QC-CW90

アウトドア

qc-cw90を紹介!クイックキャンプのワゴンでアウトドアが快適になる!

「いろんなワゴンを見ているけど、qc-cw90ってどんな特徴がある?」

「qc-cw90の使い心地はよい?」

「タイヤが大きいみたいだけど、本当に便利?」

「引いたとき足に当たらない?」

「どれくらいの荷物が積める?」

 

数あるアウトドアワゴン。
パッと見ると色しか変わらないように見えるワゴン。

いろんなメーカーからでてて迷いますよね。

 

私も、アウトドアワゴンを選ぶ時に、すごく悩みました。
細かいところまで調べた結果、クイックキャンプのワゴン(qc-cw90)に決めました!

[クイックキャンプ] ワイドホイール アウトドアワゴン カーキ QC-CW90
クイックキャンプ

今回は、我が家で愛用中のqc-cw90について紹介していきます。

 

マイゴリラ
マイゴリラ
広い公園に遊びに行ったときの写真も載せているので、イメージしやすいんじゃないかなと。

持って行った荷物の写真もあるので参考にどうぞ。

 

それでは、紹介をはじめます!

アウトドアで役立つキャリーワゴン(qc-cw90)

アウトドアグッズの中で侮れないのがキャリーワゴン。
アウトドア好きの間では、持ってるのが当たり前のようなアイテムです。

 

我が家にもクイックキャンプのqc-cw90がありますが、本当に便利に使っています。
アウトドアではもちろん、ちょっと大きな公園に行くときにも大活躍です。

 

本格的なアウトドアに限らず、持っておいて損はない商品。

 

まずはqc-cw90の特徴から紹介していきます。

qc-cw90の商品特徴

qc-cw90の特徴は次の5つ

メモ

  1. 荷物がたくさん積める
  2. コンパクトにたためる
  3. カバーが取り外しできる
  4. 替えカバーが4色から選べる
  5. 広げると大きい

それぞれ紹介しますね。

1.荷物がたくさん積める

qc-cw90の容量は120L。

・・・

・・

と言われてもどれくらい積めるかわからないですよね。

 

ということで、子どもを連れて公園にいった時に積んだものを広げます。

  • 簡易テント
  • レジャーシート
  • サッカーボール
  • 折りたたみテーブル
  • リュック
  • 上着
  • ひざ掛け
  • お弁当

これだけ載せてもまだ余裕があるくらいです。

 

qc-cw90を買う前は、テーブルやレジャーシートを手で持っていたんですよね。
加えて、子どもの抱っこ攻撃があり、車降りてから腰据えるまでで一苦労でした。

 

抱っこを交代するのも大変で、「ちょっと歩いてー」という始末。

マイゴリラ
マイゴリラ
息子よ、ごめんね

さらに、遊び道具も持てなくて、不便な思いをしていました。

 

それが、qc-cw90を買ってからはびっくりするほど楽になった。

抱っこをせがまれても、笑顔でいいよと言える。子どもの遊び道具も持ち運べる!

 

さらに、qc-cw90があるおかげで、荷物置きにも困りません。

子どもが脱いだ上着も使わないサッカーボールも、とりあえずqc-cw90にポイポイ入れておけばOK。

 

ほんとうに便利です。もうqc-cw90なしでは、大きな公園にいけないほどになりましたね。

2.コンパクトにたためる

たくさんの物が積めるqc-cw90ですが、小さく折りたためます!

 

なので、収納場所を必要としません。

 

そしておりたたんだままでも自立します。
壁に寄りかからせなくても大丈夫。

 

我が家では物置で保管しています。

 

折りたたんだ状態でカバーがかかっていても、引けるのがqc-cw90のいいところ!
物置から出すときも持ち上げなくて大丈夫です。

 

カバーについてる取っ手を持って引くだけで、折りたたんだまま運べます。

 

そして、車に載せる時も場所を取りません。他に持っていくものを載せても余裕があります。

 

折りたたんだ状態で載せるとこんな感じ。

 

荷台の高さがあるので、さすがに広げて荷物を載せた状態で車に入れるのはキビシイ。

 

なので、qc-cw90は折りたたんで持っていき、現地の駐車場で広げて荷物を載せる使い方がベストですね。

3.カバーが取り外しできる

qc-cw90を買う決め手となったと言ってもおかしくない特徴が「カバーが取り外しできる」こと。

 

