家電

ElectroluxのZB3113AKBの評価!オンライン限定販売掃除機の使い心地は最高

ノマドワークで主夫してるミツゴリラです!

家にずっといるとどうしても気になってしまうのが部屋の汚れ。そこで僕も感じたのが下記のような悩みです。

  • ワイヤレスの掃除機ってバッテリーの持ちどうなんだろう?
  • ZB3113AKBはネット限定販売だから実際使った人の声を聞きたいな
  • ZB3113AKBはぶっちゃけ買うに値するものだろうか?

ミツゴリラ
ミツゴリラ

そこで本記事では僕が実際にElectroluxのZB3113AKBを使用してみて感じたことを評価して解説していきます。

先に結論からいうと、ZB3113AKBを買って僕は大満足でして、以前使っていたコードタイプの紙パック式の掃除機と比べるとかなり使いやすく頻繁に掃除をするようになりました。

特に気に入っている点をあげると下記の点になります。

ミツゴリラ
ミツゴリラ
  • 吸引力が強くて吸いたいものは基本吸ってくれる
  • コードレスなので持ち運びしやすく部屋を移動しても気軽に掃除できて良い
  • 紙パックが不要になってランニングコストが削減できた
  • ハンドユニットクリーナーが使いやすい
  • 狭い空間や暗いところでも難なく使うことができる


とにかく購入してよかったというのは間違いない事実でして、金額的にも僕が購入した時で18,000円くらいだったのでかなりお買い得な商品でした!

現在は若干値下がりしてきていますが、新機種がさらに出てくると販売停止になる可能性もあるので費用対効果よく掃除機を買いたい方は早めの購入が良いですね。

それでは、ZB3113AKBを使って感じたことを詳しく解説していきます!

 

 

\Amazonなら満足できなければ返品もできる/

※当記事を書いた時点では在庫ありましたが、既に在庫切れになっていたらすみません。。

 

ZB3113AKBの評価|10項目を10段階で実体験を元に評価します

先にZB3113AKBを僕が使った感想を10段階評価で一覧にて紹介しつつ、後で詳しく解説していきます。

No評価項目評価点
バッテリーの持ちの満足さ7/10
吸引力の強さ10/10
掃除機の重さ8/10
ごみの捨てやすさ10/10
ハンドユニットクリーナーの使い勝手10/10
付属ノズル8/10
コードレスでの使いやすさ9/10
狭い隙間の使い心地10/10
暗い空間での掃除10/10
10音などその他の使い心地9/10

ZB3113AKBの評価(1)バッテリー

ZB3113AKBはフルに充電するのに4時間ほどかかりますが、目安としてバッテリーの持ちは下記の時間となっています。

・通常モード:45分
・最大モード:15分

基本的に通常モードだと若干吸引力が微妙というのがあり、ほぼ最大モードで使用するのでフル充電して20分くらい使えるという感じです。

我が家は1LDKで35㎡ほどなのですが、20分は程よいというか十分すぎるくらいですね。家が広くて50㎡とかある場合は1回の充電では追い付かない可能性がありますが、普通に1LDKとか2Kレベルまでであれば充分なバッテリーの持ちといえます。

バッテリーはリチウムイオン電池なのでもちろんバッテリーとして寿命はあります。僕は購入して半年ほどなのでまだ全く問題ないのですが、2年ほど経ったらリチウム電池もヘタって来るので交換する必要が出てきます。

替えのバッテリーはハンドクリーナーごと買い替える必要がありまして、下記から注文することができます。

 

ZB3113AKBのバッテリー交換方法

ちなみにZB3113AKBのバッテリーを交換するのはとても簡単でして、ハンドユニットを取り外して新しいのと交換するだけです。

ハンドユニットにバッテリーがついている恩恵というわけですが、手間なくバッテリー交換できるのは良いですよね。逆にいうとバッテリーを交換するためにはハンドユニットを交換する必要があります。

バッテリーのみの交換ができないというデメリットはありますが、個人的には下記の観点でハンドユニットごとバッテリーを交換できるのは利点があると感じています。

・バッテリーの液漏れの心配をする必要がない
・一番汚れやすいゴミが溜まる部分ごと交換することができる
・1万円かからないくらいで掃除機の中心部分を交換できる

少し偏見があるかもなので、あなたが実際どう思うかはあなた次第ですね!

