場所だけあれば利用することができます。

 

にしごりら
にしごりら
動かさずに使えると周りのスペースを確保しなくて良いのは楽ですよ!

 

M575のレビューその4、手によくなじむ

M575の感想4

M575は体に負担なく使えるようにするため、人間工学を取り入れて作られています。

 

人間工学とは

人間工学は、働きやすい職場や生活しやすい環境を実現し、安全で使いやすい道具や機械をつくることに役立つ実践的な科学技術です。

参考元

 

M575は人間工学に基づいて設計されており、肩や手の負担軽減や、ボタンの押しやすさなどが進化しています。

 

負担が減ることで長時間利用することができ、仕事や副業がよりはかどりますよ!

 

にしごりら
にしごりら
M575は手に良くなじんでとても使いやすいマウスになっています

 

M575のレビューその5、接続方法は2種類あり、2台のパソコンで使える

M575の感想5

M575をパソコンなどの端末と接続する方法は2つあり、以下のとおりです。

 

M575の接続方法

・Bluetooth

・Unifying(Logicool独自規格)

 

接続方法は裏のLEDの色を見ることで、確認することができます

接続方法LEDの色見た目
Bluetooth青色M575 接続方法 Bluetooth
Unifying
(USB)
白色M575 接続方法 USB

 

にしごりら
にしごりら
接続する方法は、裏にあるボタンを押すことで切り替えることができるよ!

 

ぼくは2つのパソコンを使い分けているんですが、M575は1台で利用してます。

1つ目をBluetooth、2つ目をUnifyingで接続して、ボタン1つで切り替えることでそれぞれ使うことが可能!

 

にしごりら
にしごりら
マウスがいくつもあると邪魔。1つで使い分けれるとスッキリして良いです!

 

M575のレビューその6、ボールがかんたんに外せて掃除しやすい

M575の感想6

トラックボール特有のメンテナンスになりますが、定期的にボール自体を外してホコリを取る必要があります。

 

その掃除をする時に、ボールをかんたんに外せるかは意外と重要だったりします。

 

M575の場合は、マウスの背面に指を入れることでボールがはずせるようになっています。

こんな感じです。

M575のボールを掃除するときの外し方

 

にしごりら
にしごりら
こういうところにホコリが溜まっていくんですよね。

 

ホコリが溜まるとボールがスムーズに動かなくなり、操作しにくくなります。。。

 

動かしにくいと気づいた時に、ささっとすぐ掃除できることもM575の強みです

 

M575のレビューその7、Logicool Optionsを使うことで更に使いやすい!

M575の感想7

普通に使うだけでも便利なM575ですが、ロジクールが用意している「Logicool Options」というソフトを使うと更に便利になります。

logicool options

Logicool Optionsはいろいろな設定ができるようになります。

 

Logicool Optionsで設定できること

  • カーソル移動のスピード
  • マウスボタン押したときの動き

 

にしごりら
にしごりら
おすすめは、マウスボタンを押したときの動きの設定です!

 

マウスボタンの動きとして設定できるのは、以下の動作です。

  • 中央ボタン
  • 戻る
  • ジェスチャーボタン
  • アプリケーションを切り替える
  • スタートメニュー
  • Cortana
  • MediaPlayer
  • Webページを開く
  • Windows設定
  • アクションセンター
  • アプリケーションの起動

   ・・・など全部で40種類以上

 

 

マウスで場所を選び、ボタン1を押してコピー、ボタン2を押して貼り付けなど、マウスだけで作業を完結させることもでき、便利です。

 

にしごりら
にしごりら
M575を利用するならLogicool Optionsは必須!!!

 

にしごりら的M575の評価は文句なしの使いやすさ!

M575は使いやすい

M575を実際に使ってみた感想としては、

 

にしごりら
にしごりら
文句なし!

 

という使いやすさです。

 

  • ロジクールのたくさんのマウスを使ってきた
  • M575の前モデルであるM570を使っていた

 

そんあ僕ですが、M575は他のマウスと比較してもダントツで使いやすいです。

 

M575に切り替えたあと、トラックボールは慣れるまでは、

にしごりら
にしごりら
なんだこれ。。。

って正直おもいます(笑)

 

ただ、そう思うのは長くても使いだしてから1日くらいです!

 

朝から使っていれば、早ければ昼頃、遅くとも夕方には、

 

にしごりら
にしごりら
トラックボール最高やん…

 

ってなりますよ(笑)

 

トラックボールには、1度使いだしたら戻ることができない魅力があります。

 

M575の評判を集めてみました

M575の口コミ

ここまでは僕が使った感想を紹介してきました。

 

ここからは僕以外の人が投稿している口コミについて紹介していきますね。

 

基本的には良いコメントが多く、Amazonでの評価は4.32という高評価を得ています。

 

にしごりら
にしごりら
ここでは良いという口コミと、悪い口コミ、SNSでの口コミを紹介していきます!

 

M575の良い口コミ

M575の良い評判

まずはM575に関する良いクチコミです!

 

ワイヤレストラックボールの最高峰だと思う

トラックボールの具合について、こちらは非常に素晴らしいとしか言えません。

安価なトラックボールを使ってきた人にはわかると思いますが、ボールを回す際のひっかかりも無く、ポインタの飛びもありません。
エレコムのものでは何も触っていないのにポイントが微妙に動いてしまったり、ちょっとした微妙な移動が苦手でポイントが踊ってしまったり、飛んでしまうことがあったのですが、これはまったく飛びません。

また、ワイヤレスではありますが、レシーバーでの使用についてまったく遅延を感じません。

他に比べれば少し高いと思うかもしれませんが、作業のストレスが大幅に緩和され、非常に頼りになります。大満足の商品です。

引用元:Amazon

 

 

人生初トラックボール

実は人生初のトラックボール

どんもんかと試して見たら、なかなか快適

MX2Sのラバー部分がはがれてきたので、どうしようか新しいMX Anywhere3しようかおもってたところでのチャレンジ。

結論から言うと、かなり快適。もともとトラックボール派だったのかもしれない。

戻る・進むボタンもやっぱり便利。

引用元:Amazon

 

 

腱鞘炎持ちはぜひ!

