グルメ

うちのおみそ汁はインスタントなのに具沢山!栄養たっぷりで優しい

\ 最安値でまとめ買い /

Amazonで「うちのおみそ汁」を買う

こんにちは、お味噌汁大好きうれゴリラです。

うれゴリラ
うれゴリラ
大好きだけど、作るのは面倒だなと思っちゃうずぼら

おみそ汁ってすごく美味しいし、栄養も取れて素晴らしい食べ物だと思うんです。体調が悪くても、汁物だから食べやすいし、具材は栄養たっぷりだし。

積極的に食べたいのは山々なのですが、作るのはどうしてもめんどくさい!

面倒ながら作ることも多いのですが、疲れているとサボりたくなってしまう日もあります。

でも、疲れたときこそ食べたいのがお味噌汁でもあるんです。そんな私の救世主となったのが、フリーズドライのインスタント味噌汁「うちのおみそ汁」です。

お湯をそそぐだけで簡単にできるのに、具沢山で栄養たっぷり。しかも、美味しいんです。我が家では、だれかがお味噌汁を飲みたくなった時や夕飯作りの手間を減らしたいときのためにストックしています。

おいしいインスタント味噌汁を探している人はぜひご覧ください!

この記事はこんな人におすすめ

・おいしいインスタント味噌汁を飲みたい人
・うちのおみそ汁の最安値を知りたい人
・うちのおみそ汁を飲んだレビューが見たい人

うちのおみそ汁はアマノフーズが販売しているインスタント味噌汁

うちのおみそ汁は簡単でおいしい

うちのおみそ汁は、アマノフーズが販売しているフリーズドライのインスタント味噌汁です。

うちのおみそ汁の販売価格は、公式サイトによると378円。うちのおみそ汁は5食入りなので、公式通りの価格で販売されているので、1食あたり75.6円です。

生味噌タイプや粉末タイプのインスタント味噌汁に比べると少し高いのですが、その分具が大きくてたくさん入っているのが魅力。

うちのおみそ汁はインスタントでも具沢山

5食入っているので、家族みんなで食べられます。1袋買ってストックしておけば、ご飯をつくる元気がないときに役立ちますよ。

お弁当と一緒に会社に持って行って、お昼にお湯を注いで食べているという人もいるようです。軽くて小さいので、お弁当の袋に入れてもかさばらないのが便利!

うちのおみそ汁はお弁当にも便利

お昼ごはんのときに、少しでも温かいものを食べられるとちょっとほっとしますよね。

うちのおみそ汁はお湯だけで作れるので、温かいものを簡単に食べたい時に最適なんです。

お昼ごはんがちょっと物足りないなと感じる時には、ぜひ真似してみてくださいね。

うちのおみそ汁の味は次の6種類。

・なす
・野菜
・赤だしなめこ
・わかめと油揚げ
・しょうがと長ねぎ
・ごぼうとえのき

フリーズドライタイプのインスタント味噌汁のメリットは次の4つ。

・賞味期限が長い
・大きな具が入っている
・作りたてに近い味と香り
・フレッシュな材料とほぼ変わらない栄養価

まずは、賞味期限が長いこと。生味噌タイプの代表的なお味噌汁「あさげ」の賞味期限は製造から半年間です。

一方で、フリーズドライのインスタント味噌汁である「うちのおみそ汁」の賞味期限は製造から1年間です。

つまり、半年も賞味期限が違うんです。

なるべく長くストックできるものを選びたい人には、フリーズドライのおみそ汁がおすすめです。

うちのおみそ汁は賞味期限1年

フリーズドライのお味噌汁は、大きな具が入っていることも特徴です。生味噌タイプのお味噌汁の具は、小さくて物足りないことも多いですよね。

一方で、フリーズドライなら大きな具を入れられるんです。なので、インスタントでも具沢山なお味噌汁を食べたい人はフリーズドライを選びましょう。

うれゴリラ
うれゴリラ
せっかくなら具沢山なおみそ汁がうれしいよね

さらに、フリーズドライのおみそ汁は、作りたてに近い味と香りが楽しめるのもポイント。インスタントのお味噌汁は、手軽だけれど味や香りが物足りないと感じる人も多いですよね。

フリーズドライなら、作り方は手軽なのに作りたての味わいを楽しめるんです。特に、香りの良さは圧倒的ですよ。

うれゴリラ
うれゴリラ
ほっこりしたいときには香りを重視する派です

フリーズドライは、フレッシュな素材を使ったときと栄養価があまり変わらないのもポイント。お味噌汁にはたくさんの具材を入れられるので、栄養補給のために使っている人も多いはず。

