WF-C500

ガジェット

ソニーのワイヤレスイヤホン、WF-C500が最高すぎる!!

「ワイヤレスイヤホンってオシャレでかっこいい!!」
「落としたりしないの??」
「電車の中や運動の時にワイヤレスイヤホンを使いたい!」

ここ数年でワイヤレスイヤホンをしている人がかなり増えました^ ^

ふかゴリラ
ふかゴリラ
今ではイヤホンはワイヤレスの方が多いですね!

でも初めてワイヤレスイヤホンを買う場合、
たくさんああるので、どれが良いのかわからないですよね・・・

そこで私がおすすめするのは、ソニーから発売されているWF-C500です!!

そこで、本記事ではWF-C500について解説してまいります(^ ^)

ワイヤレスイヤホンの購入を考えている方は本記事必見ですよ!!
ぜひご覧ください(#^^#)

 

ソニーのWF-C500ってどんな商品なの??

WF-C500はソニー製品のワイヤレスイヤホンです。

ソニーと言えば説明不要なぐらいの超大企業ですね!
ふかゴリラ
ふかゴリラ

そんなWF-C500がどんな商品なのか解説してまいります!!

WF-C500の見た目

まずはWF-C500がどんな姿をしているのか確認しましょう!!

写真をあげていきますので、ご確認下さい!

こちらがWF-C500です!

本体をケースから取り出します。

取り出したらこんな姿です。

オシャレでカッコイイですね!(^^)!

ちなみに購入した時はこのような箱に入っていました!

WF-C500について

WF-C500はワイヤレスイヤホンですが、そもそもワイヤレスイヤホンとは何のか??

■ワイヤレスイヤホンとは
ワイヤレスイヤホンは無線でイヤホンから音が流れるイヤホンのことです。
無線ですので、ワイヤーなどの邪魔がありません。
Bluetoothというものが通信でイヤホンとスマートフォンを繋げているのです。

一昔前では考えられないようなものですね。

そんなワイヤレスイヤホンのたくさんある商品の中でも、特に人気なのがWF-C500です!
ふかゴリラ
ふかゴリラ

スマートフォンで音楽や映画を見る時に使えるので、
通勤の時や休憩時間に使うと便利です(#^^#)

とても人気商品ですが、なぜ人気なのか・・・

説明していきますので、引き続きご覧ください!!

WF-C500の特徴

まずはWF-C500の特徴について確認しましょう!!

WF-C500には以下のような特徴があります!(^^)!

■コンパクトなサイズ
WF-C500は本体もケースもコンパクトな大きさです。

持ち運びが楽にできますね!(^^)!
※ケースは35グラムでとても軽いです

WF-C500は耳からの出っ張りを抑えることができます。
そのため、耳の穴が小さな方でも問題なく装着が可能です!

ふかゴリラ
ふかゴリラ
耳の穴の大きさは人それぞれですもんね。

装着した後も耳は快適ですので、長時間使っていても疲れにくいという嬉しい特徴もありますよ!!

■音切れがほとんどしない
ワイヤレスイヤホンは片方のイヤホンをBluetoothで受信してから、もう片方に送信することが多いです。

WF-C500はそれらのワイヤレスイヤホンと違い、
左右それぞれのイヤホンが同時にBluetoothで通信されています。

そのため、安定して接続されるので、音切れが起こることがほとんどありません。

また、動画を見る時の映像と音のずれも発生する可能性が低く、
ストレスを感じることなく音を楽しめますよ!(^^)!

 

■カラーのバリエーションが豊富
WF-C500は4つのカラーから選ぶことが可能です。

4つの色は
・アイスグリーン
・コーラルオレンジ
・ホワイト
・ブラック
となります。

ホワイトやブラックはどんなカラーなのか想像できますが、
アイスグリーンとコーラルオレンジは想像できませんよね??

そう思ったので、以下の画像を参考にしてください。

上からアイスグリーン、コーラルオレンジ、ホワイト、ブラックとなります。

アイスグリーンとコーラルオレンジはオシャレな人に人気がありそうですね!!