今朝からさっそく使いましたが、右腕全体が楽になりました。

以前はマウスを操作するたびに一定時間でストレッチしないとしんどかった。
しかし、M575にして、前腕、二の腕の凝り、三角巾と広背筋の境目のこわばりが楽になりました。

イラストレーターも使うので、その時だけ、マウスに持ち替えればいいかな。
普段のテキストうちやエクセルの作業時には、こいつが手放さなくなりそうです。

引用元:Amazon

 

M575の気になる口コミ

M575の気になる口コミ

つづいて、M575を利用していて気になる点について、3つ紹介します。

 

つかってるとズレる

M575製品の特性上、本体の手前部分に力が掛かるので、
前に進みがちなのを本体裏のゴム?でグリップさせるのですが、
この製品はそのグリップが甘くどんどん前に出ていきます。

上記のとおりトラックボールタイプでは本体が動かないというのが重要なポイントなので評価2です。

引用元:Amazon

 

確かに手前部分に手首がのって、力が入るような作りになってます。

ただ、前に動く感じはまったくしませんでした。

 

にしごりら
にしごりら
ただ、ぼくの場合は前に押そうと思わない限りは動きませんでした

 

 

 

 

 

ボールの転がりが悪い

”更になめらかで精確になった”って書いてるけど、ボールを転がす時の感触がなんか均一じゃなくてザラついたり、引っかかりを感じる。

気になって、ボールを取って接触部周辺を見たらギザギザしてるし、バリが残ってる。。。これめちゃ品質低い。。。

交換品は治っていたものが届いた。

引用元:Amazon

 

ぼく自身はそういった品質のものにあたったことがないので正直わかりません。。。

ただ、ロジクールマウスを何個も買ってきていますが当たらないので数は少ないのかと思います。

 

にしごりら
にしごりら
また、無料での交換に対応しているので交換すれば治るので安心ですね!

 

 

加速機能がなくなった

個人的にM575は★5、4でもいいものだと思うのですが。

たった一つ、個人的に大きくマイナスだったのがユーティリティソフト(Logicool Options)の内容で、加速の項目が削除されていたことです。
これがあるなしでは操作感がだいぶ、全然、違ってくるので…

何故、m570で出来ていたことを無くしてしまうのか…
確かにm570はsetpointという見るからに古いソフトで管理されていましたし、モデルチェンジに伴ってユーティリティソフトを統合しようという流れは理解できるんですが。…しれっと機能削減してくるとは。

引用元:Amazon

 

たしかに加速機能はなくなっていました。

2画面以上を使う人にとっては気になるのかもしれません。

にしごりら
にしごりら
ぼくは2画面で作業していますが、加速機能を利用していないです(笑)

 

加速機能とは?と思った方は、こちらで解説しているのでこちらを参照ください!

 

 

M575のSNS上の口コミ

M575のSNSの評判

発売されてから話題になっているM575は、Twitterでたくさんつぶやかれています。

 

にしごりら
にしごりら
M575の人気ぶりや注目度の高さがわかりますね!

 

 

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575OW Bluetooth Unifying 5ボタン トラックボールマウス ワイヤレス マウス windows mac iPad 電池寿命最大24ケ月 M575 オフホワイト 国内正規品 2年間無償保証
Logicool(ロジクール)

 

ロジクールのトラックボールマウスであるM575を改めて紹介

M575はロジクール製

ここまで、M575自体の口コミや、僕が使った感想について紹介してきました。

 

使い勝手の面で最高であるM575ですが、改めてここでM575の商品について説明していきます。

 

ここで紹介するのは以下内容となります。

 

  • M575のスペック
  • M575の特徴
  • M575を作っているメーカーであるロジクールについて
  • M570からM575になって変わった変更点

 

にしごりら
にしごりら
それぞれ紹介していきますね。

 

M575のマウスについてスペックを確認

M575のスペック

まずは、M575のスペックをまとめてみました。

 

見た目M575
製品名ロジクール ERGO M575 
カラーグラファイト/オフホワイト/ブラック
保証期間グラファイト/オフホワイト:2年
ブラック:1年
サイズ134mm×100mm×48mm
重さ145g
ボタン数5つ(クリック左/右、戻る/進むボタン、中央ボタン)
接続方法接続方法:Bluetooth、Unifying(ロジクール独自無線)
対応距離10m
バッテリー単3電池1本(最大24ヶ月利用可能)対応距離
解像度2000dpi
対応OSWindows10/8
macOS10.13以降
Linux、iPadOS、ChromeOS

 

正式名称はM575 wireless trackball

M575の正式名称はWirelessTrackball

M575の正式名称は「Logicool ERGO M575 Wireless Trackball Mouse」です。

 

長い。。。
にしごりら
にしごりら

 

長いですが、名前を分解すると以下のとおりです

 

  • Logicool:メーカー名
  • ERGO:人間工学
  • M575:製品名
  • Wireless:無線タイプ
  • Trackball Mouse:トラックボール型のマウス

 

つまり。

 

にしごりら
にしごりら
M575は、
ロジクールがつくっている、
人間工学で考えられた、
無線タイプの
トラックボールマウス!!