野菜が柔らかくなって食べやすいですし、どんな具材を入れてもそれなりに仕上がるのもお味噌汁の魅力。

成長期のお子さんがいる場合など、栄養バランスを特に重視したい場合にはフリーズドライが便利。野菜不足を感じる時にも、積極的に食べたいインスタント味噌汁です。

まとめると、フリーズドライがおすすめな人はこんな人。

・味噌汁にたべごたえを求める人
・味噌汁に美味しさを求める人
・できるだけ栄養価が高いものを選びたい人
・色々な種類の味噌汁をストックしておきたい人

いいことたくさんなフリーズドライの味噌汁ですが、デメリットがないわけではありません。

フリーズドライのデメリットは次の3つです。

・粉末タイプや生味噌タイプと比べると値段が高い
・食感や色はフレッシュな材料と異なる
・開封すると劣化が早い

フリーズドライは、特殊な技術を使っているのでどうしても粉末タイプや生味噌タイプと比べると値段が高い傾向があります。

1食あたり30〜40円程度の違いなのでたまに使う程度ならそれほど大きな差ではありません。けれど、家族が多い場合や使う頻度が高い場合には大きな金額となる場合もあります。

メリットはありつつ少々高いので、バランスを考えながら利用してみてください。

うれゴリラ
うれゴリラ
毎日毎日フリーズドライにすると、出費が痛いかも

味や香りは作りたてに近い状態をキープできるフリーズドライですが、食感や色は劣化してしまいます。

フリーズドライは、名前のとおり食材を乾かして長期保存を可能にする技術なので、どうしても乾かす段階で色や食感が変わってしまうんです。

フレッシュな素材を使った味噌汁の食感も楽しみたい場合にはフリーズドライは向いていません。また、食卓の彩りとしたい場合にも向いていません。

逆に、柔らかな食感が好きな人にはとっても向いている食材です。

うれゴリラ
うれゴリラ
私は、たくさん加熱したようなフリーズドライ素材の食感が大好き

開封すると劣化が早いのもフリーズドライのデメリット。フリーズドライは乾かして作っているので、特に水分にはとっても弱いんです。

空気中にある水分を吸って劣化してしまうくらいなので、開封したらすぐに使わなければなりません。

うちのおみそ汁は、個包装になっているので普通に開封して使う分には問題ありません。けれど、間違って開けてしまったものを保管するのは難しいんです。

フリーズドライは湿気に弱い

ジップロックや乾燥剤などを使えば絶対できないわけではないのですが、ちょっぴり面倒。インスタント味噌汁を間違えて開封してしまうことが多い人には向いていません。

フリーズドライをおすすめできないのはこんな人

・とにかく安いものを選びたい人
・味噌汁の彩りや食感にこだわりたい人
・誤って開封してしまうことが多い人

うちのおみそ汁といつものおみそ汁の違いは個数や種類

うちのおみそ汁といつものおみそ汁の違い

いつものおみそ汁も、うちのおみそ汁と同様にアマノフーズが販売しているフリーズドライのインスタント味噌汁です。

いつものお味噌汁は1個単位で販売されているのに対して、うちのおみそ汁は5個単位で販売されているのが一番の違い。

「このお味噌汁どうなんだろうな」「おいしければたくさん買ってみたいな」なんていうときに、試食がわりに買うのにはいつものおみそ汁がぴったり。

いつものおみそ汁は12種類あるのに対して、うちのおみそ汁は6種類。さらに、いつものおみそ汁にはちょっとお高い贅沢シリーズもあって、いろいろな味が楽しめるんです。

いつものおみそ汁のラインナップは次の通り。

・なす
・長ねぎ
・とうふ
・ほうれん草
・なめこ赤だし
・野菜
・赤だし三つ葉入り
・あおさ
・ごぼう
・小松菜
・里芋
・白菜

そして、贅沢シリーズのラインナップは次の通り。

・海苔
・焼なす
・ほうれん草と湯葉
・とうふ
・なめこ
・炒め野菜
・豚汁
・焼ねぎ
・しじみ
・あさり
・かに汁

こうして並べてみると「贅沢」と名付けられた理由がよくわかる豪華さ。

おみほではありませんが、いつものお吸い物の贅沢シリーズには松茸もあります。

