ガジェット

超絶コスパ!サウンドピーツのブルートゥースイヤホンをレビューするよ!

リモートワークで1日5時間のみ自宅で働くなかののゴリラです。

僕と同じようにリモートワークや在宅で仕事をしている人、出先(カフェやファミレス、コワーキングスペース)等で仕事をすることがある人は「通話時の音声」がめちゃくちゃ大事だと思います。

周囲の会話、車や電車の音、工事や音楽などの雑音が邪魔で相手の声が聞こえず、何度も聞き返す等、コミュニケーションが取りづらいことはかなりのストレスになりますよね。

そんな時に、

「ノイズキャンセリング機能がある、安くて良いイヤホンってあるかな?」

と思ってる方は、サウンドピーツのブルートゥースイヤホンが超絶おすすめですよ!!!

僕はこれを先日のAmazonプライムデーで購入後、がっつり2ヶ月使用しましたが、ほんとに満足してます。

サウンドピーツのブルートゥースイヤホンは4,000円弱という値段以上の価値がありますよ~

もくじ

結論「絶対買い」です。サウンドピーツのブルートゥースイヤホンのレビュー

まずは結論。再度結論。

サウンドピーツのブルートゥースイヤホンはマジで「絶対買い」ですね。

どこがそんなにいいかというと、

  • 価格の割に高品質(音質、デザイン、使い勝手)
  • 使っていて疲れない(軽くてフィット感よくて抜群!)
  • デザインも主張してなくて良い(シンプルかつユニセックス)

…という点。

では以下からはさらに詳しくレビューしていきます!

サウンドピーツのブルートゥースイヤホンのスペック・特長について

まずはスペック&特長ですが、ざっとこんな感じです。

価格4,000円弱(Amazon:3,980円、楽天:3,580円)
メーカーSoundPEATS
電源持続時間20時間
ブラック1色
商品の寸法67 x 2.3 x 3 cm
形状マグネット搭載左右一体型・カナル型・イヤーフック付き
重量33 g
メーカー1年保証、新品との交換、返品(返金)
評価
  • Amazon:4.3(最大5)
  • 楽天:4.08(最大5)

僕がサウンドピーツのブルートゥースイヤホンを使ってるシチュエーション

僕がサウンドピーツのブルートゥースイヤホンを使ってるシチュエーションは主に3つ。

  1. 自宅での作業中(PCでWebライティング作業やSNS更新など)
  2. リモートワークでWebカメラや通話機能を使って会社の同僚とミーティングするとき
  3. 主に夜寝る前のAmazonプライムビデオ鑑賞

以上の3つです。

主にぜんぶ自宅で使いますが、他にもたまーーに電車に乗ってる時とかもこれ使ってプライムビデオ観たり、音楽聴いたりしてます。

サウンドピーツのブルートゥースイヤホンをがっつり2ヶ月使用して感じたこと(良い点)

ではまずはがっつり2ヶ月使用して感じた良い点から書いていきます!

デザインがシンプルでかっこ良い!

まず目を引くのがそのデザインです。

色はブラック一色のみ。 全く飾り気がなく極めてシンプルなので、 普段からシンプルな服装を好む僕にはドンピシャなデザイン。

耳につけている時も、耳から外して首に下げているだけの状態の時でも、いい意味で目立たず主張せず、どんな服装にも馴染んでくれるところが素敵。

男性にも女性にも受け入れられるようなユニセックスな感じですね。

メーカーのロゴもスイッチの部分の裏側に控えめに書いてある程度で、ぱっと見どこのメーカーのものかわからないのもいいですね。

全体的にとにかく「主張しない」デザインになってます。

イヤホンは普段からよく使う人は、ファッションの一部として考えることも多いでしょうし、そういった人にとっても受け入れられやすいデザインなのではないでしょうか。

首にかけていて違和感なし

かなりヘビーユースしていることもあり、僕はサウンドピーツのブルートゥースイヤホンをほぼ一日中首にかけているのですが、シリコンの肌触りも良く、これ自体がかなり軽いので着けていて疲れませんで全く違和感がありません。

