家電

ひとり暮らしこそ使ってもらいたいロボット掃除機Robovac11を2年使ったレビュー!!

ひとり暮らし歴10年以上になるぞぞゴリラです。

ひとり暮らしで欠かせない家事、それは掃除。

会社員として平日は仕事に取り組み、土日は外に遊びに出かける生活をしているとなかなか掃除ができないんです。

すでにマキタのスティックタイプ掃除機をゲットしてこまめに掃除する習慣がついてはいるものの、自分でかけるのが面倒になってきました。(人間はなれる生き物ですね)

掃除機を手に入れる前はクイックルワイパー出いけるだろ!とたかをくくり、

マキタ掃除機にレベルアップした時には「最高だ!もうこれで掃除はラクラクできるぜ!!」と思っていました。

がしかし、世の中には便利なものがたくさんあるわけで、勝手に掃除してくれるロボット掃除機なるものが欲しくなてくるわけです。

ロボット掃除機といえば当然メジャーなルンバが候補にあがりますが、

・3万円以上もする高価なロボット掃除機は手が出しづらい
・ロボット掃除機のために部屋を片付けておくのはめんどくさい
・買ってもすぐに使わなくなりそうで怖い

とこんな感じでなかなか買うのをためらっていました。

でも仕事から帰ってきたら勝手に掃除が終わってキレイになっていて欲しい!

掃除の時間を少しでも短くしてもっと別の時間に当てたい!!

といった衝動から、絶対に欲しい条件を厳選して以下の3つをもとに探しました。

  • 2万円以下でとにかく安いやつ
  • 外出中にやってくれるようにタイマー&ホームに戻れるタイプ
  • 玄関に段差があるので落下しないタイプ

この機能と価格ならばまずは満足できるだろうと探して出会ったのが

モバイルバッテリーでおなじみAnkerのEufy Robovac11というロボット掃除機。

この記事を読むことでEufy Robovac11の

・ひとり暮らしで2年間使った使い心地がわかる
・Eufy Robovac11の口コミがわかる
・Eufy Robovac11の詳しい使い方がわかる

ようになりますのでぜひぜひ読んでみてください。

robovac11とは

ぼくが購入して使っているEufy robovac11について紹介していきます。

Eufy robovac11とはモバイルバッテリーで有名なAnkerから発売されているロボット掃除機です。

Ankerならではの高性能バッテリー、パワフルな吸引力、自動充電機能、ロボット掃除機としては低価格な1万円台で手に入る安さとコストパフォーマンスに優れたアイテム。

robovac11のサイズ

RoboVac11のサイズは約330x326x78mmです。

大きめのフライパンより少し大きいくらいでロボット掃除機で一番有名なiRobotのルンバより一回り小さいくらいのサイズ感。

厚みは78mmなのでローソファー以外なのソファーならば下に潜り込んでの掃除はOKです。

現物をみてみると思ったよりも大きいなといった印象がありました。

でもある程度の大きさがないと段差を乗り越えたり、ダストボックスの容量を大きくできなかったりするため、程よい大きさだと感じてます。

ルンバに比べるとひとまわり小さく、厚みも薄い(ルンバ600シリーズは340x340x92mm)のでワンルームや1LDKといったサイズの部屋でも使いやすいです。

Robovac11のダスト容器の容量は0.6L

Robovac11のダスト容器の容量は0.6Lです。

実際どの程度でゴミがいっぱいになるかというと環境によって変わると思いますが、

    • 2Kの部屋で週に4回程度稼働させて1回ゴミ捨てするくらい
    • 3週間くらい掃除をしなかったときは1回でほぼいっぱい(2回目の途中でダスト容器いっぱいのランプ点灯)

といった感じです。

普段はこまめに掃除をするので、週一回のゴミ捨てでOKですが、出張や旅行で掃除ができなかったり、忙しすぎて全く掃除できずに期間が空いてしまったときはゴミが溜まりやすいです。