 

ってことですね(笑)

 

ロジクールERGO M575はワイヤレストラックボール

M575はトラックボール

上でも記載しましたが、M575はワイヤレストラックボールのマウスです。

 

ワイヤレスというところが非常に重要なポイント。

 

マウスの先端にパソコン本体へつなぐ線が付いているものを有線型と呼びます。

その有線型のマウスでは以下のようなデメリットがあります

 

  • 線があってマウスが動かしづらい
  • 線が短いと好きな場所で動かせない
  • 見た目がごちゃごちゃする

 

無線マウスではこのようなデメリットがすべて解消します。

 

にしごりら
にしごりら
パソコンに最初から付いてくるマウスも徐々に無線になってきています。無線のほうが使い勝手が良いのでおすすめです。

 

ERGOM575は、WirelessTrackballの名機の新モデル

M575は新モデル

M575はM570というトラックボールの名機の新モデルです。

 

にしごりら
にしごりら
M570は10年前に発売されたトラックボール型のマウスなんです

 

ですが、10年前に発売されたにも関わらず、売上は現在も売上ランキングの上位にランクインしているほどの名機です。

 

普通だったら10年前のマウスなんて世間から消えるはずですが、M570は完成度が高く仕様者から認められているため、最前線で生き残っています。

 

そのM570が10年ぶりにモデルチェンジしたモデルがM575です。

 

にしごりら
にしごりら
使いにくいなんてことはありえない、そんなモデルになっています。

 

ERGO M575、ワイヤレストラックボールの特徴

M575の特徴

ここからはM575の特徴を紹介していきます。

 

M575はトラックボールを使いはじめる人にとって、性能や価格面でちょうど良いモデルになっています。

 

そんなM575の特徴は以下6点あります。

 

M575ポイント

  • 電池の持ちがめちゃくちゃ長い
  • 接続方式が2種類
  • 人間工学に基づいたデザインを採用
  • ホイールがカチカチ動く
  • ボールも新しく生まれ変わってカーソル移動の精度が高い
  • パソコンのOSを選ばない

 

それぞれ特徴を紹介していきます。

 

Logicool M575の電池の持ちは最大24ヶ月

M575の特徴1

M575は単3電池1本で動いていますが、その電池の寿命は最大24ヶ月とめちゃくちゃ長い期間利用可能です。

 

電池の持ちは接続方法によって違い、以下のとおりです。

 

  • Unifying接続:24ヶ月
  • Bluetooth:20ヶ月

 

無線マウスの最大のデメリットは、電池が無くなると使えなくなるという点です。

 

にしごりら
にしごりら
当たり前じゃんって思うかもしれませんが、意外とこれがけっこう辛いんです。。。

 

安いマウスの場合は電池がすぐなくなるので、頻繁に交換が発生します。

 

また、充電式のマウスの場合、充電に時間がかかって少し待つ時間が出てきます。

 

上でも書きましたが、M575は単3電池1本なので、手に入りやすい&すぐ入れ替え可能。

 

かつ、電池の持ちが長いので電池を入れ替えることもほとんど無い。

 

にしごりら
にしごりら
商品の寿命から考えると電池2回交換することはなさそうですね…(笑)

 

M575の接続方式はBluetoothとLogicool独自方法の2種類

M575の特徴2

M575は無線タイプのマウスですが、接続方法は以下2種類があります。

 

  • Bluetooth
  • Unifying(ロジクール独自規格)

 

接続はどちらでも問題ないです!

決めていない人は以下の考え方でつなぎ方を決めることをおすすめしています。

 

ポイント

  • USBポートがない、すくない人
  • USBにあまり物を差しておきたくない
  • 接続用のソフトウェアを入れたくない人

 

ポイント

  • 超安定している接続がしたい
  • その他Logicool製品を使っていてすでに導入済

 

自分が使った感覚的には、Unifyingのほうが少し反応が早い印象です。

とはいえ、Bluetoothが遅いというわけではないので、自分が使いやすい方を選択すれば良いと思います。

 

にしごりら
にしごりら
ちなみに僕はBluetoothで接続しています!

 

M575は切り替えすることで2台で使える

M575の特徴3

M575は2種類の接続方法を切り替えることで、1台で2つのパソコンで使えます。

 

最近はパソコンを2台持ちしている人も増えてきました。

特に仕事でパソコンを使うSEなどは、たくさんのパソコンを使っていると思います。

 

にしごりら
にしごりら
僕もSEですが、パソコン2台は常に、3台目は時々使うという感じです(笑)

 

そう言ったパソコンが2台ある場合には、マウスを2つ用意する人って多いと思います。

 

ただ、マウスをそれぞれ用に2台準備する場合、以下のデメリットが出てきます。

 

  • マウスを間違える
  • 2台同時に使わないから、1つが邪魔になる

 

M575を利用するとき、

  • 1台はBluetooth
  • もう1台はUnifying

で接続しておけば、切り替えるだけで問題なし。

 

にしごりら
にしごりら
M575が1台あれば2台までサポートできるので安心ですね。

 

M575はマルチペアリングはできず1台のみ

M575の特徴4

一方でM575はBluetoothの機能である、マルチペアリングは用意されておりません。

 

ポイント

1台のマウスのBluetoothで、2台以上のパソコンやスマホと接続する機能のこと

ワイヤレスイヤホンで使われていることが多い機能です

 

M575はマルチペアリングができないので、Bluetoothでは1台だけの接続になります。

 

にしごりら
にしごりら
2台の接続をしたいのであれば、上で紹介した2種類の接続方法で切り替えしてください!

 

M575はERGOの名の通り、疲れにくい

M575は疲れにくい

M575はERGOの名の通り、エルゴノミックデザインが採用されています。

 

ポイント

人間工学(エルゴノミクス)と呼ばれる研究分野に基づき、人がより自然に・無理なく・効率的に扱えるよう最適化された設計・意匠・デザインのことである。

引用元:IT用語辞典

 

 

 

にしごりら
にしごりら
かんたんに言えば、体に負担が少ないマウスになっているということ!

 

仕事や副業でパソコンを使っている人は特にですが、マウスは日常的にずっと使います。

 

そこに少しでも負荷があると、いつかは腱鞘炎や痛みにつながっていきます。

 

M575はそういった疲れを最小限にするための対応として、エルゴノミックデザインを使っています。

 

にしごりら
にしごりら
マウスを長時間快適に使うためには、こういった配慮がされているマウスを使うのが良いですね!

 

M575のホイールはカチカチ動く

M575のホイールはカチカチ動く

M575で用意されているホイールはカチカチ動きます。

 

ホイールの動きはマウスによって違い、以下のようなタイプに分類できます。

 

  • カチカチ動く(カチカチ止まる)
  • ホイールフリー(スーッと回り続ける)
  • フリーとカチカチの切り替えが可能なタイプ(高性能だけど高い)

 

M575を使って下の方まで一気にスクロールしたいときは、何度もホイールを動かす必要があります。

 

ですが、そういうときは以下のように一番下まで動かす方法もあるので、ホイールがカチカチでも問題ありません。

 

  • キーボードで一番下まで行く
  • スクロールバーで下まで動く

 

にしごりら
にしごりら
一番下まで行くときに困った記憶はありません!