あとは、首にかかる部分が頑丈にかつ絶妙な長さに設定されているものかなりポイント高いです。

ちなみにメーカー公式の発表では、

  • 医療用グレードのシリコーン採用
  • 首の形、重力の流れ等人間工学に基づいて生み出されたネックバンド形状

…と書いてあるように、使わない時は「首にかける」ことを想定して作られているようですね。

なので今では、サウンドピーツのブルートゥースイヤホンが首にかかっているのが普通の状態になってしまい、妻に

「それ気に入ってるね!外さないの?」

と指摘されたことも。笑

それくらい首にかけていて全く違和感がないのが魅力。

さすがに夜寝る時は外していますが、起きたと同時に枕のそばに置いているこれを首にかけるのが習慣化しています。笑

遮音性がよく耳栓としても◎

実はこれ、ブルートゥースイヤホンとしてだけでなく耳栓代わりにしても使っています。

個人的には耳の穴にすっぽり収まる大きさ・形状をしているので、遮音性も良さげ!

僕は会社員としても個人のビジネスとしても、メインの仕事場は「自宅」になるので、

  • 子どもが遊ぶ声・音
  • その子どもの相手をしてくれている妻の声
  • 近所の人の会話
  • 車の通る音
  • 宅配便の「ピンポン」

…等など、集中しようと思ってもなかなかそうはいかない状況があったりします。

そんな時にできるだけ静かな環境で働くために工夫をいろいろしてるのですが、サウンドピーツのブルートゥースイヤホンを耳につけただけでそういった雑音がいい完全にシャットアウトできるので、重宝しています。

音楽を聴いていない状態でも耳にはめてることが多いですね。

電池けっこう長持ち

僕はこれを仕事中の通話や音楽をちょっと聴きたくなったとき、Amazonプライムビデオで動画を見る際にも使うので、一日合計2~3時間は使います。

でも電池の持ちがなかなか良くて、10日に1回くらいしか充電はしなくて大丈夫。

ちなみにメーカー公式の発表では、

音楽再生時間は最大20時間(60%の音量時)、スタンバイ時間は最大300時間です。

※出典:Amazon

…とあります。

大体かなり多めに書かれているこの手の時間ですが、 サウンドピーツのブルートゥースイヤホンに限っては事実のようです。

もはや仕事でもプライベートでも必須のものだけに、使いたい時に使えないというのが物凄いストレスなので、電池の持ちがいいというだけでかなりの好印象です。

マグネット付きで落下防止に

耳栓の部分にマグネットが仕込まれているので、首に下げている状態の時は、耳栓同士がくっつくようになっているので落下防止になります。

これはもしかしたら最近のイヤホンでは当たり前のことなのかもしれませんが、リモートワークを始めてから初めてイヤホンを買った僕にとってはめちゃくちゃ画期的。笑

それまではスマホのおまけとしてついてきたイヤホンを使っていたりしたので、

最近のイヤホンってこんなところにまで気を配ってるのか!…と感動し、妻や子どもに

ほら、こないだAmazonで買ったこのイヤホン、耳栓のところにマグネットが付いてるんだよ!それでこうやってピタッとくっつくの!落とさず首にかけておけるから超便利!すごくない?ねぇ凄くない?