ゴミがいっぱいになると掃除機本体のランプが赤く点灯してお知らせしてくれるので、容量が足りなくて困ったといったことはありません。

robovac11の吸引力

robovac11の吸引力はかなりしっかりとしています。具体的な数値はわからないですが、ホコリ、粉塵、髪の毛などの吸い込みはOK

たまにダンボールの切れ端なんかが落ちていても吸い込みますし、うっかり電源ケーブルが床に置いてあるとしっかりと巻き込んでしまうくらいにに強いですww

robovac11の吸引力がしっかりとしている理由は

・回転ブラシでゴミを逃さずに吸引する
・2つのサイドブラシで細かいチリやホコリ、髪の毛を回転ブラシに誘導

といったブラシと吸引力の組み合わせに寄るところが大きいですね。

この2つのブラシがあるので部屋の掃除をほぼ全てrobovac11に任せても問題ないくらいの吸引力を持っています。

robovac11の落下防止センサー

robovac11には落下防止センサーがついています。

部屋全体を自動で掃除している時に玄関や階段に落ちてしまうと掃除が中断してしまいます。

そんな落下を防ぐために進行方向の3箇所にセンサーがついて段差を検知。

ぼくの家でも玄関に段差があるのですがしっかり検知してくれて、仕事にいっている間に自動運転にしていても落下せずに掃除をしてくれています。

段差を検知して回避してくれると「おお賢いなコイツ」と謎の可愛さが生まれてくるのが不思議なものですww

eufy robovacシリーズの種類

Ankerのロボット掃除機は現在5種類あります。(2019/9/17時点)

  • Eufy Robovac 30C
  • Eufy Robovac 15C
  • Eufy Robovac 11S
  • Eufy Robovac 11
  • Eufy Robovac L70 Hybrid

大きな違いは水拭きも一緒にできるタイプ、スマホからコントロールできるタイプ、境界テープで行動範囲を制限できるタイプに分かれます。

僕が持っているEufy Robovac11、改良版のRobovac11sがベーシックで安価なタイプになっています。

robovac11sの特徴

robovac11sの特徴はrobovac11と比べて下記のような特徴があります。

    • 厚みが78mm→72mmと6mmも薄くなったこと
    • カラーがブラックとホワイトから選べる
    • BoostIQテクノロジー搭載で床の状態に合わせて吸引力が変化する
    • 値段がさらに安くなった。19,800円→17,800円(ホワイトの価格)

ぼくが購入したタイミングではrobovac11sはありませんでした。今買うなら間違いなく11sがいいと思います。

値段が安くなったところと6mm薄くなったとこは特にオススメポイントです。

robovac11の使い方

Robovac11はシンプルなロボット掃除機で使い方も簡単です。

充電が完了したらすぐに使い出せますので、購入した後のイメージを持ちやすいように順番に紹介していきます。

robovac11の充電方法

step1 robovac11の充電ステーションを設置する

まずは付属の充電ステーションを設置していきます。

充電ステーションを設置する時の注意点は以下の3つ

    1. 充電ステーションと壁には隙間を空けずに置く
    2. 充電ステーションの左右1mと前方2mの範囲から障害物を取り除く
    3. 充電ステーションに取り付けする電源ケーブルは床から浮かせて設置する

特に重要なところは3番目の電源ケーブルを床から浮かすことです。

robovac11は吸引力が強くケーブルが床についていると誤って吸い込んでしまうことがあります。

電源ケーブルを巻き込んでしまうと充電ステーションに帰ってきても充電されないですし、ケーブルが絡まるとそこで止まったままエラーで止まってしまいます。

このケーブル巻き込みを防止するためにも電源ケーブルは床から浮かせて設置することがエラーをしないコツです。

step2 robovac11本体の充電をする

充電方法は3パターンあります。

  1. robovac11を充電ステーションの充電端子に設置する
  2. リモンコンの左上にある充電ボタンを押す
  3. robovac11本体の電源ポートに直接ACケーブルを差し込む

3パターンどれでも充電できますが、オススメはリモコンを使った2のパターン。

robovac11は初期状態でちょっとだけ充電されています。

リモコンを使って充電ステーションに向かってもらう様子を見るとかなりテンションがアゲアゲに。

ロボット掃除機がウチにキターーーーっといた満足感が得られるのでリモコンを使った2パターンがオススメです。

robovac11のバッテリー充電時間

robovac11のバッテリー充電ランプ

robovac11の本体の表示ランプで充電状況がわかります。

  • 青色に点灯→充電完了
  • 青色に点滅→充電中
  • 赤色に点滅→バッテリー残量が少ない

このような表示でお知らせしてくれます。

基本的にはバッテリー残量が少なくなると充電ステーションに帰ってきてくれるので赤色に点滅しているときは意識しなくてもOK。

どちらかというと使う前に本体の表示ランプが青色に点灯していることを確認するほうが使うことは多いかと思います。

robovac11のバッテリー寿命

robovac11のバッテリー寿命は約2から6年程度です。

ロボット掃除機の多くが、製造コストの安価なニッケル電池を使用しています。しかし、バッテリーが衰えやすく交換時期や吸引力の低下が非常に早いデメリットがあります。早いものだと1年ほどで電池交換が必要です。eufyではリチウムイオン電池の採用により、ニッケル電池の約2倍もの電池寿命で安定した吸引力を長期維持します。電池交換が少ないため、長期的なメンテナンス費用が格段に安くなります。ankerjapan.comより引用