ZB3113AKBの評価(2)吸引力の強さ

以前はPanasonicのコード有りの掃除機を使ってたのですが、ZB3113AKBは抜群に吸引力が強いですね。

ZB3113AKBを購入するにあたって、家電屋さんでダイソンをはじめとする有名なメーカーの掃除機をいくつか試してみたのですが、正直なところ最近の掃除機であれば吸引力はそんなに変わりないと思います。

実際に僕が使ってみたのは下記の箇所になりますが、特に問題なく使用できたというか、普通に満足いく吸引力でした。

・フローリング
・カーペット
・い草ラグ
・ベッド
・座椅子

ZB3113AKBの強さは通常モードと最大モードの二段階ありますが、上記でも軽く触れている通り、大体うちでは最大で使用しています。

見えるごみはすぐに吸い取ってくれますし、ストレスは一切ありません。

ZB3113AKBの評価(3)掃除機の重さ

ZB3113AKBの容量は3.3kgです。僕が以前使っていた掃除機はコード付きの掃除機で3.4kgだったので同じくらいの重量になりますが、転がすのと押すのでは重さの感覚は違いますね。

ZB3113AKBは押すタイプなので正直引くタイプとはかなり重さの感じ方が違います。掃除機によっては持ち手の近くが重くなっているものがありますが、ZB3113AKBは重心が下の方にあって扱いやすくなっており、女性でも手軽に使いこなせます。

公式HPや通販サイトでも書かれているところだと体感500グラムとありますが、僕の感覚でいうと700グラムくらいですかね。あまり変わらんという話ですが、結局のところ3.3kgという重さを感じないくらいの重さなので男性や女性問わず、ある程度の子供でも普通に使いこなせますね。

ZB3113AKBの評価(4)ごみの捨てやすさ

もともとの掃除機が紙パック式だったので結構交換するのが面倒と感じていたのですが、ZB3113AKBに買い替えたことでそのわずらわしさは半減しました。

ごみを捨てる流れとしては下記の3ステップになります。

①ハンドユニットからごみが入ってる部分を取り外す
②ごみの入ってる部分のふたの部分を取る
③ごみを捨てる&ついているごみを箒などで掃う

紙パック式とさほど変わらないと思われるかもしれませんが、紙パック式だと何しろ紙パックを購入→しまっておく→必要な時に取り出すという手間があったので、その手間がなくなったのが僕にとっては大きいです。

手間が軽減されるのと紙パックで毎回かかるお金の削減、必要な時に紙パックが切れているリスクを考えたら紙パックなしのサイクロン式は効率的かつ経済的でいいですよね。

ZB3113AKBの評価(5)ハンドユニットの使い勝手

ZB3113AKBというか、Electrolux(エレクトロラックス)の強みの一つといえるのが2WAYで使えるところですね。

普通に掃除機をかけるモードもあればハンドユニットのみでクリーナーとして使うこともできます。

普通の掃除機(スティッククリーナー)として使うと高いところの掃除であったり本当に狭いところであったりの掃除は難しいです。

ただハンドユニットのみであれば痒い所に手が届くといいますか、狭いところであってもしっかり掃除することができます。基本的には付属ノズルや布団ノズルを接続して使うことが多いですが、ハンドユニットのみで手軽に掃除ができるのはかなり助かっていますね。

ZB3113AKBの評価(6)付属ノズル

ハンドユニットで掃除するとき、窓枠などを掃除する際に活躍するのが付属ノズルですね。

あえて書く必要がない気もするのですが、掃除機を使う際に狭くて掃除しづらい部分ありますよね。我が家の場合ですと付属ノズルは下記のような箇所で力を発揮してくれます。

・窓枠を掃除するとき
・扉のレールを掃除するとき
・本棚の奥の方を掃除するとき

上記も一例なので結構色々なところで活躍してくれますね。

ZB3113AKBの評価(7)コードレスでの使いやすさ

上記でも書いている通り、僕はもともとコード付きの普通の掃除機を使っていたところからZB3113AKBに買い替えました。

コードだとコードが届く範囲しか掃除できませんし、場所を移動する度にコードを刺し直してというのをやってたので結構手間と感じていました。コードレスだともちろんその手間がなくなり掃除の手間が一個減った感覚ですね。

あと利点として感じるところとしては、コードレスというと充電しておく必要がありますが、部屋の隅でコンパクトにいてくれるのでインテリアとしても見栄えが良くそれほど場所を取らないのが良いです。

ZB3113AKBの評価(8)狭い隙間の使い心地

ハンディユニットで狭いところの掃除はしやすいと書いたのですが、テーブルの下やベッドの下などの狭い空間の場合は普通にスティッククリーナーで掃除することができます。

吸引する部分と持つ部分が180度動くので狭い隙間でも難なく掃除をすることができます。

掃除機の厚さがあるので若干の余裕は必要ですが、10cmほどの隙間であればしっかりと掃除できますね。

ZB3113AKBの評価(9)暗い空間での掃除

ZB3113AKBに限らずElectroluxのエルゴラビード全般的に言えることはLEDライトがついているので暗いところの掃除もなんのその!