と熱く語りました。

すごく地味なところなんですが、かがんだ時や作業中にちょっと下を向いた時に、イヤホンが首から落ちるという心配をしなくていいのは、かなり気が楽です。

音質がクリアかつ低音もきれい

イヤホンとしての本来の機能である「音質」の良さもなかなか。

今まで使っていたスマホのおまけのイヤホンに比べて雲泥の差があります(当たり前なのですが…笑)

高音部は非常にクリアに聞こえますし、耳栓が耳にぴったりフィットする構造になってるので、低音もズンズンと響くようにキレイに聞こえます。

高級ヘッドホンや、BOSE等の本格的なノイズキャンセリングヘッドホンに比べたら音質は落ちます。

しかし、「4,000円」という価格と機能性を加味して考えると、十分な音質を保っていると思います。

音楽を聴くために買ったわけではありませんが、それでもイヤホンは「音楽を聴くためのもの」なので、本日はやっぱり外せない要素。

イヤホンにある程度音質を求める人が買っても後悔しない程度の品質は保っていると思います。

(オーディオテクニカの2万円程度のヘッドホン使ってる僕が言うので、恐らく間違いはないかと思われます…)

通話時のノイズキャンセリング機能が抜群!

サウンドピーツのブルートゥースイヤホンのメインの機能でもある「ノイズキャンセリング機能」の効きが抜群です!

僕は、リモートワークというスタイルで仕事をしている関係上、同僚との通話する際の音質はかなり重要です。

周囲の雑音があったりすると、相手が話している内容が聞き取れなかったりして、それだけでかなりのストレスになります(僕も相手も)。

それを避けるためにノイズキャンセリング機能付きのイヤホンが欲しいなと思ってサウンドピーツのブルートゥースイヤホンを購入したので、実際に試して本当にクリアに聞こえた時はけっこう感動しました。

完全に雑音が消えるというわけではありませんが、この間、外で工事をしている時にこれを使って電話をしたところ、一度も「え?今何て言いました?」と引き返すことなく相手の声がきちんと聞き取れました。

逆にこちらの声もクリアに聞こえたそうなので、これだけでも買った甲斐があったなと思いました。

ちなみにAmazonのQ&Aには、実際に使ったユーザーの以下のような記述もあります。

個人的にはかなり優秀と思います。バイクで走行中でも問題なく意思の疎通が出来ますもんね

※出典:Amazon

僕は、さすがにバイクに乗ってまで通話しようとは思いませんが…あの騒音(エンジン音や走行音)の中でもきちんと相手の声が聞き取れるというのはかなりすごいでよね。

接続がめちゃくちゃ簡単

接続がめちゃくちゃ簡単なのも◎。

たとえばスマホと接続する場合、

  1. スマホ側のブルートゥース機能をオンにする
  2. サウンドピーツのブルートゥースイヤホンのスイッチを3秒長押しして電源オンにする
  3. スマホ側でペアリングを許可する

…という3ステップで完了です。

接続にかかる時間はおよそ1分くらい。本当にサクッと終わります。めちゃくちゃ簡単です。

要はスマホとサウンドピーツのブルートゥースイヤホンのブルートゥース機能をONにするだけ…ということ。

多分その人でも説明書を見れば(あるいは見なくても)、なんとなくやるだけで簡単に接続ができるはずです。

ブルートゥース対応機器同士を接続したことがある人なら、全く説明書などを読むことなく普通に使って接続できるでしょう。

保証もサポートも万全!

そして最後に保証もサポートも万全なのも嬉しいポイント。

メーカー公式の発表によれば、

安心の30日間返品保証ー:お客様に安心してSoundPEATSの商品をお試しいただきたいため、ご購入後30日間は原則返品・返金対応いたします。

※出典:Amazon

…とのこと。

ちなみにメーカーさんに直接問い合わせたところ、メールでも以下のように返答を頂いています。

弊社は品質による商品不良、お買い上げの日より、 12ヶ月の保証、または新品との交換、返品(返 金)を承っております。ご安心ください。

というわけで1年間は新品と交換もできるし、返品(返金)まで対応してくれるとのことなので、マジで安心して使えます。

こんな感じのことを書いているメーカーは多いのですが、実際問い合わせてみると、返答が遅かったり対応が悪かったり…ということも聞きますよね。

でもこのメーカーさんについてはそれはなく、問合わせた日の翌日にすぐ丁寧な返答をくれました。

(で、上記のように「 12ヶ月の保証、または新品との交換、返品(返 金)を承っております。ご安心ください。」との一文も添えられていました)

