スマホだけで簡単名前付け!ブラザーのラベルライターPT-P300BT ピータッチキューブ

ワーママライター、あゴリラです。

私は子供が2人いまして、保育園と小学校に通っています。

保育園も、小学校も、「持ち物にはすべて名前を付ける」がルールになってます。

保育園なら、洋服、靴下、オムツ、タオル、コップ、歯ブラシ、カトラリー、などなど。

小学校なら、洋服、靴下、鉛筆、消しゴム、クレヨン、算数セット、絵の具セット、などなど。

油性ペンで書くのが早いものは書けばいいんですが、例えばプラスチックのコップなど、油性ペンで書きにくい、書いても消えてしまうものがあります。
また、クレヨンや色鉛筆、絵の具など、数が多いんです。

クレヨン12本、色鉛筆12本、絵の具12色、算数セットのブロック20個、などなど。
これ、手書きでお名前を書こうと思ったら、気が遠くなりませんか?
これ、地獄やな」ってなりませんか?

名前入りラベルシールを業者に発注している方もいらっしゃると思いますが、
どんな大きさのラベルが何枚必要か、というのは、なかなか前もってわかりにくいです。
急いで必要な時に、ラベルシールが不足する、なんて、困りますよね。

そんな時、おうちにラベルライターがあると、とってもはかどります

わたしは、「ピータッチ キューブ P-TOUCH CUBE PT-P300BT」を使って、手書きはしないでササっとお名前付けをしています!

あゴリラ
あゴリラ
お名前付けもこれがあれば怖くない!

もくじ

ブラザーのラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの口コミ

PT-P300BTのいいところは3つあります!

  • シンプルなデザイン
  • コードがいらない無線接続
  • ラベルが水に強い

 

キーボードがない、シンプルなスクエアデザイン

まず見た目です。キーボートがないので、とってもシンプルな正方形です。

凹凸もなく、スッキリしています。

この正方形で角の丸い形、なんだか見慣れた形のような気がしませんか?

そう、じつはこの形、スマホのアプリのアイコンの形なんです。

スマホに接続して使うんだよ、ということを、形でアピールしているデザインなんだそうです。

PT-P300BTはオシャレなので、見える収納にしていてもインテリアを邪魔しないデザインです。

テプラなどのキーボードのあるラベルライターに比べて大きさもコンパクトで場所をとりません。

スマホと無線接続ですぐ使える

キーボードがついていませんが、スマホとBluetoothで接続すれば、すぐに使えます。

スマホアプリには、ラベルを保存しておけますので、同じラベルがすぐに印刷できます。

ラベルが水に強い

子供の保育園用のカトラリーやプラスチックのコップにお名前を貼っていますが、

テープに防水性があるため、食洗機でガンガン毎日洗って、数年使っていますが、一度もはがれていません。

傘の持ち手など、濡れるところにも使えます。
布テープという、布にアイロン接着できるテープを使えば、洋服、手提げカバンなどにもお名前を付けられます。

あゴリラ
あゴリラ
一度貼ったらずっと長持ち!
めんどくさがりには最高です!

ブラザーのラベルライターPT-P300BTピータッチキューブのレビュー

こどもの持ち物の名前つけのために買ったピータッチキューブPT-P300BTですが、お名前付け以外でも活躍します。

家の整理・収納で、棚やカゴにラベルを貼り、何をしまっているのかわかりやすくしています。

おもちゃの収納も、種類ごとに箱を分けてラベルをつけたので、子供たちもお片付け上手になりました。

Twitterでのレビューをいくつかまとめてみます。

ブラザーのラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの使い方

PT-P300BTでラベルを作るには、スマホアプリを使います。
スマホアプリのホーム画面はこのようになっています。

pt-p300btアプリメニュー

では、漢字の名前に、ふりがなをつけたラベルを作る手順をご説明します。

  1. スマホアプリホーム画面から「オリジナルラベルの作成はこちらから」ボタンを押します。
  2. 追加するオブジェクトとして「文字」を選びます。
  3. ふりがなを入力して「段組み」を押します。
  4. 好みの段組みを選び、2段目を入力します。
  5. 印刷すればラベルの出来上がり!