暗いところでなくともゴミをしっかり察知できるので掃除のし残しが起きづらいですね。普通に掃除してても結構吸い忘れたゴミがあることがあって萎えるのですが、ZB3113AKBに変えてからはLEDライトのお陰もあってか吸い残しをほとんどしなくなりました。

椅子の下やテーブルの下などは暗くて掃除するのに大変だったりしますが、ライトでしっかりゴミを照らしてくれたら掃除しやすくなると思いませんか?

ZB3113AKBの評価(10)音などその他の使い心地

ZB3113AKBのその他の使い心地として、まず音ですがそれほど気になりません。

もちろん深夜に使うと階下の方に迷惑になってしまうと思いますが、テレビを見ながら掃除することもできます。テレビがいつも使ってる音量だとさすがにちょっと聞きづらいところがありますが、少し音量上げれば聞けるので掃除機の音としてはそんなに気にならないレベルかなと思います。

あとZB3113AKBを買おうと最終的に決め手となった部分がブラシロールクリーン機能です。

これが何なのかというと、掃除機を使っていると吸い込み口のところに髪の毛などが絡まったりすることあって煩わしいと感じたことないでしょうか?触るのも嫌だし放置してどんどん溜まってきちゃうなんてことも経験ある方いるかと思います。

そんな時に下記画像の踏んでる部分を5秒ほど踏むことで絡まった髪の毛などのゴミを切ってくれます。そしてそのまま吸い込んでくれるのでブラシロールが綺麗な状態で使えるわけです。

前の掃除機にこんな機能はついていなかったので、この機能を知った時に妻と一緒に驚愕して、購入するスペックの一つの条件としてブラシロールクリーン機能がついていることが入ったわけです。

ブラシロールクリーン機能がついてないとなるとブラシロールに絡まったゴミをハサミで切ったり手で取ったりという手間がありましたが、足でPRESSの部分を踏むだけで解消されるのは本当にありがたい限りですね。

ZB3113AKBの口コミまとめ

僕の感想による評価だけだと偏りがあると思うので他の口コミも集めてみましたのでまとめて紹介していきます。

総じて言えることはZB3113AKBの評価は下記ですね。

✓ZB3113AKBの良い口コミ
・吸引力が強くてなんでも吸い込んでくれる
・2万円しない金額でクオリティが高すぎる
・コードレスだから部屋だけでなく車など色々なところで活躍してくれる
・自宅用だけでなくプレゼント用として購入するのにも良い
・バッテリー残量をチェックできるのが便利で良い
・女性でも使いこなせる重さ
・エレクトロニクスの掃除機は使いやすくて満足してる

✓ZB3113AKBの悪い口コミ
・バッテリーの持ちがちょっと悪いのが気になる
・ダイソンに比べるとごみ捨てが面倒

ZB3113AKBのレビュー(1)40代男性

吸引力やバッテリーの持ちが4万円以上するような掃除機におとらずなので価格が安い割に満足しています。
少し重たさを感じますが許容できる範囲の重さで、妻も問題なく使用できています。2万円しない価格でこれだけのクオリティというのは費用対効果よく良い買い物になりました。(引用元:楽天市場

ZB3113AKBのレビュー(2)40代女性

以前はダイソンの掃除機を使っていましたが、吸引力はダイソンに比べれば劣るものの満足のいく吸引力になっています。
強モードで使用すると充電が途中で切れてしまうので調節しながら使っていますが、それ以外に関しては満足しています。(引用元:楽天市場

ZB3113AKBのレビュー(3)50代男性

エレクトロラックスの掃除機が使いやすくてリピートしています。
ZB3113AKBは使いやすくて満足しているので、一人暮らしを始めた子供にもプレゼントしました。(引用元:楽天市場

ZB3113AKBのレビュー(4)30代女性

コードレスなのが便利で部屋だけでなく、車などちょっと気になる部分の掃除をするにも快適に使用することができます。
バッテリーの残量もメモリで把握することができるので、残量を確認しながらうまく調節して使っています。(引用元:楽天市場

ZB3113AKBのレビュー(5)30代男性

ダイソンに比べると若干ごみ捨てが面倒ですが吸引力であったり重さであったりは気に入っています。
会社の事務所用に購入しましたが、コードレスで手軽に仕様できるためしばらく使っていこうと思います。(引用元:楽天市場