ちょっと高くてもいいから、たくさんの種類の中からお味噌汁を選びたいなんていう人はいつものおみそ汁を選んでみてください。

いつものおみそ汁は種類が多い

いつものおみそ汁とうちのおみそ汁の違いとして、いつものおみそ汁は具材がシンプルな点も挙げられます。

うちのおみそ汁は複数の具材が入っているのに対して、いつものおみそ汁はメインの具材が1つのものがほとんどです。

なので、シンプルなものを食べたいときにはいつものおみそ汁、いろいろな具材が入ったものを食べたいときにはうちのおみそ汁といった選び方も可能です。

うちのおみそ汁は具材が複数

一方で、いつものおみそ汁は1食分108円なので、うちのおみそ汁と比べると値段が高いのがデメリット。まとめ買いやたくさん買うのには向いていません。

家族で食べるおみそ汁がほしいときや、ストックとして買っておきたい時にはうちのおみそ汁が便利です。

いつものおみそ汁とうちのおみそ汁の違いをまとめるとこんな感じ。

こんなときにはいつものおみそ汁が便利
・いろいろな味を楽しみたいとき
・気になる味を試してみたいとき

こんなときにはうちのおみそ汁が便利
・できるだけ安くフリーズドライの味噌汁を買いたいとき
・たくさんインスタント味噌汁がほしいとき

うれゴリラ
うれゴリラ
つまり、インスタント味噌汁をよく使う人にはうちのおみそ汁がおすすめ

アマノフーズのうちのおみそ汁の最安値はどこ?

うちのおみそ汁にはたくさんの種類があります。今回は、参考としてなすをピックアップして、主要なネットショップの価格を調べてみました。

ネットショップ名価格
Amazon1988円(6袋)
楽天2449円(6袋)
Yahoo!ショッピング2503円(6袋)

基本的に、ネットショップで1袋だけ購入すると送料が商品の価格を上回ってしまい非常に高くなります。

ネットショップで買うなら、6袋程度まとめ買いしないと割高で買うことになってしまいます。

そのため、今回は6袋入りのセットで価格を比較しました。

上記の価格は、どれも送料無料のもの。単純に比較するとAmazonが一番安いです。特になにもないときはAmazonでの購入がおすすめ。

Amazonは安定して安い

ただし、楽天はスーパーセールなどで商品が安くなる場合やたくさんのポイントがもらえる場合があります。

スーパーセールの時は楽天をチェック

同様に、Yahoo!ショッピングではキャンペーンなどでpaypayを使うとお得になる場合があります。

そんな時には、楽天やYahoo!ショッピングを使った方が安い場合もあるので、チェックしてみてください。

わずらわしい計算なしでそれなりに安く買いたいときにはAmazonが安定しています。

アマノフーズのフリーズドライ味噌汁うちのおみそ汁なすのレビュー

うちのおみそ汁のなすは、合わせ味噌を使ったお味噌汁です。かつおと昆布出汁の風味をしっかり感じられる味わい。

中にはたんざく切りのなすがたっぷり。なすと言えばお味噌汁の定番なのですが、調べた限り生味噌タイプや粉末タイプのインスタント味噌汁で具材にナスを使ったものはありませんでした。

うちのおみそ汁なすのレビュー

うちのおみそ汁を作っているアマノフーズは、なすへの愛情が深い会社でもあります。

アマノフーズが販売している、フリーズドライのなすのインスタントみそ汁はなんと10種類以上。

そのひとつひとつが違った特徴を持っているというのですから驚きです。

アマノフーズのなすのおみそ汁を集めて食べ比べてみるのも楽しそうです。

アマノフーズはなす愛がすごい

うちのおみそ汁の、なすの値段は公式サイトによると378円。今回調べた限り、インスタント味噌汁で具材がなすのものの中で、1食あたりの価格が一番安いのはうちのおみそ汁でした。

私はなすのお味噌汁が大好きなのですが、インスタントではなかなか見つからないので手軽には食べられないものだと諦めていました。

フリーズドライなので、なすの食感はとっても柔らかいのですが、それがとってもいい!ふわっと口の中でとろけるなすを楽しめます。

柔らかいナスがおだしをたっぷり吸っているのも最高!