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブのフォント

ピータッチキューブは、フォントが豊富で、かなりたくさんのフォントが選択できます。
PT-P300BTのフォント

おすすめフォントとしては、次の33フォントが表示されています。

TBP横太明朝M、TBP横太明朝H、PT良寛MM、TB新楷書、AXIS Condensed R、
TBゴシック SL、TBゴシックR、TBゴシックB、TB丸ゴシック SL、PT丸ツデイB、
Atlanta、Berlin、Bernuda Script、Brougham、
Brunei、Brussels、Brussels Condensed、Calgary、
Copenhagen、COPPERPLATETMED、Coronel IB、DomCasual、
Fette MitD、FuturaT、Guatemala、Helsinki、Helsinki Narrow、
ImpactURW、Oklahoma、Portugal、San Diego、Utah、Utah Condensed

おすすめフォント以外も、多数のフォントが選択できます。
また、フォント追加のアプリ(有料のものが多い)を別途利用することで、
好みのフォントを利用することができます。

ブラザーのラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの絵文字

ピータッチキューブPT-P300BTは、フォントも豊富ですが絵文字も豊富です。

絵文字は、いくつかのカテゴリに分かれています。

  • 絵文字
  • 音楽/音響機器
  • 衣類
  • 乗物
  • 日用品
  • スポーツ
  • 動物
  • イベント
  • クラフト/デコレーション
  • ファミリー
  • 学校
  • オフィス
  • 星座
  • 食べ物/キッチン
  • 図形
  • サイン
  • その他

絵文字+文字を組み合わせることで、いろいろなもののラベルが作れます。

たとえば、「ファミリー」カテゴリーの中の子供の絵文字と
「衣類」カテゴリーの中の半そでシャツの絵文字を組み合わせてラベルをつくり、
収納場所に貼れば、まだ字がが読めない子供でも、「どこに何をしまうか」がパッとわかります。

あゴリラ
あゴリラ
こどもは片付けができる子に育てたい!

ブラザーのラベルライターPT-P300BTピータッチキューブは画像も印刷できる

PT-P300BTでは、文字、絵文字に加えて画像を印刷することもできます。

用意されている絵文字にピッタリのものがない、というときは、画像を作成すれば印刷できます。

たとえば、こんなスマイルマークを書いてプリントしてみました。

細かい部分は印刷できないので、太めの線で描くのがポイントです。

あゴリラ
あゴリラ
手描きイラストがラベルにできて楽しいです!

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの電源

ピータッチキューブPT-P300BTは、電池または別売りのACアダプターで動きます。
電池の場合、単4電池6本が必要です。
消費電力はあまり大きくないようで、電池は長持ちします。

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの電池

単4電池6本が必要です。
わたしは充電式の電池、エネループを利用しています。

PT-P300BT

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの充電

ピータッチキューブPT-P300BTは、電池式のため、充電はできません。
充電式の電池を利用した場合は、電池の充電は可能です。

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブのACアダプター

ピータッチキューブPT-P300BTは、別売りのACアダプターを購入すれば、電源を接続して利用できます。

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブのアプリ

公式アプリはこちらからダウンロードできます。

P-touch Design&Print

P-touch Design&Print
開発元:Brother Industries, LTD.
無料
posted withアプリーチ

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの余白

ピータッチキューブPT-P300BTでラベルを印刷すると、印刷しはじめは余白になります。

余白はだいたい1cmくらいです。

印刷後、余白はハサミでカットしましょう。

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの仕様

ピータッチキューブPT-P300BTの主な仕様は下記の通りです。

JANコード 4977766760768
電源・サイズ [本体サイズ]115(W)×61(D)×115(H)mm
[本体質量]約380g
[電源]ACアダプター(別売)
単4型アルカリ電池×6本(別売)
単4型充電式ニッケル水素電池×6本(別売)
[オートパワーオフ]
ACアダプター使用時:操作終了後 約24時間
電池使用時:操作終了後 約10分
[最大消費電力]約10W
[インターフェイス]Bluetooth Ver2.1+EDR Class2
印刷 [印刷方式]熱転写方式
[印刷ヘッド]180dpi
[印刷高]最大9.0mm
[印刷スピード]約20mm/秒
[テープカセット]TZe規格テープカセット3.5、6、9、12mm対応
[テープカッター]本体内蔵手動式
[印刷方向]横書き、縦書き
[連続印刷]1~99枚
[ラベル長設定]30~499mm
文字 [内蔵文字数]OS内蔵
[書体]OS内蔵+アプリ内蔵
[フォント]非公開
[文字サイズ]19サイズ
[文字装飾]2種類(太字、斜体)
[字揃え]
左寄せ/中央揃え/右寄せ/均等割付
その他機能 [メモリー登録]最大100ファイル
[飾り枠]61種類
[定型テンプレート]アプリ内蔵(随時更新予定)

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの付属品

ピータッチキューブPT-P300BTには、本体のほか、お試し用のテープ2本が付属します。

12mm幅ラミネート白地/黒文字4m巻と、12mm幅ラミネートサテンゴールド地/白文字2m巻です。
おためしとはいえ、そこそこ長さがあるので、結構使えますよ!