リチウムイオン電池は高価なため大手メーカーでも上位機種にしか搭載されないそうです。

モバイルバッテリーで有名なankerなだけあってバッテリーへのこだわりが感じられます。

ぼくもすでに2年使っていますが、まだ全然衰えている感じはなく、購入時と変わらない感じで使用できていますので信頼できると感じています。

robovac11のタイマー

robovac11には設定した時間に起動して掃除を開始するタイマー機能がついています。

タイマー機能は付属のリモコンを使って開始時間を設定することができます。

一定の時間にセットしておけば毎日勝手に掃除してくれるのできれいな部屋をキープできて嬉しい機能です。

robovac11のメンテナンス方法

robovac11のゴミの捨て方はめっちゃ簡単

robovac11のダストボックスは水洗いできます!

robovac11のダストボックスは水洗いできることが特徴。

ダストボックスはゴミ捨てをして、ホコリやチリを付属のブラシで清掃しても細かいものは取りきれません。

吸引力があるからこそ細かいチリが取れるのですが、ダストボックスの清掃がめんどくさいという矛盾。

ですがダストボックスについているフィルターを取り外してしまえば、丸ごと水洗いができます。

手順はこのような感じです

    1. ダストボックスを取り出して中のゴミを捨てる
    2. ダストボックスをブラシで清掃してホコリを落とす
    3. フィルターを取り外す
    4. ダストボックスを水洗いする
    5. 水分をふき取って乾燥させる

ダストボックスのゴミ捨て時にチリが舞い上がることがあるのでゴミ袋の中でゴミ捨て、ホコリ落としをすると散らからなくて快適です。

注意点はHEPA式フィルター(フィルターカバーの中にある白い紙製っぽいフィルター)は水洗いすることができません。

水に濡れると吸引力が落ちることもあるため必ず取り外すようにしてください。

ということでrobovac11はフィルターに気をつければ水洗いできるのでぜひ試してみてください。

robovac11のフィルター交換時期は2ヶ月に1度

robovac11の取扱説明書に記載は無いですが、改良版のrobovac11sに交換目安は2ヶ月と書いてあります。

とはいえ使う環境によって交換時期は変わります。ぼくは週に2から3回使う程度で半年くらいは持っていますので参考にしてみてください。

交換用フィルターは付属品として1個ついてきますし、Amazonで交換用フィルターを売っているので簡単に購入できます。

robovac11のタイヤは交換は不可

robovac11のタイヤ交換はできないようです。

メンテナンスとして交換可能な部品は3つ。

    • フィルター
    • 回転ブラシ
    • サイドブラシ

取扱説明書にもタイヤの交換方法は記載がなく、パーツも販売していません。

もしタイヤがすり減って使えない状態になってしまったら新しい製品を購入する方が良いと思います。

robovac11の付属品

robovac11の付属品はこのようになっています。

    • RoboVac11本体
    • 充電ステーション
    • リモコン
    • ACアダプター
    • 清掃ブラシ
    • サイドブラシ4個 (交換用2個を含む)
    • HEPAフィルタ
    • 交換用フォームフィルタ
    • 取扱説明書

交換用のサイドブラシが付属されているのでブラシがへたったら交換できてありがたいです。

robovac11の取扱説明書

robovac11の取扱説明書は商品に付属されていますが、ANKERの公式サイトからも入手できます。

Eufy RoboVac11 取扱説明書

紙の説明書よりもスマホでみた方が何かと便利ですね

robovac11のレビュー

robovac11をカーペットで使った時のレビュー

留守中にAUTOモードで掃除した結果、元々滑り止め付きのカーペットの上はバッチリです。
が、滑り止めが付いていないカーペットの四隅に後付けの滑り止めを付けたカーペットだと画像のようにカーペットを押し上げてしまって掃除できませんでした。
滑り止めテープを買い足して対応しようと思います。引用元:Amazon