 

M575の新しいトラックボールは精度高い

M575のトラックボールは精度が高い

M575に載っているボールも進化されて、動かすのにとても精度が高くなりました。

 

M575と前の型のM570のボールは下の画像のように違います。

 

M575M570
M575 トラックボールM570 トラックボール

 

にしごりら
にしごりら
見た目的には色の違いしかないように見える。。。(笑)

 

大きく変わったのは以下2点です。

 

  • ボールに塗られている粒が細かい
  • 透明なコーティングがされている

 

ボールの粒が細かくなったことによって、動きを精密に読み取ることができるようになりました。

そのため、小さな動きまで拾えるため、細かな動きに対応が可能です。

 

また、ボールに透明なコーティングがされているため、ボールの動きがスムーズです。

引っかかりなくスムーズに動かせることにより、思った通りの移動ができます。

 

この2つの進化により、より精度の高い動きができるようになりました。

 

M575はWindowsでもMacでも利用可能

M575はWindowsでもMacでも利用可能

M575はOSを選ばず、Windowsやmacで使うことができます。

 

M575が利用できるOSをまとめました。

 

対応しているOS

  • Windows8、10
  • macOS10.13以降
  • Linux
  • iPadOS
  • ChromeOS

 

日常的に利用しているようなパソコンやタブレットはカバーしています。

 

にしごりら
にしごりら
利用できる幅が広いため、使い勝手が良いですね!

 

M575のTrackballで買う前に気をつけるところ

M575を買う前に気をつけるポイント

ここまで、M575の特徴をまとめてきました。

基本的には良い点ばかりの機種なんですが、以下3点に当てはまる人や気になる人は購入する前に一度検討したほうが良いです。

 

注意するポイント

  • マウスを左手で使っている人
  • チルト機能が無いマウスは許せない人
  • 静音マウスしかNGな人

 

にしごりら
にしごりら
比較的マニアックな機能なので、当てはまる人は少ないと思います。

 

1つずつ紹介していきます。

 

M575に左手用がない

M575に左手用がない

M575は右手で動かすことが前提で作られているマウスのため、左手で使うことができません。

 

人間の右手に最適な角度や大きさ、ボタンの配置で作られています。

 

にしごりら
にしごりら
左手を無理やり置いても変になってしまいます

 

マウスによってはどちらの手でも使える両用だったり、左手用というものはありますが、M575は完全に右手用マウスになります。

 

にしごりら
にしごりら
左手でマウスを使っている&右手に変えるつもりはないという人は、買うのはやめた良いです

 

ただ、マウスで使う手を右手に変えることを検討したほうが良いと言えるほど、M575は作業の効率化&使いやすいです。

 

一度検討してみるのもありだと思います!

 

M575にチルト機能がない

M575にチルト機能はない

M575にはホイールを右左動かすチルト機能はありません。

 

ポイント

マウスのホイールを右や左に動かすことができる機能。

高いマウスのみについていることが多く、左右への動きが頻繁な人はあったほうが良い

 

 

Excelやスプレッドシートのように左右に動くことが多い場合、やっぱりチルト機能はあったほうが便利です。

ただ、これもキーボードの右左矢印ボタンや、スクロールバーを動かすことで対応は可能です。

 

にしごりら
にしごりら
Excelやスプレッドシートを頻繁に使う事がある人は検討したほうがいいかも

チルト機能があるトラックボールは上位機種のMX ERGOです。

 

ただ、値段も高くなるため、少し悩みどころだと思います。

 

にしごりら
にしごりら
僕はキーボードで動かせるため、チルトがなくても問題ない派です!

 

M575のクリックボタンは静音ではない

M575は静音タイプじゃない

M575は静音マウスではないため、クリック時に音がなります。

 

そのため、静かな場所で使う場合には注意が必要です。

 

ただ、クリック音自体は通常のマウスと同じであるため、普通に使う分には問題ない音の大きさです。

 

どうしても静音マウスが良いという人は違うマウスを選ぶ必要があります。

静音が求められるタイミングは正直少ないと思っています。

 

そのため、大きな問題にはならないと個人的には思います。

 

にしごりら
にしごりら
普段使うのはM575にして、どうしてもの場合静音マウスに切り替えましょう!

 

M575の発売日は2020/11/26

M575の発売日

M575の発売日は2020年11月26日で、最近販売開始されたばかりです。

 

ただ、12月中旬現在でロジクールのサイトでは完売となっています。

 

にしごりら
にしごりら
人気がめちゃめちゃある!!

 

SNSを見ていると発表された10月下旬の段階で、カナリ多くの人数が予約していたようです。

 

にしごりら
にしごりら
そんな僕も発表を見つけたすぐに予約して、11月頭には購入してます(笑)

 

M575での変更点

M575変更点

M575は10年前に発売されてなお人気が高いM570の後継機種です。

 

以下3つの変更があり、さらに使いやすさg進化しています。

 

  • 手がつかれにくくなっている
  • トラックボールのを読み取る部分がレーザーからオプティカルへ
  • クリックボタンが大きくなった

 

かなり細かな変更ですが、これによって使い勝手が格段にあがっています!