 

ZB3113AKBの価格で一番安いのは楽天市場

ZB3113AKBは実店舗での販売はありませんが、複数のオンラインショップで販売されています。

最安値は圧倒的に楽天市場ですが、オンラインショップ限定の商品で数量も限られるので早めの購入がよさそうです。

オンラインショップ価格2019/8/5時点残数
楽天市場17,820円1177点
Amazon19,495円2点
Yahooショッピング19,800円
ヤマダモール22,300円1点
ヨドバシ.com28,940円販売終了
価格.com掲載なし掲載なし

ZB3113AKBの価格|定価は47,300円

ZB3113AKBは現在楽天市場が最安値で17,820円で販売されていますが、定価は47,300円なので約63%OFFで販売されていることになります。

Electroluxに限らず掃除機など家電商品は傾向として、メーカー希望価格で販売開始して時が経つとともに新商品が出る毎に価格が安くなっていき、在庫がなくなると急に販売が終了してしまうという流れがあります。

上記の価格一覧で見たように楽天以外はほとんど在庫がない状態になっています。楽天ユーザーは全国に数えきれないほどいますのでいつ売り切れになってもおかしくないです。

ZB3113AKBの価格|同メーカーのほかの商品と比較

掃除機といえばダイソンのイメージが強く、ダイソンの掃除機と比べるとZB3113AKBの現在の価格は安いと思った方も多いのではないでしょうか?

上記でも触れた通り、Electroluxとしてのメーカー小売価格はもともと47,000円でダイソンの掃除機ほどではないもののそれなりの価格がします。Electroluxの相場価格がいくらなのか、ZB3113AKBの最安値の楽天市場で比較してみてみましょう!

商品価格発売日
ZB3113AKB17,820円2016/10/17
ZB3414AK45,230円2019/05/15
ZB3425BL57,110円2019/05/14
ZB3323PL46,310円2019/05/14
ZB3114AKS24,800円2017/10/03
ZB3234BA32,184円2017/03/05
ZB3233BA32,184円2017/03/05
ZB3114AKB19,800円2016/10/17
ZB3105AK16,800円2016/08/26

現在販売しているものをすべて掲載してみましたが、発売日が少し前ということもあって最近発売されたものと比べるとかなり安く買うことができますね。

 

 

ZB3113AKBの仕様

ここまでで実際に使った経験を元に評価レビューや価格について書いてきましたが、ZB3113AKBを購入しようと検討中の方向けに改めてZB3113AKBの仕様について紹介していきます。

製品名エルゴラビード・リチウム
型番ZB3113AKB
電池リチウムイオン電池(18V)
ADアダプタ入力100V(50/60Hz)
出力25V 500mA
充電時間約4時間
運転時間通常モード約45分
最大モード約15分
本体寸法ハンドユニット117×120×450mm
フロアユニット263×150×1070mm
充電ステーションセット時
(アダプタ除く)
278×218×1110mm
質量ハンドユニット1.2kg
フロアユニット+ハンドユニット2.6kg

ZB3113AKBの色は2色

まずZB3113AKBの色は2色、「タングステン」と「ローズゴールド」です。

製品としては2色あり、Amazonでも2色ともに取扱いがあるのですが、楽天に限っていうとローズゴールドの取扱いがなくタングステンのみとなっています。

僕はAmazonで購入したのでどちらも選べたのですが、部屋に合う色ということでタングステンの方を選びました。ローズゴールドは好みが分かれそうな色ですが、どうしてもローズゴールドが良いという方はAmazonで購入するようにしましょう。

ZB3113AKBの付属品

ZB3113AKBの付属品は標準装備の掃除機本体+ハンディユニット+充電ステーションに加えて、付属ノズルと布団ノズルの2点がついています。

上の写真の左が付属ノズル、右が布団ノズルです。

付属ノズルについては掃除機にお馴染みな付属品なので説明不要だと思いますので布団ノズルについて解説していきます。

ZB3113AKB付属の布団ノズル

ZB3113AKB付属の布団ノズルは単体で買うと楽天で5,000円します。ぶっちゃけ僕は高いと思ってしまったのですが、それだけ手をかけて作っている付属品ということになります。

実際に布団で使ってみたのですが、タイヤがついているので布団の上で転がりやすく滑らかに進むので使い心地が良いですね。

布団ノズルを使わずに普通に掃除すればいいと考える方もいるかもしれませんが、清潔感のある方にとっては布団の上はきれいに保ちたいから床を転がした掃除機を布団の上で使いたくない方もいるはず。実際僕の妻も布団の上は常に清潔に保ちたいと言ってるので細心の注意を払わせてもらっています(笑)

同じように布団の上を清潔に保っておきたいという方は布団ノズルを使うことで布団専用で使用できるので理想の形と言えるのではないでしょうか?