私は王道のブラックにしました!
ふかゴリラ
ふかゴリラ

スマホの色と合わせるのも良いですね!!

WF-C500の音質

WF-C500はイヤホンですから、音質は特に気になるところですね!

先に答えを言ってしまいますが、
WF-C500の音質はとても良いです( ^)o(^ )

高音や低音のバランスがとても良いため、歌声やギター、ベース、ドラムの音が、
まるでライブのように楽しむことができます!!

ふかゴリラ
ふかゴリラ
WF-C500の音質は360度から音が流れるような感覚なのです。

ワイヤレスイヤホンってどうしても音質が落ちてしまうと言われていますが、
WF-C500ならそのような不安も抱かなくて大丈夫ですよ(*^^*)

 

WF-C500の口コミ・レビュー

続いてWF-C500の口コミやレビューを公開!

良い口コミも悪い口コミも公開しますね(*^^*)

WF-C500の良い口コミ

それではまずは良い口コミを公開していきます!!

頼んだ2日後に到着しました。
早く欲しかったので、大変助かりました。そして商品ですが、とても可愛い…!
色も画像より透明感があって、想像よりもとても素敵でした。そして、音もさすがSONYさん…しっかりしていて大変満足です。
これから大事に使いたいと思います!

引用元:楽天市場より

欲しいと思ったものがすぐに届くのってありがたいですよね!!

デザインもすごく良く、音も良いので最高の商品です!

Bluetoothイヤホン・ヘッドホン18台目所有経験のレビューです。
1・初めに、繋がりにくさに悩みました。
2・次に、有線との音の差に悩みました。
3・最後に、NCやハイレゾといった最先端の時代に悩みました。
4・結論、Sonyはそんな悩みに逃げず、負けず、素晴らしいBluetoothイヤホンを世に送り出してくれました。
日本の製品に元気がない今の時代に「あっぱれ」です。
この商品で満足出来ないならば、Bluetoothは諦めるべきです。有線で探してください。
それくらい完成度が高いこと間違いありませんよ。。。

引用元:Amazonより

イヤホンやヘッドホンの大ベテランの方です。

そんな方がこれだけ良い評価をされているのはすごいと思いませんか??

①まず、安心のSONYと言うことはあって、保証も手厚く、安心できます。
②次に音質ですが、1万円としては上出来だと思います。
③高音の音質は私のメイン機のアンカーサウンドコアリバティエア2プロとほぼ変わりません。(LDAKしない時)
④低音の音質は少し物足りないですが、この価格なので、文句は言えません。
⑤フィット感はもう完璧です。耳の中にすっぽりです。全く疲れません。
⑥持ち運びの際は小さく、持ち運びやすいです。
⑦最後にまとめると音質を極めたプロならおすすめ出来ませんが、初心者もしくわ1万円程でワイヤレスイヤホンを探している方はこれ1択ではないでしょうか。
ちゃんとイヤホンがイヤホンケースに磁石でカチッと閉まるので気持ちいいです。
特に学生さんとかが1万円ぐらいでワイヤレスイヤホンしてみたいという方もこちらをおすすめします。

引用元:価格.comより

WF -C500はお値段以上の価値があるのは間違いありません!

学生さんや社会人の方など幅広い年齢層の方におすすめです(^ ^)

ソニー製品が好きでスマートフォンもずっとソニーを使っています。
寝るときに音楽を聴きながら眠るのですが使用していたものが故障したためこちらを購入しました。
朝起きても耳からイヤホンが外れてないです。
音も間違いないし色も可愛いです。
ずっと4千円ほどの安物を使っていましたがこんなにも違うんですね。
発送も早くて夜に注文して翌日には届きました。

引用元:楽天市場より

安すぎるものを買うと結局後悔しちゃうんですよね・・・

WF-C500は簡単に外れません。

そのため、ランニングなど激しい運動をする人にもとてもおすすめなんです!

はじめてのワイヤレスイヤホンがこれで良かったと思っています。上位機種に比べるとノイキャン等の機能は少ないですが、必要最低限の機能で重低音を聴けるsonyのワイヤレスイヤホンを探していた金欠学生の身としては、コスパが良く、大変満足いくものでした。
これからは他の良い音を鳴らすイヤホンを聴いてみて、沼にハマっていこうと思います。

引用元:Amazonより

そうなんですよ!!