なすのとろける食感

ブランドごとなすにこだわっているだけあって、本当においしい。

私の一番のお気に入りです。

昼食を簡単に済ませたい時には特によく食べています。

うちのおみそ汁のなすの口コミには、次のようなものがありました。

・自分でつくったお味噌汁はなすの色が変わってしまうけれど、うちのおみそ汁は色がきれい
・体調が悪い時にすぐ食べられて便利
・留守番している子どもに食べてもらいやすい
・本格的な味で驚いた

フリーズドライの特徴として、色が悪くなりがちなことがあります。けれど、なすのお味噌汁って自分で作っても色が悪くなってしまいやすいですよね。

お味噌汁に入れる前に素揚げすると色をきれいなままキープできるのですが、そこまでするのは正直面倒で色の悪さは気にせず食べているという人も多いはず。

けれど、うちのおみそ汁なら手軽なのに色がきれいななすのお味噌汁が食べられちゃうんです。

フリーズドライでも色がきれい

もちろん、自宅で素揚げして作ったお味噌汁ほどの鮮やかさはありませんが、手間がかからないことを考えると革命的な美しさ。

見た目でも気分をあげたい人にぴったりです。

体調が悪いときにすぐ食べられて便利なのも特徴です。どんなインスタント味噌汁にも言える特徴ではあるのですが、生味噌タイプのように、味噌と具材を別々にカップに入れる必要もなく、開封したらポンと器に入れてお湯を注ぐだけなのでよりお手軽。

さまざまな具材がありますが、特になすは柔らかいので体調が悪いときでも食べやすいなと感じています。

体調が悪くても食べやすい

お湯を注ぐだけなので、子供でも作りやすいのもポイント。もちろん、あまり小さな子では難しいのですが、お湯を沸かして安全に扱える子であれば留守番のときでも食べてもらえます。

私自身も子供の頃に留守番をした経験があるのですが、1人で心細いなーと感じている時にあたたかいものがあると嬉しいんですよね。

最近は、電気ケトルなどお湯を沸かすのに火を使わないで済む方法もあるので昔よりも安全性が高まりました。

1人で対処できる子のお留守番に、取り入れてみるのもおすすめです。

お湯が沸かせれば子供でも作れる

そして、何よりも私が推したいのがうちのおみそ汁の味わい。フリーズドライに限らず、インスタントのお味噌汁に味を期待していない人は多いのではないかと思います。

お味噌汁を作るのは面倒だけど、ないのは寂しいからインスタントを添えておく。私自身も、そんなイメージでした。

でも、うちのおみそ汁を食べてみて、添え物のイメージがひっくり返ったんです。添え物どころか、メインにもなるくらいの味わい。

自分で作ると好みの味に調節できるのに、それよりもおいしいのではないかとすら思います。

うちのおみそ汁の赤だしなめこをレビュー

アマノフーズのうちのおみそ汁赤だしなめこも、5食入りのセットです。名前からもわかる通り、芳醇な赤味噌にかつおだしがかおるお味噌汁。

ぎゅぎゅっと旨味のつまったお汁の中に、つるんとした食感のなめこがたまらないお味噌汁。なめこが入っているので、少しとろみを感じます。

うちのおみそ汁赤だしなめこのレビュー

そして、もうひとつ入っている具材がネギ。フリーズドライなのでテロテロしたネギなのかと思いきや、意外とシャキッとした食感なんです。

彩りも、生のネギを調理したものほどではありませんが、さりげない彩りとして活躍できるくらいの色は残っていました。

見た目はパーフェクトとは行きませんが、味わいはとっても贅沢なので、人に見せるものではないインスタント味噌汁だと考えれば十分です。

うちのおみそ汁の赤だしなめこの口コミには、次のようなものがありました。


・家族で1人だけなめこ好きな娘のために購入
・赤味噌となめこの組み合わせが良い
・ごはんと卵を入れて雑炊にしてもおいしい

個人的にはとっても好きななめこですが、好き嫌いわかれる食材なのもまた事実。熱烈なファンがいるということは、熱烈なアンチがいてもおかしくないということなのです。

しかし、家族で一人なめこが好きという立場になってしまったら、辛いですよね。なめこが好きなのになかなかなめこのお味噌汁が飲めないのは、寂しくもあります。

そんなときにも、うちのおみそ汁は活躍します。1人分を手軽に作れるので、家族と好みが違っても問題ありません。

1人分だけでも簡単に作れる

おみそと具材の組み合わせを考えるのも、お味噌汁の醍醐味。

なめこは比較的味が濃いおみそとの相性が良いので、赤味噌となめこの組み合わせが良いと感じる人も多いようです。

お味噌汁として食べるだけでなく、ごはんと卵を入れて雑炊にして食べているという声もありました。私も試してみたのですが、お味噌の味が濃いのでごはんや卵を入れても薄くなりすぎないのがいい感じです。