 

1つずつ解説してきます。

 

ワイヤレストラックボールのM575変更点1.手が疲れにくくなっている

M575変更点1

変更点の1つ目は「手が疲れにくくなっている」という点です。

 

人間工学に基づいたエルゴノミックデザインを取り入れており、M575の上に手を乗せるとすこし右に傾くようになっています。

 

前モデルのM570は手が真上に向くようになっており、手を乗せた時の姿勢が違います。

 

M575M570
M575 手の角度M570 手の角度

 

手が真上に向けるのは手首を無理に左にひねるため、手首に負担がかかります。

 

M575ではそれを解消したデザインになっていて、手への負担が少し減っています。

 

にしごりら
にしごりら
マウスは毎日使うものだから、少しでも負担が少ないほうが良いですよね

 

M575のMouse変更点2.トラックボールのを読み取る部分がレーザーからオプティカルへ

M575変更点2

変更点の2つ目は、トラックボールの球の動きを読み取るセンサーが変わったという点です。

 

M570とM575で使っているセンサーは以下の通り違います

 

  • M570:レーザーでの読み取り
  • M575:ロジクール アドバンス オプティカル トラッキングで読み取り

 

にしごりら
にしごりら
ロジクールアドバンスオプティカルトラッキングって何。。。(笑)

 

「ロジクール アドバンス オプティカル トラッキング」というのは、ロジクールが独自で開発した読み取り機械です。

 

通常のマウスでは、ガラスの上ではうまく動かないのですが、この機能を持つマウスはガラス面でも動かせるようになります。

 

それぐらい感度が高いセンサーを使って、マウスの動きを追いかけるということです。

 

にしごりら
にしごりら
読み取り装置が変わって、マウスの精度があがったのはうれしい!

 

MX ERGO M575の変更点3.クリックボタンが大きくなった

M575変更点3

変更点の3つ目は、「クリックボタンが大きくなった」という点です。

 

写真を見てもらえるとわかると思いますが、クリックボタンが1cmほど大きくなっています。

M575のボタンの大きさ

 

 

にしごりら
にしごりら
1cmくらい変わらないんじゃないの?って思ったあなた、大間違いです!

この1cmの違いで、本当にボタンの押しやすさが変わってきます。

 

指の位置が必ず決まっているマウスか、指の位置が少しずれても使えるマウスを比較すると、ずれてもクリックできるほうが使いやすいですよね。

 

M575はずれてもクリックできるので、安定して使うことができるよういなっていますよ!

 

M575はロジクールという会社が作っている

M575はロジクールが作っている

M575は「ロジクール」というマウスやキーボード、ヘッドセットなどのパソコン周辺機器を販売しているメーカーです。

 

ロジクールはスイスに本社がある世界的な企業で、1976年に創業した約45年の歴史ある会社です。

 

1984年に世界ではじめてワイヤレスマウスを作ったこと、マイクロソフト社が独占していたマウス市場に対して安く高品質なマウスを投入して大成功した会社です。

 

現在も、マウス市場では世界で最大手の企業とされています。

 

M575を作っているlogicoolはパソコン周辺機器専門メーカー

ロジクールはパソコン周辺機器メーカー

Logicoolは上でも記載しましたが、パソコン周辺機器メーカーです。

 

マウスをはじめ以下のような機器を取り扱っています。

 

  • マウス
  • トラックボール
  • キーボード
  • ヘッドセット
  • ゲームコントローラー
  • スピーカー
  • Webカメラ
  • プレゼンテーション用ポインタ

日本でも有名ですが、アメリカではもっと有名で以下のような市場シェアとなっています。

 

ポイント

  • マウス
  • キーボード
  • パソコン用スピーカー
  • ヘッドセット
  • Webカメラ

 

ポイント

  • ゲーミング向けマウス、キーボード

 

M575を作っているLogicoolのおすすめ商品

ロジクールおすすめ商品

M575以外でおすすめのLogicool商品を紹介します。

 

にしごりら
にしごりら
ロジクール製品の数ある中から選んだものを3つ紹介します!

 

ポイント

線がないワイヤレス型のヘッドセットです。

ヘッドセットはマイク付きのヘッドホンです。

ヘッドセットをしていれば、どこでも音楽を聞いたり、通話することが可能です。

最長10m離れたところでも、音声が届くため家の中であれば大体つながると思います。

とても便利で重宝しています。

こちらにレビュー記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

ワイヤレスヘッドセットで家の中どこでも聞ける!H600rをレビュー!

 

 

ポイント

持ち運び用マウスの中で最高のマウスと呼ばれている、MX Anywhareの最新モデルです。

1度充電すると70日間充電が不要で、ずっと使い続けることができます。

また電池が切れた場合の急速充電も対応していて、1分充電すると3時間利用することが可能です。

そのため電池切れに困らないマウスになってます。

性能的にはガラス面でも使えたり、ホイールにも工夫があったりととても使いやすいマウスです。

ロジクール MX ANYWHERE 3 ワイヤレス モバイルマウス MX1700GR Unifying Bluetooth 高速スクロールホイール 充電式 ワイヤレスマウス 無線 マウス windows mac chrome iPad OS MX1700 グラファイト 国内正規品 2年間無償保証
Logicool(ロジクール)

 

ポイント

最後に紹介するのが、ロジクールの無線タイプキーボード「MX KEYS」です。

ロジクールはたくさんのキーボードを用意していますが、その中でもロジクールが一番おすすめしているのがMX KEYSです。

普段からキーボードを利用しているクリエーターやプログラマーから、キーボードに付いているボタンの大きさや、押した感覚などの声を聞いて開発しています。

そのため、間違いが少ない&早く打つことができるようになっていますよ。

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac FLOW ワイヤレス 無線 キーボード 国内正規品 2年間無償保証
Logicool(ロジクール)

 

 

M575は海外ではLogitech社の製品として売られています

M575は海外ではLogitechという名前

Logicoolという名前は日本国内のみで利用されており、海外ではLogitechとして販売しています。

 

日本に入ってきてから2010年頃まではロジテックという名前で販売していましたが、その後はロジクールに名前をかえています。

 

その名残から日本でもLogitechという人が多いようです。

 

にしごりら
にしごりら
Logitechでも間違いではありませんが、日本では通じないのでロジクールがおすすめです

 

M575は3色カラーバリエーションがある

M575のカラー

最近のロジクールは様々な色のマウスを出すようになってきました。

 

M575は以下の3色で販売されています

 

  • グラファイト
  • オフホワイト
  • ブラック

 

にしごりら
にしごりら
M570では1色展開だったので、選べるのは嬉しい!

それぞれの色を紹介していきますね!