アウトドアで使うものなので、汚れたときにキレイにしやすいものがよかったんですよね。

 

qc-cw90はアウトドアワゴンでは珍しく、カバーを取り外すことができます。

 

しかも、とってもかんたん!
テープをペリッと剥がして、スポッと抜くだけ。

 

かんたんに取り外せるから、どんな場所が汚れてもキレイにしやすい。

 

もし、カバーが外れなくて底が汚れたら、ワゴンをひっくり返して掃除しなくちゃいけない。

 

けれど、取り外せるおかげて、ワゴンをひっくり返さなくても汚れを落とすことができるんです。

 

カバーが取り外せるqc-cw90ならでは。
使ってみてよかったなと思うポイントです。

4.替えカバーが4色から選べる

どんなに汚れを落としても、外で使う以上、新品同様のままにならないですよね。
落ちない汚れがシミになったり。

 

前途したように、qc-cw90はカバーが取り外せます。

そして、カバーだけ販売されているんです。

 

つまり、カバーが替えられるということ!

 

カバーの汚れだけで、全てを買いなおすなんて少しもったいないですよね。
カバーだけ替えられるらなお財布にもやさしい。

 

替えカバーの色は4色あります。
グレー、カーキ、黒、サンド(ベージュ)。

 

汚れた時に替えるのはもちろん、洋服のように気分に合わせて替えるのもおもしろいですよね。

 

5.広げると大きい

5つめの特徴は、広げたときのサイズ。

 

縦横どれくらいのサイズかっていうのは公式サイトに載っているので、ここでは我が家にあるものと比べてみたいと思います。

 

まずは65センチの傘と比べてみる。

 

次は大人用自転車と比べる。

 

ワゴン車と比べる。

 

こんなサイズ感です。思っている以上に大きく感じます。

外で使っている分には大丈夫ですが、収納すると少し圧迫感を感じるかもしれません。

qc-cw90を実際使ったレビュー

qc-cw90を持って、県内の大きな公園に行ってきた!

そこで実際に荷物を運んでみて感じたことは次の5つ。

実際に使ったレビュー

  • 子どもは大喜び
  • 女性1人でも楽々運べる
  • 小回りはきかない
  • 取っ手が長く、足にあたらない
  • 斜めの場所に置くときは石を使うと便利

それぞれ詳しく解説するよ!

子どもは大喜び

大喜びどころじゃなくて、もう大興奮です。

 

3歳の自分でやりたい期とぴったり合致したようで、「ぼくが!!」の連続。

こうなってくると、やるまで絶対意思を曲げないわが子。

 

車が入ってこない公園の中だったので、周りに注意しながらやらせてあげることにしました。

 

そしたらなんと、かるがると引いていました!

しかも、荷物を載せたままです。

 

片手で大人顔負けのしぐさでした(笑)

 

タイルや飾り石でデコボコした道も、子どもだけで引けてました。

これも大きなタイヤのおかげですね。

 

子どもは自分でできて大満足だったようで、終始笑顔でした。

 

この手のワゴンでよく見るのは子どもを乗せる方法ですよね。

 

もちろんわが子も乗りましたよ~。

短時間だけだったこと、座らせて利用したので底板が割れるということはありませんでした。

 

結果的にわが子の場合、乗るよりも引くほうが楽しかったようです。

乗るといったのはたった1回だけでした。

 

あとはずーっと、引いて楽しんでいました。

 

女性1人でも楽々運べる

qc-cw90は見た目のゴツさからは想像できないほど軽いんです。

なので、荷物を乗せた状態でも、女性ひとりで運べます

 

もちろん、片手で引ける!

 

引きやすさを例えるなら、ショッピングモールにある車型のカートと同じ!

もしかしたら、車型カートよりもハンドル操作がスムーズ。

 

そしてタイヤが4つなので、すごく安定しています。本当に楽々です

 

なので、左手で子どもと手をつなぎ、右手でqc-cw90を引くといった使い方ができちゃうんですね。

 

うん、便利!!

公園に行くときは必須のツールになりました。

小回りはきかない

すごく軽々と操作できるqc-cw90なんですが、小回りが苦手です。

 

例えるなら、車のワンボックスカーです。

ワンボックスカーは、気持ち大回りする感じでいないと、側面をこすったり縁石に乗り上げます。

 

ワンボックスカーと同じで、qc-cw90も前後の長さがあるので、曲がるときに気を付けないと縁石にぶつかります。

感覚掴むまで、縁石にぶつかって進まないなんてことになりました(笑)

 

そして、気を付けてほしいのは無理やり動かそうとしないこと!