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの取扱説明書

ピータッチキューブPT-P300BTの取扱説明書はこちらからダウンロードできます。

ブラザーのラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの価格

ピータッチキューブ PT-P300BTとPT-P710BTの価格について、2019年9月中旬時点の情報をまとめました。
最安値は、PT-P300BTは、5,500円前後、PT-P710BTは11,000円前後と言えそうです。

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブのamazonでの価格

PT-P300BT:5,250円(税込み)
PT-P710BT:11,000円(税込み)

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの楽天での価格

PT-P300BT:5,800円(税込み)
PT-P710BT:12,390円(税込み)

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブのYahoo!ショッピングでの価格

PT-P300BT:5,334円(税込み)
PT-P710BT:10,290円(税込み)

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブのビックカメラでの価格

PT-P300BT:5,972円(税込み)
PT-P710BT:13,629円(税込み)

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブのヨドバシでの価格

PT-P300BT:5,920円(税込み)
PT-P710BT:13,490円(税込み)

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブのジョーシンでの価格

PT-P300BT:5,388円(税込み)
PT-P710BT:12,267円(税込み)

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブのケーズデンキでの価格

PT-P300BT:5,980円(税込み)
PT-P710BT:11,245円(税込み)

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブのヤフオクでの価格

PT-P300BT:4,969円(税込み)
PT-P710BT:出品なし

ラベルライターPT-P300BTピータッチキューブの中古(メルカリ)での価格

PT-P300BT:5,000円程度
PT-P710BT:12,000円程度

ブラザーのラベルライターピータッチキューブPT-P300BTとPT-710BTの比較

ラベルライター ピータッチキューブには、2つの機種があります。
PT-P300BTと、PT-710BTです。

ひとことで言うと、「PT-710BTの方ができることが多いけど高い」です。

違いは大きく分けて3点です。

  • 使えるテープの幅
  • パソコンと接続できるか、スマホのみと接続できるか
  • バーコードやQRコードを印刷できるか

わたしはPT-710BTの発売前に、PT-P300BTを買いました。

でも正直いって、今買うとしてもPT-P300BTを買うでしょう。
子供のものにお名前を付ける目的がメインでしたら、PT-P300BTで十分活躍します。

PT-710BTとの違いを詳しく見ていきましょう。

ラベルライターピータッチキューブPT-P300BTとPT-710BT 使えるテープの幅が違う

PT-P300BTは、TZe規格テープカセット3.5、6、9、12mm対応です。
PT-P710BTは、それに加えて、18mm、24mmの幅広テープを使えます。

ラベルライターピータッチキューブPT-P300BTとPT-710BT パソコンと接続できるのはPT-710BT

PT-P300BTは、スマホアプリでのみ接続できます。
PT-P710BTは、スマホアプリに加え、ラベル作成ソフト(P-touch Editor)に対応。
パソコンで凝ったラベルを作成できます。

ラベルライターピータッチキューブPT-P300BTはWindows PCと接続できない

PT-P300BTは、スマホアプリでのみ接続のため、Windows PCとは接続できません。

ラベルライターピータッチキューブPT-P300BTはmacとも接続できない

PT-P300BTは、スマホアプリでのみ接続のため、Macとは接続できません。

ラベルライターピータッチキューブPT-P300BTでバーコード、QRコードは印刷できない

PT-P300BTでは、バーコード、QRコード印刷はできません。
PT-P710BTでは、18mm、24mmの幅広テープの場合のみ、バーコードおよびQRコードを印刷できます。

ラベルライターピータッチキューブPT-P300BTは手動カットのみ

PT-P300BTでは、ラベルのカットは手動です。ボタンをグっと押し込むことで、カッターでラベルが切れます。
複数枚連続印刷したときは、ハサミなどで切り離す必要があります。

PT-P710BTでは、オートでカットできます。たくさん印刷するときには、威力を発揮するでしょう。

ラベルライターピータッチキューブPT-P300BTは乾電池かACアダプター電源

PT-P300BTは、単4電池6本、またはACアダプタ(別売り)が電源となります。
PT-P710BTは、充電池を内蔵しているため、USBケーブルで充電することが可能です。

ブラザーのラベルライターピータッチキューブPT-P300BTのテープ

ブラザーのラベルライターピータッチキューブPT-P300BTのお試しテープ

PT-P300BTには2本のお試しテープがついてきます。
12mm幅ラミネート白地/黒文字4m巻と、12mm幅ラミネートサテンゴールド地/白文字2m巻です。

お試しとはいえ、結構長さがあるので、しばらく使えます。

ブラザーのラベルライターピータッチキューブPT-P300BTの対応テープ

PT-P300BTは、TZe規格テープカセット3.5、6、9、12mmに対応しています。
9mmか12mmが、お名前付けにには使いやすい気がします。

テープの色は白、文字色黒、のものが定番として使いやすいです。