というわけで保証もサポートも万全な状態なので、「不良品だったらどうしよう」「不具合が出た時にすぐちゃんと対応してくれるのかな?」といった不安をお持ちの方でも安心して購入することができます。

サポートセンターの質って本当に重要ですよね…

サウンドピーツのブルートゥースイヤホンをがっつり2ヶ月使用して感じたこと(いまいちな点)

このまではサウンドピーツのブルートゥースイヤホンの良いレビューを書いてきましたが、全部が良くて完璧な商品というわけでは正直ありません。

使っていて「ここはイマイチだなぁ」と感じるところももちろんありました。

スイッチの反応がちょっと悪い

電源スイッチ(ファンクションボタン)の反応がちょっと悪いです。

基本はちゃんと作動はしてるのですが、電源を入れたり消したりする時に、3秒長押ししても反応しないときがたまーにあります。

そのため、電源オフにしたつもりが実際はつけっぱなしの状態で、翌日音楽を聴こうと思って電源をオンにしたらなぜか電源が切れるといったことがこないだありました。

しかも一晩中、電源を入れっぱなしの状態だったので、電池がかなり減っていて、音楽を聴き始めてすぐに「充電が減っていますよ」というアナウンスが流れてしまうという。

まぁ、これについては

  • 電源が入ってる状態だとスイッチ部分が青く発光する
  • 電源オンオフ時には「パワーオン」「パワーオフ」というアナウンスが流れる

…という仕様になっているので、これらを目印にすれば問題ありません。

単にそれらの確認を怠った僕にもだいぶ責任があるということですね…笑

それ以来、同じことは起きてないのですが、でもやっぱりスイッチの反応がちょっと悪いというのは若干ストレスを感じます。

電源オン・オフ時のアナウンスがうるさい

上記で、「電源オンオフ時にはアナウンスが流れる」と書きましたが、この音声がうるさいです。笑

最初に電源を入れて、このアナウンス音を聞いた時は「あれ?これって最初からかなりボリュームが大きめに設定されているのかな?」とびっくりしました。

そこで、ボリュームを下げて音楽を再生してみたところかなり音が小さくて、「あ、さっきの状態やっぱり普通の状態だったんだ」と思った覚えがあります。

おそらくは確実に電源のオンオフを確認してもらうためのメーカーの配慮だとは思うのですが…

夜静かな時に、イヤホンを耳にセットして電源入れてこの音声が流れると「うお!」と驚くことが未だにあるので、やっぱりボリュームが大きすぎるのではないかと思います。笑

このアナウンスのボリュームを調整できる機能もあったらもっと良かったんですが…

「確実に電源のオンオフを確認してもらうための仕様」だと割り切りましょう。笑

ノイズキャンセリング機能は「通話時」にしか適用されない

そして最後にここが一番不満な点なのですが、ノイズキャンセリング機能が「通話をしている時だけ」にしか適用されません。

耳栓としての機能も十分優秀なのでまぁいいといえばいいのですが…

ノイズキャンセリング機能付きをうたっておいて、さすがに音楽を聴く際にそれが使えないのはさすがにどうなんでしょう。

Amazonのページにも「通話時のノイズキャンセリング機能」との記載はありますが、「音楽を再生する際のノイズキャンセリング機能はありません」との記載はありません。

ノイズキャンセリング機能に期待して買った僕は、購入して実際に使い始めてから

「あれ?これって音楽聴いてる時は割と普通なんだけど…周りの雑音、別に軽減されてなくない?」

という感じで気づき、調べて「通話時のみノイズキャンセリング機能が適用」とわかったので、とても不満で返品も考えました。笑

とはいえ、先ほども書いたように耳栓としての機能も確かに優秀ですし他に売れたポイントもたくさんあるいい商品に間違いはありませんので、「まぁいいか」と割り切ってます。

音楽再生用のノイズキャンセリングイヤホンをお探しの方は注意してください!!