 

M575の色その1、グラファイト

M575のカラー:グラファイト

1つ目の色は「グラファイト」です。

 

ロジクールといえばこの色というほどの、定番のカラーです。

 

にしごりら
にしごりら
遠くからでもロジクールのマウスということがわかります

 

黒とグレーの間くらいの色合いで、とても落ち着いたカラーリングになっています。

マウスは日常的に利用するもので、目にやさしい色になっているのも特徴です。

 

にしごりら
にしごりら
僕が持っているのもこの色です!

 

M575の色その2、オフホワイト

M575のカラー:オフホワイト

2つ目の色は、「オフホワイト」です。

 

2~3年前からロジクールは白色のマウスを出しています。

M575のオフホワイトはとてもきれいな白色をしています。

 

このカラーは他のマウスでは、なかなか無いカラーです

 

にしごりら
にしごりら
ボールの青色とマウスの白色の対比がいいです!

 

今回のM575の一番人気はこのオフホワイトになっています。

きれいめなトラックボールが欲しい場合は、このカラーがおすすめです。

 

M575の色その3、ブラック

M575のカラー:ブラック

3つ目の色は「ブラック」です。

 

パソコンのマウスといえばブラックですよね。

 

ブラックはボール以外は本当に黒色になっていて、とても落ち着いたマウスになっています。

 

ただし、個人的に以下2点からおすすめしていません。

 

おすすめしないポイント

  • 落ち着いた色ならグラファイトのほうがおしゃれ
  • ブラックは保証期間が短くなる(通常2年、ブラックは1年)

 

ごりら<ほぼ同じ金額を出すなら保証期間が長い他のを選んだほうが良いですよね

 

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575OW Bluetooth Unifying 5ボタン トラックボールマウス ワイヤレス マウス windows mac iPad 電池寿命最大24ケ月 M575 オフホワイト 国内正規品 2年間無償保証
Logicool(ロジクール)

 

M575を持ち歩くときはケースに入れよう!

M575のケース

M575を持ち歩く際に壊れないようにするために、ケースが用意されています。

 

クリックボタンや進む/戻るボタンは強く押し込んだり衝撃があると不具合が出ます。

 

にしごりら
にしごりら
できる限りケースに入れることをおすすめします!

 

M575専用ケースもありますし、ノートパソコンと一緒に入れるようなものもあります。

 

自分の使う用途にあわせて決めてみてください!

 

AmazonでM575収納ケースを確認する!

楽天でM575収納ケースを確認する!

 

 

M575のメーカー保証が抜群に良い

M575はメーカー保障が抜群

M575を扱っているロジクールは、壊れた場合の保証は数あるメーカーの中でずば抜けて良いです。

 

ロジクールの製品を新品で購入の場合は、2年以上のメーカー保証が付いています。

 

にしごりら
にしごりら
普通のメーカー保証は1年なのでありがたい!

 

マウスを使って支障が出るのは大体1年~2年が経った頃です。

そこまでをカバーしてくれているため、安心して使うことができます。

 

ロジクールのマウスを長年使っていますが、故障としてはクリックが問題になることが多いです。

このあたり、細かく紹介していきますね。

 

M575の保証期間は2年間

M575の保障は2年間

M575を新品で購入した場合、2年間のメーカー保証がついてきます。

この2年間の間であれば、何回壊れても無料で交換をしてくれます。

 

そのため安心してガシガシ使っていきましょう

 

にしごりら
にしごりら
ガシガシ使っても壊れないんですけどね(笑)

 

購入証明はAmazonや楽天の購入履歴OK!

M575のメーカー保障は購入履歴で良い

M575の故障時、ロジクールへ提出する購入証明はAmazonや楽天の購入履歴でOKです!

 

故障した時にロジクールへ交換をお願いすると、あたりまえですが購入証明を求められます。

店舗で買うと買ったときのレシートを大事に取っておく必要があります。

 

にしごりら
にしごりら
レシートを取っておくのがとても苦手なんですよね。。。(笑)

 

ですが、ネットで買うとネットの履歴は消えないため、いつでも取得できるので安心ですね!

 

にしごりら
にしごりら
それを知ってから僕は必ずネットで買うようにしています!

 

M575で問題になりやすいのはチャタリング

M575はチャタリングで壊れる

M575を販売してるロジクールのマウスで問題になるのは「チャタリング」です。

 

ポイント

1回クリックしただけでも2回押されたとパソコン側で反応するという状態

うまくマウスが動かせなくなるため、非常に困る

 

 

1~2年経つ頃に、そういう症状が少しずつ出てきます。

 

にしごりら
にしごりら
他のマウスで出たことがあり、出てしまうと使えたものじゃないです。。。

 

チャタリングが出た場合は、ロジクールへ交換依頼するとすぐに交換してくれます。

出た場合はすぐに連絡するようにしましょう!!

 

ロジクールへの問い合わせはこちらから

 

 

M575のスイッチは300万回のテストしているので起きるかは不明

M575は300万回のテストをしている

M575はクリックのテストをなんと300万回しているそうです。

 

1日にクリックする回数は平均2,500回/日なので、1,200日分。

3.28年は正常に使うことができます!

参考元:https://btopc.jp/etc/click-and-typing-1.html

 

テストして保証しているのが300万回というだけなので、さらに長い期間使うことができます。

 

にしごりら
にしごりら
1つのマウスを長く使えるのはコスパ的にも良いですね!

 

M575を他のマウスと比較してみました!

M575を比較する

M575が良いと言っても、他のマウスと比べたらどうなのか。
にしごりら
にしごりら

っていうことを気になりますよね。

 

今回は以下の2機種と比較してみました。

 

比較したトラックボールマウス

  • M570・・・M575の前モデル
  • MX ERGO・・・M575の上位機種

 

にしごりら
にしごりら
どんな進化をしているのか、上位機種との違いはなにかを徹底比較です!