タイヤのトルクが大きいのかカーペットをまくる力が異常。小さめ、薄めのカーペットを自分でめくりあげてそれ以上進めなくなってみたり、段差判定をしてエラー音を鳴らして助けを求めてきたりと意外と手間がかかる。重たいカーペットあるいは床に止めるテープ等の対策は必要でしょう。これくらいのお世話は全然想定内ですし、従来の掃除機から比べたら半分以下の労力なので許容範囲です。引用元:Amazon

ロボット掃除機といえばルンバと思われがちですが、Eufyはちょうどいい機能のバランスと思います。
ルンバはAI搭載で部屋の形を認識したり、凹凸に敏感に反応してくれたりしますがユーフィーは逆。センサーで認識した壁を避けるのみで、厚めのカーペットも乗り越えるのであまり部屋をロボット掃除機のために変える必要がありませんでした。
この価格で十分な機能だと思います。資金に余裕があって部屋が広く複雑な場合はルンバ、安価の物でシンプルな部屋であればユーフィーだと思います。わたしはオススメです

起動してから帰宅すると、カーペットの綿ゴミが散らばっており、ダストボックスが満杯に。どうやらカーペットの繊維をだいぶ削って吸い上げ、拾いきれなくなった綿ゴミが少々散らばっていました。ダストボックスを空にして、そのゴミも吸い上げたら、綺麗になりました。
そのくらいゴミを掻き取る力と吸引力があるということで、私は大満足しています。
部屋に敷いてあった毛足の長いラグ(4cmくらいある)は、さすがに車輪がうまく動けずに止まります。が、これは想定内なので、ラグやめて解決しました。引用元:Amazon

robovac11をカーペットで使ったレビューをまとめると以下のような感じです。

    • 滑り止めのないカーペットや小さい薄めのカーペットではめくり上げてしまう
    • 厚めのカーペットは乗り越える
    • 毛足の長いラグは車輪がうまく動かずにとまる

肯定的なレビューがすごく多い印象でした。

ぼくも毛足の長いラグをつかっていたのですが車輪がうまく動かずにラグの上で停止していることが何回かありました。
(robovac11のためにラグは撤去)

robovac11は推進力がかなり強いのでカーペットでは問題なく使っていけると思います。

robovac11でソファー下を掃除した時のレビュー

実家に住んでいる時はかなり広い家でルンバの一番いいクラスのものを買って使用していました。
1人暮らしをはじめ、ルンバを考えましたがそこまで大きな家でも無いのにルンバを買うのはちょっともったいないしな、、と思っていたらこのお掃除ロボを見つけました。
セールで安かったので早速購入し、使用してみました。
安いのにめっちゃいい!!感動!!
ベッド、ソファがあるのですが猫が入るので毎日掃除機かけるのが大変でしたがこれでもう楽に過ごせるようになりました。
迷ってる人がいるならぜひ使って欲しい!と思うほど感動しました。引用元:Amazon

共働きで乳幼児がいる家庭ですが、心から買って良かったと思える商品です。
なかなか掃除が行き届かないのに子供が入りたがる、ソファやテレビボードの下もきれいになるので、ストレスが減りました。
子供もくるくると動く掃除機が面白いらしく、話しかけたりして楽しんでいます。引用元:Amazon

お掃除路ロボットはルンバ2台につづき3台目です。
10年以上前のルンバは超高級品で高い、そのわりには結構故障とかしていました。
今回の価格がひかれこの商品を買いましたが、進化と価格低下には驚きです。
購入してから1週間弱、今のところ問題なく動いています。
ただ、今までの経験値から故障する前提ですが保証期間が長いので安心です。

追記
購入して半年、突然動かなくなって焦りましたが、本体にスウィッチがついて
おりそれがオフになっていただけでした。 保障も18カ月ですが壊れる様子もなさそうです。
次回モデルでお願いしたことは、ソファの下にも入れるようにもう2センチ薄くならないかなあ。。引用元:Amazon

厚みが78mmと薄いところがrovobac11のメリット!!