Amazon・楽天で★4つ以上!サウンドピーツのブルートゥースイヤホンのレビュー

さて僕のレビューは一旦この辺にして、続いてはAmazon・楽天からサウンドピーツのブルートゥースイヤホンを実際に買った人のレビューをいくつかご紹介したいと思います。

サウンドピーツのブルートゥースイヤホンの「良い」レビュー

これがシリーズの中では一番いいかも。

相変わらずの驚異のコスパで席巻しとりますワイヤレスイヤホン。

絶妙な重量バランスと耳穴で自己主張しない形状、ちょっとはずしたい時は首にかけたままイヤホン同士をくっつけてしまえばポケットにしまう手間さえ不要という究極のエクスペリエンスも健在であります。

ただ、単純に同社Q35Proの色違い版かと思ったら。

耳にした瞬間に「アレ?」って驚くくらい中低音がかなりタイトに締まっている。

SOUNDPEATSといえば中低音(決して低音ではない)を強調したクセのある色付けが特徴だ(と勝手に思っていた)が、これはイイ!!

手持ちのQ35Proと聴き比べてみれば違いは顕著。

音像がボヤけることもなく、結果として聴感上の解像度も向上している。

ャンルを選ばず耳に優しい。

この価格帯で、ワイヤレスで、ここまでやってくれれば、なんかうれしくて涙がでそう。
ホントの意味でのJapan Limited、しかと受け取りました。

(もしかしたら頻度高くUpdateが反映されていてノーマル黒版のQ35Proの音質も変わってるのかもしれませんが、あくまで数か月前に入手したQ35Proとの比較です)

デザインの良し悪しを別とするなら間違いなく星5つなんだけど。。。ね。(普段使いとしてはかな~り違和感あるが、この価格であればいわゆるイベント携行品としてそのためだけに買ってしまってもいいかも)

※出典:Amazon

Q34で感じた不便なところが解消された!

先代のQ34を使用していましたが,例えばコンビニのレジなどで,片方を外すようなシチュエーションで外した側がずり落ちてくると云うようなことが頻繁にありましたが,このイヤホンは首の部分にシリコンの太めのサポートが入っているのでずり落ちてきません.また,シリコン部分に汗がつくと不快な感じになるのかな?と想像していましたが,そんなことはなくむしろ快適でした!シリコンの太めの部分にバッテリーが一部入っているのか長時間の使用が可能になり,普通に通勤時に聞くなら1週間は持ちそうです.ケーブルの全長自体はほとんど変わらず.首の前でマグネットで固定したときにイヤフォン部が来る位置は全く同じ位置でした.

音質は正直,よく分らないので「低音がどう」とかいう専門的な話は出来ませんが,先代と同様に不自由なく音楽も聴けますし,通話もスムーズに行うことが出来ました.(キチンと一度音楽が止まった状態で通話が終わると音楽が自動で復帰します)

ケースも付属しますが,先代より中央部分が折り曲がりにくくなったということで少し大きくなっていました.無理をさせれば小さい方のケースに入れれないこともありませんでしたが,断線が不安なので大きい方のケースを使います(笑)

ケースにカラビナはついてきましたがブラブラぶら下がるようにしかカバンやベルトに固定出来ないので出来れば出ると通しのような物をケースに直接付けてほしかった.

海外メーカー製ですが日本語の説明書が入っていますし,サポート物本語で対応してくれるので安心です.