M575とM570を比較してみる

M575とM570を比較

M575とM570のスペックを比較すると以下のとおりです。

M575製品名M570
M575外見
グラファイト、オフホワイト、ブラックカラーブラック
5つ(左右クリック、中央ボタン、進む/戻るボタン)ボタン数5つ(左右クリック、中央ボタン、進む/戻るボタン)
やや右に傾く
エルゴノミクスデザイン)
手の角度真上
高密度ボールボール通常ボール
カチカチスクロールホイールカチカチスクロール
145g重さ142g
100×134×48大きさ95×145×45
Bluetooth
Unifying(USBレシーバー)
接続方法Unifying(USBレシーバー)
単3電池1本
(最大24ヶ月使用可能)
電池単3電池1本
(18ヶ月使用可能)
Logicool OptionsソフトLogicool Setpoint
4,990円価格4,418円
2年保証期間2年

 

にしごりら
にしごりら
基本的なスペックはほとんど一緒か、M575のほうが上ですね!

違いがある部分について解説していきます!

 

M575とM570の違いその1、手の角度(肩や手への負担)

M575とM570を比較1

違い1つ目はトラックボールへ手をおいたときの、手の角度です。

 

それぞれの写真の手の角度を見てください。

 

M575M570
M575 手の角度M570 手の角度

M575はななめになってますが、M570はまっすぐ横になってます

 

手をまっすぐ横にするとひねる姿勢になり、手首に負担がかかるようです。

 

手の姿勢的には、少し斜めくらいが自然でちょうど良いとのこと。

M575はその自然な形でマウスを利用することができるため、手首、肩への負担が減ります!

 

にしごりら
にしごりら
長く使うなら負担が少ないほうが良いですよね!

 

M575とM570の違いその2、ボールのツルツル具合

M575とM570を比較2

M575になってボールが新しくなりました。

 

新しいボールの特徴としては、

 

  • 指で動かすときはぴったりすいつく
  • ボール自体はクルクル動く

 

と言葉にすると不思議なんですが、めちゃくちゃ使いやすいです(笑)

 

にしごりら
にしごりら
ボール自体も進化しており、使いやすくなっています!

 

ボールの色も濃い青からうすい青に変わり、目にすこしやさしくなった感もあります(笑)

 

M575とM570の違いその3、パソコンとの接続方法

M575とM570を比較3

USBレシーバーでの接続はどちらでも可能ですが、M575はBluetoothでの接続ができます。

 

最近のノートパソコンはUSBポートが少ない場合が多いです。

 

にしごりら
にしごりら
ぼくのノートパソコンにもUSBポートが2つしかついていません

そのためできる限りUSBポートを空けておきたいというところが、本音だと思います。

 

そんなときにM575であればBluetoothが使えます。

 

ゲームなどの俊敏性が求められる場合は難しいですが、日常的に利用するくらいであればBluetoothで違和感ありません。

 

また、M575はBluetoothとUSBレシーバーの切り替えができるので、1台でパソコン2つ切り替えて使うことが可能です。

 

にしごりら
にしごりら
説明書などには記載されていませんが、複数台使っている人には便利な機能ですよ。

 

M575とM570の違いその4、使用するソフト

M575とM570を比較4

M575とM570ではパソコンへインストールするソフトが違います。

 

M575:Logicool Options(オプションズ)

M570:Logicool SetPoint(セットポイント)

 

使用できるソフトが違うことによってできることも違います。

 

決定的な違いは「加速機能」があるかないか。

M570にはありますが、M575ではなくなりました。

Logicool Options 加速

 

ポイント

マウスカーソルの加速機能のこと。

マウスをゆっくり動かすとマウスカーソルの動きは遅く、早く動かすとカーソルが早く動くという機能。

2画面などで画面が広い場合は加速があると便利!

 

画面が広い場合は加速があると良いと思いますが、無くても問題ないです。

 

にしごりら
にしごりら
ぼくは2画面ですが、加速なくて問題ないですよ!

 

M575vsM570の軍配は明らかにM575

M575とM570を比較

比較すると、M575のほうが明らかに上でした。

 

にしごりら
にしごりら
さすが新モデル!!

 

M570のほうが多少安いですが、これから買うのであればどの機能も上回っているのでM575がおすすめです!

 

にしごりら
にしごりら
といっても、500円くらいの差なので、2~3年使うことを考えたら、M575を買ったほうがオトクですよ!

 

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575OW Bluetooth Unifying 5ボタン トラックボールマウス ワイヤレス マウス windows mac iPad 電池寿命最大24ケ月 M575 オフホワイト 国内正規品 2年間無償保証
Logicool(ロジクール)

 

M575 vs MX ERGOとのガチンコ勝負

M575とMXERGOを比較

次の比較は「M575 VS MX ERGO」という比較です。

 

M575:ロジクールトラックボールマウスの基本モデル

MX ERGO:ロジクールトラックボールマウスの最上位モデル

 

ポイント

ロジクールでMXとついている製品は、最上位機種を表しています!

 

それぞれのスペックを比較して記載します!

 

 

M575製品名MX ERGO
M575外見mxergo
グラファイト、オフホワイト、ブラックカラーグレー
5つ(左右クリック、中央ボタン、進む/戻るボタン)ボタン数8ボタン(左右クリック、中央ボタン、進む/戻るボタン、チルト左右、親指ボタン)
やや右に傾く
(エルゴノミクスデザイン)
手の角度やや右に傾く
(エルゴノミクスデザイン)
高密度ボールボール高密度ボール
カチカチスクロールホイールカチカチスクロール
145g重さ259g
100×134×48大きさ(mm)184×144×61
Bluetooth
Unifying(USBレシーバー)
接続方法Bluetooth
Unifying(USBレシーバー)
単3電池1本
(最大24ヶ月使用可能)
電池充電池
(最大4ヶ月使用可能)
Logicool OptionsソフトLogicool Options
5,500円価格11,290円
2年保証期間2年

 

 

 

M575とMX ERGOの違いその1、マウスホイールのチルト

M575とMXERGOを比較1

違いの1つ目は、マウスホイールにチルトがあるがないかです。

 

ポイント

チルトとは、マウスホイールが右や左に動く機能のこと。

ホイールが右や左に動くと、マウスホイールだけで右や左に動くことができる便利な機能

 

エクセルなどの大きくて右や左にスクロールする必要がある資料をよく使う場合は、チルト機能があると便利です。

チルトが無いと、スクロールバーなどで右や左に動く必要があるので、ひと手間必要になります。

 

ただ、横に動かすシーンはあまりないためほぼ使わないです。

 

にしごりら
にしごりら
チルトはなくても、現時点で困っていないです!