WF-C500はコスパがとにかく良いんです^ ^

これだけコスパの良い商品ってなかなかないと思いますよ!

WF-C500の悪い口コミ

音質については期待通り。特に不満はなし。

ただ、購入から1年半程でバッテリーがすぐに無くなるようになり、その後完全沈黙。

保証期間過ぎたら間を空けずに故障するという非常にSONYらしい製品です。2年はもってほしかったなあ。

1年程度で買い換えるつもりならオススメです。

引用元:楽天市場より

そんなにすぐ故障するのでしょうか??

私は1年以上、ほぼ毎日使っていますが、今のところ故障はありませんよ!(^^)!

ただ、このような口コミがあったので、壊れないように大切に使っていこうと思います!

WF-C500のスペックは??

WF-C500は5.4グラム、ケースが35グラムでとても小さなワイヤレスイヤホンです。

小さなワイヤレスイヤホンでありながら、20時間も続けて再生することができます!!

高音、低音のバランスが良いだけでなく、
自分好みの音質に設定することも可能です!(^^)!

また、防水機能もありますので、雨の日や汗をかいた時でも心配いりませんよ!

ふかゴリラ
ふかゴリラ
運動する人にもすごくおすすめのワイヤレスイヤホンなのです!!

WF-C500とアイホンを接続する

WF-C500とアイホンはペアリングすると接続することが可能です。

■ペアリングとは
ペアリングとはWF-C500と接続したい危機を登録する捜査のことです。

 

以下の手順でWF-C500とアイホンは接続するできます。

①充電ケースからWF-C500のイヤホンを取り出す

 

②アイホンのBluetooth機能をオンにする

アイホンの設定画面からBluetoothをタッチ

 

 

Bluetoothをオンにする

 

③WF-C500をオンにする

これでWF-C500とアイホンは接続完了です。
※パスワードキーを要求された場合は「0000」と入力してください。

WF-C500を耳に付け、アイホンから音楽を再生すると、音楽が流れます!!

WF-C500とアンドロイドを接続する

アンドロイドへ接続する場合もアイホンと同じやり方です。

Bluetoothをオンにして、WF-C500をタッチすることで、
簡単に接続ができますよ!!

WF-C500はウォークマンでも接続可能

WF-C500はウォークマンとも接続が可能です!

ウォークマンの場合はホームメニューから、
Bluetooth、機器登録(ベアリング)を選択して接続します。

ウォークマンはお使いのものによって操作方法が違います。

詳しくはお持ちのウォークマンの取扱説明書でご確認ください!

WF-C500で通話ができる

WF-C500は通話もできます(^ ^)

イヤホンで通話ができるので、
運転している時でも電話ができるのはありがたいですね!

通話の手順は以下の通りとなります。

①あらかじめ、WF-C500とスマートフォンをBluetoothでつなげておく

②電話が来たら、左右どちらからのボタンを押す
※イヤホンから着信音が流れます。音楽などを聴いていた場合は音楽が一時停止されます。

③スマートフォンで通話の音量を調整する

④左右どちらかのボタンを押して電話を切る

以上の手順で通話が可能です!

WF-C500で発信する

WF-C500では電話を受けるだけでなく、発信することもできます。

発信する時は以下の手順で行ってください!

①あらかじめ、WF-C500とスマートフォンをBluetoothでつなげておく

②スマートフォンを操作して発信する

③スマートフォンで電話の音量を調整する

④通話が終わったら左右どちらかのWF-C500のボタンを押して終了する

以上が通話の手順です。

音楽を聴いている時に発信すると、音楽が一時停止されます。
通話が終わったら、音楽が再開します!(^^)!

WF-C500はマルチペアリングが可能

WF-C500ではマルチペアリングが可能です。

■マルチペアリングとは
マルチペアリングは1台だけでなく、数台で接続が可能なことです。
WF-C500が1台で複数のスマートフォンに接続ができます。

WF-C500は8台までマルチペアリングができますが、
そもそもそんなにつなげることってないですよね?笑

ふかゴリラ
ふかゴリラ
ただ、家族で共有できるのはありがたいですよ!