購入されている方もソファーの下に入って掃除してくれるのが便利といったレビューが多いですね。

でもローソファーだと下に入れないこともあるのでお持ちのソファーの高さを確認してから購入されると間違い無いです。

ちなみにぼくのソファーは78mmより低いので入れません(泣)

robovac11のフローリングで使った時のレビュー

夜に使用しても大丈夫な程度の静かなロボット掃除機です。
音量はドライヤーの機種にもよりますが弱〜中程度。
ダイソンで取りこぼした壁際やフローリングの継ぎ目のゴミを、ブラシで掻き出して回収してくれるので役立ってます。ベッド下、ソファ下はなどは完全に任せてます笑
スマホ連動タイプも増えてきていますが余計なアプリを入れたくないので付属のリモコンがあれば十分です。ロボット掃除機は壁やモノにぶつかったり回転する部品が多いせいか、故障率も高いようなので18ヶ月安心保証のAnker製オススメします。引用元:Amazon

フローリングで使っています。
戸建てで4人、一階で2日に一回使用していますがまぁほこりも髪の毛も砂もよく取れます。
玄関、廊下、トイレ、脱衣場はリモコンで操作して、リビングとダイニングとキッチンは自動で放置しています。
終わった後のゴミが捨てやすく、外してゴミ箱の上で開けてティッシュ1枚で払い落とすだけ。
ここ数年で一番買って良かった物です。引用元:Amazon

濃い色のラグの上は障害物や壁もしっかりと避けますが、白いフローリングは苦手のようでガンガン当たっていきます。ぶつかる時に大きい音が鳴る時もありますが、物が壊れるような強さではありません。(逆にrobovac が壊れないか心配ですが、お手頃な価格帯のものですし保証期間内動いてくれればと思っています)
走行能力は大したもので、大人の足も乗り上げようとしました。吸引力も他のレビューにもあるように、良く吸っていると思います。
初めに書いたようなこともありますが、そういうものだと思って使っているので、全体的には満足しています。引用元:Amazon

フローリングのレビューをまとめてみると以下のような意見がありました。

    • フローリングの継ぎ目のゴミをブラシで掻き出してくれる
    • 2日に一回の使用でほこりも髪の毛も砂もよく取れる
    • 白いフローリングは苦手なようでぶつかっていいく

こちらも全体的にいいレビューが多くフローリングは全く問題ない様子です。

ぼくの家は茶色のフローリングなので全く問題ないですが、白いフローリングは苦手とのレビューもあるので白いフローリングの場合は注意が必要かもしれません。

robovac11の運転音のレビュー

この価格で比較は、対ルンバとした方が良いと思えるほど。ちなみにルンバは持ってません。
騒音が静か。同シリーズ20よりかなり静か。ルンバは、youtubeだと五月蠅い。
動作:なめらかで加速減速衝突回避を使い分け、動作も単純に見えない。センサーAI?無駄な方向転換しない。引用元:Amazon

入して2ヶ月ほど使用した状態でのレビューです。

騒音で階下に迷惑を賭けず、家具や壁に強く衝突しないお掃除ロボットを探しているならこの機種はいい選択です。
細いスチール製や木製の家具の足でも見事に検知して減速してくれます。壁際を掃除する際はこつんと優しくぶつかってくれます。
移動が低速なので、扉の桟を渡る際も常識的な音しか立てません。
掃除の性能も十分で、普段ちゃんと掃除機をかけていたつもりでも、意外というほどの埃を集めてくれて驚いたほどです。引用元:Amazon

他の方のレビューにもある通り静音ではないと思います。
とは言っても別のルンバを使用したことがないので
比べようがないですが
TVのボリュームを3〜4つ以上あげないと聞こえなくなるくらいの騒音かと(TVの性能にもよるかもですが)私は少しうるさいかなと思うくらいです。
(下の階の人には聞こえてるのかな?)
購入して10日ほど経ちましたが慣れてくれば気にならないかと(基本的に家に居ない時にタイマーなどで動いていると思いますが)引用元:Amazon

 

音:
静音設計とうたっているが全然静音ではない。
通常時のファファーという音、段差を掃除するときのガガガという音、
狭いところでのギュギュゴゴゴという音、全てそれなりにうるさい。
ドライヤーよりうるさくはないかな?というレベル。引用元:Amazon