 

M575とMX ERGOの違いその2、Flow機能

M575とMXERGOを比較2

違いの2つ目はFlow機能です。

 

ポイント

Logicoolが独自に開発した機能です。

Logicool Optionsを入れた2台のパソコン間で、ファイルのコピペができる機能です。

引用元:ロジクールHP

 

Flow自体は便利な機能ですが、使用用途は限られるかなと思っています。

  • パソコンを2台以上使っている人
  • そのパソコン同士でファイルを共有する必要がある

 

にしごりら
にしごりら
日常的にパソコンを2台以上使う人は少ないので、ほとんどの人が使わないかと思います。

 

M575とMX ERGOの違いその3、金額

M575とMXERGOを比較3

違いの3つ目はそれぞれの価格です。

 

それぞれの価格の違いはスペックのところでも記載しましたが、以下のとおりです。

 

M575:5,500円

MX ERGO:11,290円

 

にしごりら
にしごりら
値段が倍違うため、実際に買う時には迷いますよね

 

M575が選択肢に入っているということは、はじめてトラックボールを使う人も多いはず。

 

その時に1万円を超える高いマウスを買うのはなかなか勇気いりますよね

 

まずはM575を使ってみて試してみるのがおすすめです。

 

にしごりら
にしごりら
より、高機能なものが使いたくなったら、MX ERGOを考えてみるのが良いですよ!

 

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575OW Bluetooth Unifying 5ボタン トラックボールマウス ワイヤレス マウス windows mac iPad 電池寿命最大24ケ月 M575 オフホワイト 国内正規品 2年間無償保証
Logicool(ロジクール)

 

M575の価格の価格は?

M575の価格

ここまでM575の特徴や他の製品との比較を紹介してきました。

 

ここからはM575が「1番オトクに買えるのはどこか!」を紹介していきます。

 

ここでは、以下の情報をまとめています。

 

  • M575を最安値で買える場所
  • Amazonや楽天でオトクに買う方法
  • 店頭で買うことはおすすめしない

 

1つずつ解説していきます。

 

M575の最安値はここ!

M575の最安値

サイトを調べた結果、M575が一番安く買うことができるのは、アマゾンと楽天でした。

 

アマゾン:5,500円 (55ポイント) ← チェックしてみる!

 

楽天:6050円(540ポイント) ← チェックしてみる!

 

 

にしごりら
にしごりら
大手のECサイトなので安心して買えますね

 

各サイトにおいて、もっとオトクに買う方法を紹介します!

 

M575をAmazonでオトクに買うにはギフトチャージで買うのが良い

M575を買うにはAmazonギフトチャージ

 

Amazonギフト券を自分で買って、ポイントを付けることで金額以上の買い物ができます。

 

参考:Amazonギフト券とは

Amazonで買い物する時に利用できるポイントのこと

プレゼント用のギフトや、自分で購入用に買ってチャージすることができる

 

Amazonギフト券を現金で一定金額以上買うことで、ポイントが多くついてきます。

 

90000円チャージすると、最大2.5%ポイントの2,250円のポイントがつきます。

そうすると実質的に約40%オフで買うことができます!

 

ギフトチャージはこちらから

にしごりら
にしごりら
Amazonでよく買い物をする人にはおすすめです!

 

M575を楽天で買う場合は0と5の日がおすすめ

M575を楽天で買うなら0と5の日

M575を楽天で買う場合は、ポイントが多くなる0の日や5の日がおすすめ!

 

上のほうで記載したポイントは、0の日などのポイントを含んでいません。

そのため、さらに安く買うことができます!

 

さらにショップ買いまわりや、キャンペーンなどを併用することでさらなるポイントゲットが見込めます

 

にしごりら
にしごりら
普段から楽天を使っている人であれば、よりポイントが付くため楽天が良いですよ!

 

M575を店頭で買うのはおすすめしない

M575を店頭で買うのはおすすめしない

一方でM575は家電量販店などでも販売しており、購入することが可能です。

 

ただし、M575を店頭で買うことはおすすめしていません。

 

というのも、保証の部分で記載したんですが、ロジクールの交換保証は購入証明を保管する必要があります

 

店頭で買うと購入証明はレシートやシールなどでもらうため、大切に保管する必要があります。

ただ、それをなくしてしまうと保証が受けられなくなります。

 

アマゾンや楽天で買った場合、購入履歴を購入証明として利用なため保管が不要になります!

 

にしごりら
にしごりら
レシートなど取っておくのが苦手なんです。。。(笑)

 

店頭では実機でさわることをおすすめ

 

ただ、店頭では実際にさわって見ることをおすすめします。

 

特に見る必要があるのが、手の大きさ的にあっているかです。

 

手のひらを載せて使うため、基本的に手が小さめでも大丈夫になっていますが、やっぱり実際にあわせてみるのが一番!

 

そのため、気になる人は店頭であわせてみることをおすすめします!

 

にしごりら
にしごりら
普通サイズのマウスが使える人は全く問題なしです!

 

まとめ

M575まとめ

ロジクールが10年ぶりにモデルチェンジしたトラックボール型マウスのM575を紹介してきました。

 

名機と言われた前モデルを上回る作りで、今後も高い人気になること間違いない製品です。

 

M575はトラックボールマウスとしての機能は優秀かつ、値段も押さえられているマウス。

 

手の疲れの解消、作業効率のアップが確実なのでまずは買ってみて試して欲しい一品です。

 

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575OW Bluetooth Unifying 5ボタン トラックボールマウス ワイヤレス マウス windows mac iPad 電池寿命最大24ケ月 M575 オフホワイト 国内正規品 2年間無償保証
Logicool(ロジクール)

-ガジェット
-,

© 2021 GORI best