WF-C500のペアリングはMacにも対応している

ここ数年でノートパソコンはMacを使用している人が増えましたね!

実は私もノートパソコンはMacを使っています(#^^#)

そんなMacにもWF-C500はペアリングできます。

方法は簡単です!

Macにはデスクトップの左上にリンゴマークがあり、
そこにカーソルを合わせると以下の項目が表示されます。

表示された項目の中にあるシステム環境設定をクリックしてください。

すると以下の画面に変わります。

この画面の中にあるBluetoothをクリックすると、
Bluetooth接続画面に変わります。

その画面でWF-C500を選択してクリックしてください。

これで完了です!
※パスワードキーを要求された場合は「0000」と入力してください。

 

WF-C500は外音取り込みの機能はあるの??

WF-C500には外音取り込みの機能はあるのか??

■外音取り込みとは??
外音取り込みはヘッドホンにあるマイクによって周りの音が聞きやすくなる機能です。
外音取り込みの機能があると、イヤホンやヘッドホンをしながらでも人と話すことができます。

WF-C500には外音取り込み機能はありません。

ただ、そこまで必要な機能ではないと個人的には思います。
ふかゴリラ
ふかゴリラ

WF-C500でノイズキャンセリングのやり方はどうしたら良いの?

またまた聞いたことがないような単語が出てきましたね・・・笑

■ノイズキャンセリングとは??
ノイズキャンセリングは騒音(ノイズ)を打ち消す(キャンセリング)するものです。

ノイズキャンセリングすることにより、他の音に邪魔されずに音楽を楽しむことができます。

そんなノイズキャンセリングですが、
WF-C500には残念ながらありません。

ただ、この機能に関しても個人的にはそこまで必要だと思いません。

ガヤガヤしているところ(パチンコ屋さんなど)でイヤホンを使いたい人には必要だと思いますが、
私はそういうところに行く機会がほとんどありませんので(^ ^)

WF-C500はイコライザーができる!おすすめの設定は??

WF-C500はイコライザーの設定ができます!!

イコライザーは自分の好みの音に調整できる機能のことです(^ ^)

ふかゴリラ
ふかゴリラ
例えば重低音の心地良い音が好きな人は、重低音がしっかりと聴こえる設定にすることができます!

設定はヘッドホンコネクトというアプリから可能です。

おすすめの設定はイコライザー設定で「CLEAR BASS」を調整する方法です。

この方法でなら、迫力のある重低音が楽しめますよ^_^

WF-C500の取扱説明書・マニュアルはインターネットで確認ができる

使用中に操作方法などで困った場合、取扱説明書やマニュアルを確認したいと思う人も多いことでしょう。

WF-C500は購入したら取扱説明書も同梱されています!

何か操作でわからないところは、こちらをご確認ください。

でも外出している時など、常に取扱説明書・マニュアルを確認できるわけではありませんね(>_<)

そんな時はインターネットから確認すると便利です。

Googleで「WF-C500 取扱説明書」と検索するとヒットします。

どこでもスマートフォンで簡単に取扱説明書・マニュアルが確認できるのは嬉しいですね^ ^

 

WF-C500はケースがカッコイイ!!

WF-C500のケースはとてもカッコイイです( ^)o(^ )

シンプルですけど、オシャレでカッコイイと思いませんか?

ケースを開けると中身はこのようになっています。

ここにWF-C500本体を入れて使わない時は保存します。

WF-C500はコンセントを使って充電する必要がある!

WF-C500は電力で動いていますので、定期的に充電しなければなりません。

ここではWF-C500の充電方法を説明させていただきます。

これが充電するために必要なケーブルです。

このケーブルをWF-C500のケースとスマホの充電器につなげると充電ができます。

まずこちらのケーブルの先端部分をWF-C500のケースに差し込みます。

差し込むところはケースの裏側です。

こちらにケーブルを差し込んだ後、スマホの充電器とケーブルをつなげます。

そしてスマホの充電器をコンセントに差し込むと充電することが可能です(*^^*)

充電中はオレンジ色に光ります。
写真を見ていただくとオレンジ色に光っていますので、充電がしっかりとできていますよ☆

WF-C500がオレンジ色に点滅している時はなぜ??