※出典:Amazon

ランニング用にぴったり

ランニング用に購入しました。Bluetoothワイヤレスは三本目なのですが、前の物は、スイッチ部分が大きく、イヤホン部分もフィットしなくて、すぐ外れてました。

この商品は、イヤホン自体もフック付で、ぴったりフィットしますし、スイッチ部分の重さも気にならず、快適にランニングできます!マグネットつきなので、聞かないとき、ネックレス状態になって落下しません。

音も良いです。好きな音楽を聴きながら、たくさん走れてうれしいです。ありがとうございました。

※出典:楽天

サウンドピーツのブルートゥースイヤホンの「悪い」レビュー

続いては「悪い」レビューの方も見ていきましょう。同じく、Amazon・楽天からいくつかご紹介します。

不良品かも

Q12→Q34→Q30plusと使ってきました。
Q30plusが断然耳のフィット感がよく、音もよく最高でした。
片耳音が出なくなり、こちらに買い換えました。

長時間もつということで、こちらを購入。
想像通りネットバントが太いのが気になりますが、長時間聴くためと思えば我慢出来る範囲です。

接続も簡単。
音は気に入らないですが、イコライザーアプリを入れて聞いたらいい感じになりました。

なぜか繋いでいると突然音量が小さくなり
ノイズキャンセリングもなくなった?という感じになります。
イヤホンの音量MAX、スマホの音量9割にしてやっとちょうどよく
これは不良品がしれないなという感じです。

耳のフィット感は、Q34に勝てませんね。
あと、ノイズキャンセリングが弱すぎる。
ノイズキャンセリング付きではないのかな?
Q34がすごくよかったので残念。

※出典:Amazon

重低音好きにはGOOD

若干重みがあるので安定するかと思いましたが予想外に揺れるのでランニングには少し不向きかもしれませんがバッテリーが長いのでフルマラソンでも行き帰りの移動も含めて安心して使えそうです

音は重低音が強調されています。

※出典:Amazon

買ったときは良かった

買ってから半年が過ぎました。二ヶ月ほど前から勝手に接続が切れることが多少ありましたが、ここ最近は接続が切れる頻度がひどいです。2分もかからず切られることもあるくらいです。おすすめはしません。

※出典:楽天

ここまでのまとめ

というわけでここまでのサウンドピーツのブルートゥースイヤホンのレビューをまとめると、まず良い点は以下のとおり。

  1. デザインがシンプルでかっこ良い!
  2. 首にかけていて違和感なし
  3. 遮音性がよく耳栓としても◎
  4. 電池けっこう長持ち
  5. マグネット付きで落下防止に
  6. 音質がクリアかつ低音もきれい
  7. 通話時のノイズキャンセリング機能が抜群!
  8. 接続がめちゃくちゃ簡単
  9. 保証もサポートも万全!

そして、イマイチだなと思う点は以下の3つです。

  1. スイッチの反応がちょっと悪い
  2. 電源オン・オフ時のアナウンスがうるさい
  3. ノイズキャンセリング機能は「通話時」にしか適用されない

以上のようにイマイチな点はありますが、それ以上に良い点がたくさんあります。

最大の欠点はやはり「ノイズキャンセリング機能は通話時にのみ適用される(音楽を聴いている時には使えない)」という点。

逆に言えば、これをクリアできれば間違いなく買いだということ。

僕のように「通話時、周囲の雑音を軽減して相手の声がちゃんと聞き取れたらいいな」という目的で買う人にとっては、多分これ以上にいいものはないでしょう。

サウンドピーツのブルートゥースイヤホンが「接続できない」ときの超かんたん対処法(10秒で完了)

なお、万が一サウンドピーツのブルートゥースイヤホンが接続できなくなった場合は、以下のツイートにあるやり方でリセットすれば大体なんとかなります。(動画付きです)

僕はイヤホンの音が片耳からしか聞こえなくなって、Amazon経由でメーカーさんに問い合わせたところ、以下のように返答がありました。(原文まんまコピペ)

この度、商品に不具合が発生し、お客様に多大なご迷惑をおかけてしまい、深くお詫び申し上げます。

イヤホンの片方が、音がでないのはもう一方のイヤホンとの接続に不良が発生したのかもしれません。

不具合を解決する為、お手数ですが、相手側機器にあるFORCEの登録履歴を削除して、お手持ちの商品を初期化してみていただけますか。

初期化方法は下記でございます。

ご参考までに、

リセットするには充電器に接続する同時に、LEDランプが青色で2回点滅するまで、マルチファンクションボタンを約3秒間押し続けますと、本機をリセットします。

一度お試していただけませんか。

「接続ができなくなった」って場合もこの方法を試せば大体なんとかなるらしいので、万が一購入して何かの不具合があった場合はこの操作を試してみてください。

マジで10秒で直ります!