ごはんを入れる時には、少しお湯を少なめにするとより美味しいなと感じました。

卵はお湯を注ぐ前に入れると、いい感じに半熟になります。

ごはんや卵で雑炊に

ちなみに私は、ご飯ではなくオートミールを入れて食べることもよくあります。

オートミールならご飯よりもヘルシーで、ダイエット中の食事にもぴったりですよ。

うちのおみそ汁の野菜をレビュー

アマノフーズのうちのおみそ汁の野菜は、5食入ったセットです。ほうれんそう・キャベツ・ネギ・にんじんが入っていて、おかずに野菜が足りないと感じたときにプラスするのにぴったり。

うちのおみそ汁野菜のレビュー

驚くことに、フリーズドライなのに食感がシャキシャキしているんです。色もきれいだし、簡単な食事で済ませたいときにはこれとごはんだけでもいいくらい。

食欲がないときでも食べやすく栄養もたっぷりなので、少し胃腸が疲れたときなどによく食べています。

うちのお味噌汁の生姜と長ネギをレビュー

アマノフーズのうちのおみそ汁、しょうがと長ねぎは、すっきり味の味噌と旨みのある味噌をブレンドしたお味噌汁です。さらに、塩麹も入っているので旨味たっぷり。

うちのおみそ汁しょうがと長ねぎレビュー

具はしっかり食べごたえがあり、生姜の香りが口いっぱいに広がります。すごく生姜の香りが強いなと思っていたのですが、それもそのはず、具材として目に見える形で入っている生姜だけでなく、ペーストや粉末としても生姜が入っているんだそうです。

生姜といえば、やっぱり寒い時に飲むのが一番!お味噌汁は熱いお湯で作るので、それだけでも体があたたまるのですが、それに加えて生姜がたっぷり入っているととっても心強いです。

寒い時でもぽっかぽか

生姜と長ネギの組み合わせは、風邪をひいたときにもなんだか良さそうな感じがするのでよく飲んでいます。

私は冷え性でもあるので、特に生姜が入っているのがありがたいんです。寒いところに出かける前には、なんとなく飲んでしまうくらい。気持ちの問題かもしれませんが、家にストックしてあるととっても安心です。

うちのおみそ汁には減塩タイプもある

アマノフーズのうちのおみそ汁には、減塩タイプもあります。お味噌汁は栄養もたっぷりで、おみそは発酵食品なので体にもよく、さらにインスタントなら簡単に作れると万能に近い食材なのですが、唯一とも言えるくらいの弱点が塩分の多さです。

食事制限をする人の中には、お味噌汁はNGと言われている人もいるほど。私自身も、完全にNGとは言わないまでも、お味噌汁を飲みすぎるのはダメだと病院で言われています。

お味噌汁は大好きなんですが、そんな風に言われるとたくさん飲むのは躊躇してしまいます。

味噌汁は塩分が多い

うちのおみそ汁の減塩タイプは、1食分あたり食塩相当量25%カット。つまり、普通のタイプのうちのおみそ汁と比べると食塩相当量が3/4程度なんです。

気になるお味も、意識しなければ減塩とわからない程度。黙って出されたら気がつかないと思います。

塩分3/4でもおいしい

もちろん、まったく塩分が入っていないわけではないので、ガバガバ飲んでもいいというわけではありません。

でも、「塩分が多いんだよね」とずっと気にしながら飲むよりは気分が楽になります。

うれゴリラ
うれゴリラ
塩分をかっちり管理するのが苦手な私みたいな人にも向いています

Q&A

うちのおみそ汁のごぼうとえのきはどんな商品?

ごぼうとえのき

うちのおみそ汁のごぼうとえのきは、健康応援シリーズに分類されている商品です。ささがきごぼうとえのきが入った商品で、食感が抜群。

味噌は、やさしい風味の麦味噌と旨みのある味噌がブレンドされています。塩麹がはいっているので、発酵食品を積極的に摂取したい人にぴったり。

フリーズドライですが、シャキシャキした歯ごたえがあるので、しっかり具を楽しめるお味噌汁です。

うちのおみそ汁のわかめと油揚げはどんな商品?