WF-C500はオレンジ色に点滅する時があります。

これは充電の残量が少なくなってきたサインです。

このサインが出た時は早めに充電するようにしてくださいね!

WF-C500はケースのみでも売っている!

今回、ご紹介したケースは私がWF-C500を購入した時に同梱されていたものです。

WF-C500のケースは楽天市場などでケースのみを買うこともできます。

落下防止の機能が付いていたり、カラーも色々ありますので、
ケースにこだわりたい方は別で買うと良いかもしれませんね!(^^)!

WF-C500とAirPodsを比較してみました!

WF-C500とよく似た商品でAirPodsというワイヤレスイヤホンがあります。

AirPodsはあの有名なアップルの商品でとても人気です。

この2つのワイヤレスイヤホンを比較してみました^ ^

■音質について
音の質はやはりWF-C500が圧倒的です。

AirPodsは音の広がり、高音の良さ、低音の良さがイマイチでした・・・

■機能について
機能についてはAirPodsが上です。

なぜなら、AirPodsにはWF-C500にはない、
ノイズキャンセリングと外音取り込みがあるからです。

■デザインについて
デザインはWF-C500の方が良いと思います。

なぜなら、コンパクトなデザインで、
カラーもアイスグリーン、コーラルオレンジ、ホワイト、ブラックの4色から選べるからです。

AirPodsはカラーがホワイトしかありません。

■料金について
WF-C500の料金は税込み11,000円。
AirPodsの料金は税込み30,580円。

AirPodsはWF-C500の約3倍もします。

料金に関しては圧倒的にWF-C500の方が良いですね!

以上をまとめると

商品名WF-C500AirPods
音質非常に良いWF-C500より劣る
機能AirPodsより劣る非常に良い
デザイン4つのカラーから選べるホワイトしか選べない
料金税込み11,000円税込み30,580円

このようになりました!

こうやって見ると、WF-C500の方が良い商品だと思えますね^ ^

WF-C500とWF-1000XM4を比較しました!

もう一つWF-C500とよく比べられるワイヤレスイヤホンがあります。
それはWF-1000XM4という商品でです。

WF-1000XM4もソニーから発売されているワイヤレスイヤホンですが、
価格は税込みで33,000円もしますので、WF-C500に比べると高額な商品です。

高額なため、WF-1000XMには以下のような特徴があります。

■WF-1000XM4の特徴
・ノイズキャンセリングが搭載されている
・充電が長持ちする
・ワイヤレス充電器で充電できる

このような特徴があるため、WF-C500よりもかなり高額なのです。

同じソニーのワイヤレスイヤホンということもあるので、
WF-C500とデザインは似ています!

ただ、WF-C500が4種類のカラーを選べるのに対し、
WF-1000XM4はブラックとプラチナシルバーの2種類しか選べません。

また、サイズはWF-C500の方がコンパクトです。
重さもWF-C500は片方で5.4グラム、
WF-1000XM4は片方で7.1グラムですので、
WF-C500の方が軽量な商品となります。

ふかゴリラ
ふかゴリラ
コンパクトなサイズで重さも軽いため、
着け心地はWF-C500の方が良いと思われますね!

以上をまとめると

商品名WF-C500WF-1000XM4
料金税込み11,000円税込み33,000円
機能WF-1000XM4より劣るWF-C500より優れている
デザイン4種類のカラーから選べる選べるカラーは2種類のみ
大きさ・重さ・着け心地非常に良いWF-C500より劣る

このような結果となりました!

こうやって見るとWF-C500の方が良い商品な気がしますね(#^^#)

 

 

WF-C500では他のサイズのイヤーピースが同梱されている!

WF-C500を購入したら、最初からMサイズのイヤーピースが左右に装着されています。

■購入した時から装着済み

でも耳の穴の大きさって人それぞれですよね・・・

ですがご安心ください!