ケガします。冗談抜きで。

 

私は自分のくるぶしにぶつけて、痛い思いをしました。

さいわい、一瞬悶絶するだけで済みました。

でも、できることならあなたにこんな思いはしてほしくない!

 

なので、曲がるときは気持ち大回りしてください。

 

取っ手が長く、足にあたらない

アウトドアワゴンは取っ手の長さも意外と重要です。

 

短いと、タイヤまでの距離が短くなって、勢いのあまり足にあたることがあるんですね。

 

最初使い始めた時に取っ手を短くして使ったことがありました。
案の定足にぶつけて。。。

しかもくるぶしで、悶絶するほど痛かったことを覚えてます。

 

幸いかすり傷くらいで済みましたが、ぶつけて以来、取っ手は長くして使ってます。

 

qc-cw90は、取っ手が長いので足にあたる心配はありません。

 

154cmの私が引くと、距離が空きすぎるほどです。
170cmの旦那さんがひくと、ピッタリな距離感になります。

 

斜めの場所に置くときは石を使うと便利

アウトドアワゴンを使うところで、まっ平らな場所って少ないですよね。

 

よっぽど整備された場所じゃない限り、大小はあるけれど、斜めになっていることが多いです。

 

荷物を運び終わってくつろぐときが大変です。

 

qc-cw90にはストッパーとなるものがついてないので、斜めの場所に止めると転がっていきます。
レジャーシートを広げてる間に、コロコロと走り出したら怖いですよね。

 

「この辺にレジャーシート広げよう」と手を離した瞬間に走り出して、ヒヤッとしたことがあります。

 

この時は、近くにあった石をストッパー代わりに使いました。

石のおかげで、傾斜がある場所でも止められましたよ。

 

小さな石でも大丈夫!

 

その場で石を調達するのはちょっとということであれば、車止めみたいなものを準備しておくと便利に使えますよ。

 

我が家は今のところその場で石を調達する方法で間に合っています。

 

続いて、ネットでのレビューを紹介します。

ネットのレビューを紹介

30代 男性
★★★★★

機能性、デザインともに素晴らしい!

タイヤが大きいため、砂地や芝生でもスムーズで展開などの操作性も良かったです。以前コールマンを使っていましたがこちらの方が圧倒的にいいです。デザインや色も気に入っています。デメリットとしてタイヤストッパーが無いことが挙げられていますが、以前のコールマンでは使った事がありません。

楽天市場

マイゴリラ
マイゴリラ
コールマンよりqc-cw90の方が圧倒的によい!

操作性も良くて気に入っているようです。

30代 男性
★★★★★

コールマンだと周りと被るのでこちらのサンドを購入。
タイヤも大きくガシガシ使っていけるので
色々な場所に持って行ってます。

楽天市場

マイゴリラ
マイゴリラ
そうそう、コールマンは有名だから持っている人が多いんですよね~

被りたくないって方はqc-cw90がよさそうです。

 

40代 男性
★★★★★

河原でバーベキューするときに使いました。
タイヤが大きいので荒れた道でも楽に進みます。
広げるのも畳むのも楽です。使いやすいです。
10kgくらいあるので重いですが、ほぼ車に積みっぱなしなので
車の積み下ろしのときだけなので特に気になりません。
デザインも◎。

楽天市場

マイゴリラ
マイゴリラ
広げるのもたたむのも楽で使いやすいとのこと。

 

男性
★★★★☆

タイヤ大きい&丈夫な造りで◎

購入後、1年以上使用していますが、良いです。まず、同類のほかメーカーのキャリーワゴンに比べ、タイヤ径がより大きいので、走破性はより良いと思います。多少大きな石ころや木の根があるようなフィールドでもガンガン走るので、ストレスが無くて良いです。キャンプサイトでは、他のファミリーが使っている一般的なワゴンに比べ、タイヤが大きいおかげで見た目もしっかりして見えるので、個人的には所有満足的にも高評価です。ほかの方のレビューにある使用中のタイヤ音も、私は気になりませんでした。また「重い」とか「大きい」といった理由で低評価にしている方がいますが、ちゃんと商品説明に収納サイズもタイヤ径も重量も記載してあるので、それを理由に低評価にするのはどうかと思います。個人的にはそれほど良い商品です。

Amazon

マイゴリラ
マイゴリラ
ストレスなく使えるのが一番ですよね。

他の人とも被らなくて満足度が高い!