ZB3113AKBの発売日

上記で見た通り、ZB3113AKBの発売日は2016/10/17です。

現在販売されているElectroluxの掃除機を新しい順に並べると下記のようになっており、ZB3113AKBは結構古い方と言えますね。

商品発売日
ZB3414AK2019/05/15
ZB3425BL2019/05/14
ZB3323PL2019/05/14
ZB3114AKS2017/10/03
ZB3234BA2017/03/05
ZB3233BA2017/03/05
ZB3114AKB2016/10/17
ZB3113AKB2016/10/17
ZB3105AK2016/08/26

発売日が新しい方が機能的に優れている部分が多いですが、具体的にどの面で優れているのかZB3113AKBとZB3414AKで比較してみましょう。

ZB3113AKBと2019/8時点で最新のZB3414AKを比較

商品ZB3113AKBZB3414AK
寸法28×18×110mm27x22.2x110mm
保証期間1年間1年間
本体重量(kg)3.33.3
充電時間4時間4時間
連続使用時間通常モードで約45分、最大モードで約16分通常モードで約48分、最大モードで約16分
ブラシロールクリーン機能
隙間ノズル
ブラシノズル
布団ノズル
布用ノズル×
ロング隙間ノズル×
ノズル収納袋×

機能的なところだけで見ると正直新しいタイプとZB3113AKBでさほど違いはありませんね。

違いがあるとしたら付属品の充実具合が新しい方が優れているというところですね。それ以外の基本的なElectroluxのエルゴラピードとしてベーシックな機能としてここまで解説してきたところは同じです。

新しい方が吸引力の強さなど優れている部分があるとは思いますが、正直最近の掃除機は性能が良いのでさほど気にする必要ないでしょう!

ZB3113AKBの取扱説明書

ZB3113AKBの取扱説明書はオンラインでも見ることができますが、付属として取扱説明書がついています。

17ページという短くコンパクトにまとめられた説明書で必要な情報は基本的に全部そろっています。目次だけ書いておくと下記のようなことが説明書に書かれています。

・各部の名称
・開梱と組み立て(本体、充電ステーション)
・充電について
・お掃除
-スティッククリーナーでのお掃除
-ハンディクリーナーでのお掃除
-付属ノズルを使ってのお掃除
・ゴミ捨てについて
・お手入れ
-ダストカップとフィルターのお手入れ
-ブラシロールクリーン機能によるブラシロールのお手入れ
-ブラシロールのお手入れ
-ホースと車輪のお手入れ
-ノズルのお手入れ
・充電池について/廃棄について
・故障かな?と思ったら
・仕様
・アフターサービス
-保障について
-修理・点検のご依頼について
-保障用性能部品について
-点検事項について
-お問い合わせ
・無料修理規定

オンライン版は公式サイトで見ることができますが、登録など色々面倒そうでトリセツというサイトなら手軽にダウンロードできるのでなくしてしまったという方はこちらからダウンロードできますね。

まとめ

本記事に長々とお付き合いいただきありがとうございます!

ZB3113AKBについての評価をまとめると、下記の機能が特に優秀であることが買ってよかったと感じる要素です。

・吸引力が強い
・掃除機が手軽に使いこなせる重さ
・ゴミが捨てやすい
・ハンドユニットが付属ノズル・布団ノズルと共に万能に使える
・コードレスが何しろ使いやすい
・狭い空間や暗い空間でもしっかりゴミを吸収できる
・ブラシロールクリーン機能が便利

エルゴラビードの最新機種は色々出ていてちょっと迷う感じはあったのですが、ZB3113AKBを購入する前に実店舗に行って店員さんに使い勝手を聞いたところそれほど新旧で変わりがないということで金額的にも安いZB3113AKBを購入するに至りました。

個人的な満足度としては、申し分がないの一言で購入してよかったと心底感じています!もともと掃除が好きではないのでそこまでやらないのですが、それでも以前よりも掃除するようになったので部屋の清潔感としても購入してよかったです(笑)

最新版を購入すると5万前後かかってしまうところZB3113AKBは1万7千円と約1/3の価格で購入することができるので買わない手はありませんね。

 

※2019/8/7時点ではまだ在庫がありましたが、もし在庫がなくなってしまっていたら申し訳ありません。

-家電
-,

© 2020 GORI best