WF-C500では既に装着されているイヤーピースと違うサイズのものが購入時に同梱されているのです。
ふかゴリラ
ふかゴリラ

このように購入時にSSサイズとLLサイズが一緒に入っています。

既に装着されているMサイズのイヤーピースが耳の大きさに合っていない場合、
うまく耳に装着できない場合は、WF-C500の良い音を聴けないかもしれません。

そんな時はSSサイズ、LLサイズのイヤーピースを試してください。

WF-C500が耳に正しく装着できれば、最高の音質を楽しむことができますよ(#^^#)

WF-C500を初期化する方法

WF-C500は機械ですので、不具合など発生する可能性があります。

その場合は初期化すると解決することが多いです。

初期化は以下の手順で行ってください。

■WF-C500を初期化する方法
①左右のWF-C500のボタンを15秒ほど押す。
②ランプがオレンジ色に点滅し始める。
③点滅が始まったら5秒以内に指を話す。
④ランプがオレンジ色に点灯する。
⑤点灯してから10秒以内にWF-C500の左右のボタンを押したままにする。
⑥数秒後に青色のランプが4回点滅する。
⑦初期化完了

初期化する時の手順は以上です!(^^)!

WF-C500に音が出ない場合はどうしたら良い?

WF-C500を使っていると音が出ない場合があるようです。

そんな時は以下の手順を試してください。

■音楽を10秒ほど一時停止する。その後、解決するか確認する。

■解決しない場合はWF-C500の電源を切って電源を入れる。

■それでも解決しない場合は以下の順番で行い、確認してください。
①WF-C500を初期化する。
WF-C500の一時的な誤作動で調子が悪くなっている場合は初期化すれば、
解決する可能性があります。

②スマートフォンやパソコンを再起動する
Bluetoothの機器が原因の可能性もあるので、一度電源を切り、再度電源を入れてください。

③スマートフォンやパソコンのBluetooth機器情報を削除する。

最後に再度ペアリングをしてください。

 

それでも音が出ない場合は修理が必要かもしれません。

お手数ですが、ソニーの修理相談窓口に問い合わせください。

ソニー修理相談窓口

WF-C500が故障した時

WF-C500も故障する可能性があります。
万が一、故障かな?と思ったら以下の方法で試してください。

■故障かな?と思った時に試すこと
・WF-C500をケースに直す
・WF-C500を充電する
・スマートフォンなど、接続している機器を再起動する
・WF-C500を初期化する

これらを試しても直らない場合は、
先ほどご案内したソニー修理相談窓口まで問い合わせしてください。

WF-C500は高く買取りしてくれる?

WF-C500は人気の商品です。

そのため、購入してから、万が一使わなくなった場合でも、
高く買い取りをしてくれる可能性があります。

WF-C500は運動する人におすすめです!

WF-C500は着け心地が良く、外れることも滅多にありません。

そのため、ランニングや筋力トレーニングなど、激しい運動をする人にもすごくおすすめです(*^^*)

実は私も普段からジムに通ってるのですが、WF-C500の良い音質で音楽を聴きながらのトレーニングは最高ですよ!
ふかゴリラ
ふかゴリラ

WF-C500のフィット感は本当に最高です!

とてもフィットしているのがわかりますか?(*^^*)

好きな音楽で体を動かすことで、
心も体も健康になれますね!

WF-C500を購入するなら楽天市場が値段も安くお得です!

いかがでしたか??

今回の記事ではソニーのワイヤレスイヤホン、WF-C500について解説してまいりました!

WF-C500はお手頃な値段で購入することができ、
音質もすごく良いので、音楽を楽しみたい方にとてもおすすめです(#^.^#)

ふかゴリラ
ふかゴリラ
大好きな音楽を良い音で聴くと心が元気になります!

そんなWF-C500ですが、
購入するなら楽天市場がおすすめです。

楽天ポイントもたまりますし、公式サイトよりも値段が安いので、
購入される場合は、楽天市場でお得に買い物をしてくださいね(*^^*)

 

 

 

-ガジェット

© 2022 GORI best