 

タイヤの大きさはqc-cw90ならではですよね。レビューからも、砂利や芝生でストレスなく使えている様子がわかります。

 

また、意外に多かったのが、キャンプ場や広場で他の人と被らなくていいというもの。
たしかに有名メーカーのものは多く見かけます。

 

被りたくないという方にはqc-cw90がピッタリですね。

 

ここまで、我が家とネットのレビューを紹介してきました。
いいなと思った方もいるはず!

けれど安くはない商品。保証とか気になりますよね。

 

ということで続いては保証について紹介します。

qc-cw90は保証がついている

1万円近くする商品。

できることなら失敗したくないですよね。

 

また、場合によっては初期不良にあたることも。。。。

 

でもqc-cw90なら、製品保証がついています。

それも、なんと180日!!

およそ、半年ですよ!!!!!!

 

長くて嬉しい!

不具合があった場合、無償で修理もしくはパーツ交換の対応があります。

 

実際の対応にも満足度がたかかった様子が伺えます。

第1印象はタイヤでかっ!
でもそれがカッコイイと感じました。

さっそく動かすと前輪に異音…残念な気持ちになり、問い合わせしました。
しかし対応の速さに信頼度回復!さらに再発送も早く、新しくきた物に不満なし!

早く子供と公園に行きたいです!

楽天市場

使ってみないとわからないことってありますよね。

qc-cw90なら180日の保証がついているので安心して使えますよ

[クイックキャンプ] ワイドホイール アウトドアワゴン カーキ QC-CW90
クイックキャンプ

ここからはより便利に使うための品々を紹介していきます。

qc-cw90はテーブルのセットがあるとさらに便利

qc-cw90は、アウトドアワゴンでは珍しい、専用のテーブルが別売りされてます。

 

専用なので、ワゴンにピッタリとはまる!
それだけでなく、3つ折りもできる。

折りたためるので、持ち運びも楽です。

 

別売りのテーブルがあると、より便利な使い方ができるようになるんです!

 

たとえば、ワゴンの上に設置して、ローテーブルとして使う。

 

レジャーシートを敷いていても、お尻がひんやり感じる時ってありますよね。

 

リクライニングできるような低いイスと、テーブルを設置したqc-cw90をセットで使うと、お尻のひんやりを気にせずアウトドアを楽しめます。

 

そして、テーブルは高さを変えることもできます!

 

なので、BBQの下ごしらえ用の作業台として使ったり、食事用のテーブルとして使うこともできる。

 

専用のテーブルがあるだけで、qc-cw90の使い方が増えます。

 

qc-cw90を検討していて、テーブルを持っていない方なら、一緒に買うと便利に使えますよ!

 

我が家にはqc-cw90と関係ない折りたたみテーブルがありますが、小さくて不便なんです。
持っているテーブルの長さは、qc-cw90のテーブルの2/3ほど。

 

大人2人と子ども1人でピクニックや花火で使うんですが、ご飯類が乗り切らないんですよね。。。。

いつも、落とさないかヒヤヒヤしながら使ってます。
そして飲み物はレジャーシートの上(笑)

 

小さくて、qc-cw90のテーブルを買おうか迷ってるほどです。

 

なので、もしテーブルを持っていないなら、qc-cw90と一緒に専用テーブルを買うと良いですよ!!

qc-cw90のその他のオプション

qc-cw90にはテーブルの他にも、オプションがあります。

  • 替えカバー
  • レインカバー
  • タイヤ

それぞれ紹介しますね。

qc-cw90替えカバー

替えのカバーが4色あります。
色は、グレー、カーキ、黒、サンド(ベージュ)。

 

汚れたり穴があいても、全てを買い替える必要がありません。
経済的!