運転音についてのレビューをではあまりに気ならないといった意見が多かったです。

ただ、うるさいといった意見もあります。

    • TVのボリュームをあげないといけないのでうるさい
    • ドライヤーよりうるさくないかなといったレベル

ぼくは家にいるときにはrobovac11を運転させていないです。

テレビや音楽を流していないなら掃除機音が気になってしまうので、外出時に使うことが多いですね。

自分で掃除をしない分、音に意識が向きやすいのかもしれません。

とはいえタイマー設定をしたり、出かける前に自動運転にしておけば音は全く気になりませんし、レビューにもある通り他の部屋への騒音が響くこともないです。

ルンバと比較すると音は小さいようですが、気になる方は外出時に使ってみてはいかがでしょうか

robovac11の故障についてのレビュー

2017年11月頭のタイムセール時に購入しましたが、2018年1月中旬くらいに片方のブラシが動かなくなりました(動画参照)。それより以前からすごく早く掃除が終わるときがあったので、もしかするとその頃にはすでにブラシが異常だったのかもしれません。
故障の様子をビデオに撮ってサポートに連絡したところ、すぐに対応していただけました。簡単な確認をしても結局動かなかったため新品と交換となりました。非常に迅速に対応していただけて満足しております。18ヶ月保証をうたっているAnkerさん、さすがです。
通販での購入ですので故障の症状を説明・証明する資料を用意して連絡すると迅速に対応してもらえると思います。自分はメールで連絡しましたが、AnkerのWebから「返金または交換」で必要事項を入力するのが楽だと思います。引用元:Amazon

タイトルの通りです。毎日愛用していたのですが、保証期間が終わった直後に目に見て分かるくらい動きが鈍くなりました。6畳の掃除が終わるか終わらないかくらいで、バッテリー不足の動き(ステーションに戻ろうとする)をします。
恐らくバッテリー交換が必要な状態だと思うのですが、バッテリーの値段って17,000円くらいするのですね。
本体の価格と同じくらいなので、それなら本体ごと買い替えた方がマシだと思いました。
18ヶ月サポートがついていますが、当然ですが、1日でも過ぎたらサポート対象外になります。
そしてこれは保証が切れて知ったのですが、Ankerでは修理は受け付けていないのですね。
期間内に少しでも調子が悪いと思ったら、必ずサポートに連絡して交換してもらうことをおすすめします。
Anker製なのでバッテリーの耐久性だけは高いと思っていたのですが…非常に残念です。
これなら少々値段が高くてもiRobot製を買えば良かったなと思いました。引用元:Amazon

1年近く使ってのレビューです。
ロボット掃除機としての機能は必要充分だと感じます。価格を考えると大満足です。仕事から帰ると部屋が綺麗になっていることが当たり前になってしまい、もうこの製品がない生活は考えられません。2階用に追加で後継機の11Sも購入しました。
1年近く使った時点で故障が発生しました。掃除の機能には問題ないのですが、充電ポイントに自動で戻ってしばらく経った頃に回転ブラシの異常を示すエラー音が鳴るようになりました。回転ブラシ周りの清掃や再起動などを試してみましたが改善しません。
年末の休業期間に入っていましたが、一応ANKERのサポートに連絡を入れておきました。年明けに対応して頂ければと思っていたのですが、代替品を発送したとのメールが元日にあり、三が日明けには代替品が手元に届いていました。
ANKERのサポートが素晴らしいとは聞いていましたが、この対応には驚きです。引用元:Amazon

故障についてのレビューをまとめると以下のような意見がありました。

    • 故障の症状・説明を連絡をして新品交換してもらえた
    • 年末の休業期間に連絡したら三日には代替品が届いていた
    • 保証期間が終わった後の修理は有償対応

robovac11は18ヵ月の保証がついているため保証期間内の対応は迅速ですばらしいといった声が多いです。

 

ただ、当然ですが保証期間が終われば有償対応となるので、調子が悪いなと感じたら早めに連絡する方が良さそうです。

robovac11の価格について調べてみた

Eufy RoboVac11の価格をAmazon、楽天で調べてみました。

robovac11をAmazonで買うときの価格

Robovac11のamazonの価格は18,800円です。(2019/9/17時点)

現在は新品の取扱はなく中古での取扱になります。

改良版のRoboVac11sはカラーを2色から選べ、本体の厚さが6mmも薄くなっていて、17,800円(ホワイト)!!!

これから購入するなら間違いなくEufy RoboVac11Sがオススメです。

タイムセールでさらに安くなっている時もあるのでまずはAmazonで確認してみましょう

RoboVac11でいつもキレイな部屋をキープ
Amazon

robovac11を楽天で買うときの価格

楽天ではRoboVac11はすでに取扱がありませんでした。

後継機のRoboVac11Sは取扱があり最安値が送料無料で19,800円。

楽天ポイントをたくさん持っていてポイント決済するのであれば楽天での購入がいいですね。

RoboVac11でいつもキレイな部屋をキープ
楽天市場でみてみる

-家電

© 2020 GORI best