サウンドピーツのブルートゥースイヤホンの価格比較

サウンドピーツのブルートゥースイヤホンは、Amazon・楽天で買うことができます。

両サイトの価格はそれぞれ以下のとおりです。

以上のように、楽天の方が400円オトクです。

特にこだわりがなければ、楽天で買う方がいいですね。

Amazonでサウンドピーツのブルートゥースイヤホンを買うメリット

とはいえAmazonで買うメリットももちろんあります。

それは、セール時に爆安になることです。

ちなみに僕はAmazonプライムデーで購入したのですが、その際の購入価格は何と2,786円でした(以下、証拠画像です)

ただ、こればっかりはいつタイムセールがあるか、タイムセールがあってもこの製品が安くなるかどうかはわからないのが難点ですね。

楽天でサウンドピーツのブルートゥースイヤホンを買うメリット

一方、楽天はサウンドピーツの公式通販なので、こっちで買うと元々400円オフなのに加えて、ポイント還元があるというメリットもあります。

まずAmazonではポイントで還元されませんから、その時点でオトク。

さらに楽天ではポイント倍増キャンペーンが度々実施されています。

例えば、5と0のつく日に楽天カードを使って買い物をすると、ポイントが通常の5倍になります。

他に、楽天がオーナーorスポンサーになっているスポーツチーム(楽天イーグルス、バルセロナ、ヴィッセル神戸)が勝つと1チームごとにポイントが2倍になるキャンペーンもあります。

これ以外にもほんとに色々あり、それら全部含めると、ポイントが10倍になることも全然ありえます。

結論、サウンドピーツのブルートゥースイヤホンは楽天で買う方がオトクです

というわけで結論、サウンドピーツのブルートゥースイヤホンは楽天で買う方がオトクです。

Amazonプライムデーのような大幅な値引きはないものの、普通に買う分には楽天ポイントの還元率がめちゃくちゃ高いので、楽天のサウンドピーツ公式通販サイトで買うのがいいでしょう。

他にもまだある!サウンドピーツのブルートゥースイヤホン最新機種「TrueFree」

ちなみにサウンドピーツのブルートゥースイヤホン最新機種は、イヤホンが左右で完全に独立している「TrueFree」です。(2019年8月30日時点)

2つのイヤホンを同時に使用する「両耳モード」左右独立して使用する「片耳モード」がある

  • 最新の”ブルートゥース5.0”搭載で通信速度・通信範囲ともに高い
  • 片耳わずか4.7gなので めちゃくちゃ軽くて疲れない
  • 人間工学に基いた&程よいフィット感で移動中も落ちる心配をしなくていい
  • ハンズフリー機能搭載でイヤホンのボタンを押すだけでスマホにかかってきた電話が受けられる

…とこんな特長があるイヤホンです。

残念ながらノイズキャンセリング機能は搭載されていませんが、よりスマートな外観を求める人には最適かも。

ちなみにお値段はAmazon・楽天ともに3,980円です。(2019年8月30日時点)

サウンドピーツのブルートゥースイヤホンは最高!

というわけで再々度結論!

  • 価格の割に高品質(音質、デザイン、使い勝手)
  • 使っていて疲れない(軽くてフィット感よくて抜群!)
  • デザインも主張してなくて良い(シンプルかつユニセックス)

以上の理由で間違いなく「買い」のイヤホンです。

ぜひ楽天でオトクに手に入れてくださいね!

-ガジェット

© 2020 GORI best