わかめとあぶらあげ

うちのおみそ汁のわかめと油揚げは、まろやかな合わせ味噌とかつお香る合わせだしを使い、飲みやすく仕上げられています。

定番具材なので誰でも食べやすく、しっかりお出汁を含んだ油揚げが最高の味わいです。

お味噌汁が好きな人はもちろん、油揚げが好きな人にもぜひ食べてもらいたい一品。

定番だからこそ、そのおいしさがよくわかりますよ!

うちのお味噌汁のカロリーは?

うちのおみそ汁のカロリーは、それぞれ次の通り。

野菜:28kcal
なす:34kcal
赤だしなめこ:21kcal
わかめと油揚げ:23kcal
しょうがと長ねぎ:24kcal
ごぼうとえのき:25kcal

カロリーはそれぞれ1食分のもの。シリーズの中で一番カロリーが高いのは「なす」で、1つだけ30kcalをこえています。

逆に、 一番カロリーが低いのは赤だしなめこ。こちらは21kcalです。

とはいえ、一番高い「なす」でも、そのカロリーは鶏ささみ30gと同程度。ダイエット中の人でも、気にするほどのカロリーではありません。むしろ、カロリーが低い食品として積極的に食べておきたいくらい。

とはいえ、どんな食品にも言えることですが食べすぎは禁物です。とくにうちのおみそ汁の場合には、たくさん食べると塩分量が多くなりがちなので注意しましょう。

うちのおみそ汁の最安値は?

うちのおみそ汁は、スーパーをはじめさまざまなお店で販売されています。そのため、すべてのお店を調査して最安値を調べるのは難しいのが実情です。

この記事を執筆している段階で、ネットショップでの最安値はAmazonです。価格は、6袋セットで1988円。1袋あたり331円なので、公式が発表している1袋あたり378円よりも46円安く買えます。

Amazonで購入した場合、1食あたりの価格は66.2円。公式が発表している価格だと1食あたり75.6円なので、9.4円の差があります。

小さな差に見えるかもしれませんが、家族全員で食べる場合や使用頻度が高い場合には大きな差になります。

Amazonの場合には、通販なので買い物に出かけなくても自宅に届くことに加え、届くのが早いのがメリット。ストックを購入する時にはぜひ利用してみてください。

また、キャンペーンやセールなどの内容によってはAmazonよりも楽天やYahoo!ショッピングの方が安く購入できる場合もあります。少しでも安く購入したいなら、そのときに開催されているキャンペーンやセール情報などをこまめにチェックしてみてください。

アマノフーズのうちのおみそ汁は楽天で購入できる?

うちのおみそ汁は、楽天でも販売されているので購入は可能です。1パックの価格は300〜400円程度で、一見安く見えます。しかし、実は送料が600〜700円程度に設定されていて、1パックだけ購入しようとすると1000円程度かかってしまうお店ばかりなんです。

6パックがセットになったものであれば普通の値段で購入できますが、それでもAmazonより安いお店は見つかりませんでした。

使い切らなければいけない期間限定ポイントがたくさんある場合や、送料無料ラインに少しだけ届かない場合に追加購入する場合をのぞいては、楽天での購入は損だと言えるでしょう。

うちのおみそ汁に豚汁はある?

うちのおみそ汁の豚汁は、以前は販売されていました。しかし、現在では販売が終了しています。

公式サイトの商品紹介にも掲載されていませんし、Amazonの販売ページでも取り扱いなしになっていました。

楽天やYahoo!ショッピングでも販売はありません。

豚汁を食べたいのであれば、うちのおみそ汁よりは少し高いのですが「いつものおみそ汁」なら豚汁が販売されています。

いつものおみそ汁の豚汁は、肉と野菜がとろける味わい。豚肉にごぼう・にんじん・たまねぎ・ねぎと5種類の具材が入っています。

具沢山のおみそ汁を食べたい時には試してみてください。

まとめ

うちのおみそ汁は、持ち運びやすく簡単に作れる便利なお味噌汁です。フリーズドライタイプなので、大きな具がたくさん入っているのが特徴。

一方で、フリーズドライタイプのわりにはお値段が安く、手軽に食べやすいのもポイント。1パック5食入りなので、家族で食べる場合やストックしておきたい場合にぴったりです。

減塩タイプもあるので、塩分が気になる人はぜひ使ってみてくださいね。うちのおみそ汁がおいてあると、生活がちょっぴり豊かになりますよ。

-グルメ

© 2022 GORI best