 

アウトドアワゴンで替えカバーがあるのはすごく珍しい。

汚れた時だけじゃなく、模様替えするように別の色にしても楽しいですよね。

 

レインカバー

2つめのオプションはレインカバー。

荷物を載せた上からすっぽりかぶせるタイプのカバーです。

 

キャンプ場に行ったら霧雨ということってありますよね。

レインカバーがあれば荷物を雨から守れます。

 

小さく折りたためるので、キャンプによく行く方はもっておくと安心です。

 

タイヤ

どんなに頑丈に作ってあっても、度重なる悪路の走行で傷みやすいのがタイヤです。

 

ネットのレビューの中には、使い込んで割れたというものもありました。

 

舗装されてない場所で使ったりするので、割れるのも仕方ないです。

 

けれど、タイヤが割れただけで全てを新しくするのは得策ではない。

 

カバーとかがよごれてるならまだしも、タイヤ以外は無傷ってこともありますよね。

 

qc-cw90はタイヤだけ購入することができます。
取り替えるのもネジを回すだけでかんたん。

 

でこぼこ道で使うからこそ、傷みやすいタイヤだけが買えるのはうれしいポイント。

 

ここまでサラッと書いてきましたが、qc-cw90のタイヤは特徴があるので、次の章でタイヤについて紹介しますね。

qc-cw90のタイヤはとにかく大きい

アウトドアワゴンはいろいろありますが、qc-cw90ほど大きなタイヤのワゴンは珍しいです。

 

タイヤの直径は21cm。
センチで言われても想像しにくいですよね。

ということでいろいろなものと比べてみます。

 

iPhone SE(第二世代)と比べてみた図。

 

2Lの水と比べてみた図。

 

メガネケースと比べてみた図。

 

クロックスと比べてみる。

 

クロックスの方が大きい。そりゃそうだ。

 

直径の次はタイヤの幅を見てみよう。タイヤ幅は8.5cm。

うん、これもよくわからない。

 

ということで同じようにいろんなものと比べてみます。

 

まずは、iPhone SE(第二世代)と比べる。

 

自転車のタイヤ幅と比べてみる。

 

車のタイヤ幅と比べてみる。

 

さすがに車のタイヤ幅の方が広かった。

 

ちなみに有名なコールマンのアウトドアワゴンのタイヤ幅は半分以下。

コールマンのワゴンはタイヤが細くて砂利や芝生で埋まりやすいんです。

 

一方でクイックキャンプのqc-cw90はタイヤ幅があって埋まりにくい。
さらに、タイヤの中心部分に4㎝のゴムがついているから、すべって空回りすることもないです。

 

本当に使いやすい。

 

ちなみに、qc-cw90と同じタイヤの大きさのワゴンは他のメーカーにもあります。

 

WAQ

 

ビジョンピークス

 

ダバダ(DABADA)

qc-cw90はあらゆるシーンで活用できる

アウトドアワゴンと聞くと、キャンプでしか使えないと思いやすいですよね。

 

私も最初はそう思ってました。

 

けれど、大きな公園に行ったときにアウトドアワゴンで荷物を運んでいる人を見かけて、キャンプだけじゃないとわかりました。

 

キャンプ以外でもいろいろなシーンで使えます。

 

まずは、これまで紹介してきた公園。

サッカーボールやテニスラケット、フリスビーなど遊び道具を手軽に運べます。

 

他にも、花見や花火といった季節のイベントでも使えますよ

 

駐車場から会場まで、両手いっぱいに荷物を持って運ぶのって大変ですよね。

レジャーシート、テーブル、クーラーボックス、おつまみにお酒。

 

qc-cw90は荷物置き場としても使えるので、レジャーシートを広く使えます。

 

お子さんがいる家庭だったら、運動会でもqc-cw90の出番があります。
使い方は花見や花火の時と同じ。

 

こう考えると、1年通して使える優れモノ!

 

キャンプに行かなくても、遠出することが多いなら1台持っておいて損はない商品

 

何かと便利に使えます。

 

まとめ

数あるアウトドアワゴンの中でもタイヤが大きい点が特徴のクイックキャンプqc-cw90。

 

女性一人でも簡単に荷物が運べる優れモノ。

 

大きいタイヤとゴムのおかげで、砂利道や芝生でも埋まらず引けます。

 

替えのカバーとタイヤが別売りされているので、使い古して壊れても全部を取り替えなくても大丈夫。

 

お財布にもやさしいのがqc-cw90。

 

キャンプはもちろんのこと、ピクニック、花見、花火、運動会などいろんなイベントで使えること間違いなし!

 

子どもがいるなら一台持っておきたい商品です。

[クイックキャンプ] ワイドホイール アウトドアワゴン カーキ QC-CW90
クイックキャンプ

-アウトドア
-

© 2021 GORI best