ブラーバジェット240で時間を有効活用!床掃除があっとゆうまに!

「掃除する時間がない」

「床の汚れを掃除するのがめんどくさい」

「誰かわかりに掃除してくれないかなぁ〜」

仕事に、育児に、家事に忙しくしていると少しでも誰かが手伝ってくれたり時短ができたらいいのになぁ、と思うこともありますよね。

 

今はいろんな時短家電が発売されていますが、

ブラーバジェット240は

 

・共働きなら家にいる時間がなくてもあなたの代わりに掃除しておいてくれる

・家にいても赤ちゃんのお世話で忙しくても、授乳中やオムツを変えている間にあなたの代わりに床磨きをしてくれる

・子供が元気に家を駆け回っても、あなたの代わりに足跡の汚れをピカピカにしてくれる

という優れもの!!

 

この記事は、めんどくさがりの私が実際に購入して2年使っているブラーバジェット240の

「他のお掃除ロボットとどう違うの?」

「ブラーバジェット240のガチレビューが知りたい!」

「他のサイトからの口コミは?」

「ブラーバジェットを最安値で購入できるところはどこ?」

など、購入前に知りたかった部分について詳しくまとめています!

 

「口コミとかレビューとかいいから最安値で買えるところを教えて!」という方はこちら↓

ブラーバジェット240の口コミ

ブラーバジェットを購入しようと思ったきっかけは

「共働きで忙しかったので、家事の時間を少しでも短縮したかったから」

です。

家の床はほとんどフローリングなのですが机の下とか玄関とか気がつくと結構汚れが・・・

定期的に水拭きすればいいことはわかっているんですが、全部の部屋の床を磨いたりクイックルワイパーをかけるってめんどくさいし時間がかかるんですよね。

「他の手が離せない家事と同時進行で掃除ができれば一石二鳥なんじゃない!?」

そんな思惑があって購入したのが「ブラーバジェット240」です。

購入前と購入後、実際に使ってみてどんなふうに生活が変わったのか、どんなときに使うのが効率がいいのかなどもまとめていきますね!

ブラーバジェット240は掃除能力が高い!

料理や選択など他の家事と平行して自動でお掃除してくれるので本当に助かっています!

ブラーバジェット240の特徴は「水拭きと乾拭きができる」お掃除ロボットなのですが、

最大の特徴が「念入りな水拭き掃除ができる」ということです。

 

床って気がつかないだけで結構汚れているんですよね。

お恥ずかしい話、一番最初にブラーバジェットで掃除した時にはとんでもなく付属パッドが真っ黒でした。

トトロに出てくるサツキとメイの最初の掃除シーンかと思いましたよ・・・。

 

赤ちゃんが生まれてからも気になるホコリや汚れなども授乳中にお掃除したり、とにかく家事への負担分を赤ちゃんのお世話に回せたのがありがたかったですね。

我が家ではキッチンの汚れが気になる時に水拭きモードを使うとしっかり汚れが取れるので重宝しています。

特にウェットモップモードは水を吹き付けながら同じ場所を3回念入りに掃除しながら進むので、かなりきれいになりますよ!

 

そして小型で小回りもきくので掃除できるスペースが広いのも嬉しい特徴!

テーブルの下やソファの下はもちろん、家具の脚回りもくるくるくる〜〜〜〜っと回って掃除してくれます。

基本的には家事をしながらやテレビを見ながら起動させると、

「あれ?君いたの?」

と思ってしまうくらい音は気になりません。

ジェットスプレーの噴射時や拭く際の振動音はしますが、ルンバのようにゴミを吸引する掃除ではないので昼夜問わず自由な時間に使うことができますよ。

我が家では赤ちゃんが寝ている時にも使っていましたが、普通の生活音と同じレベルなので音で起きることはなかったです。

ブラーバジェット240は自動でカーペットを避けられる!

ブラーバジェット240は拭き掃除用なので、畳やカーペットには使用できません!

でも自動で使っていたらフローリングから畳やカーペットに乗り上げてしまうんじゃないの?

って心配になっちゃいますよね。でも心配ご無用!

「ブラーバジェット240」にはセンサーがついているので、

床の段差やカーペットの厚さなどを認識して落下や、乗り上げを回避してくれます!

回避機能によってカーペットへの侵入は防げるので安心して使うことができます。

ブラーバジェット240は段差を乗り越えられる?

上記では自動でカーペットを避けられる、という説明をしましたが、

これは「他の障害物でも同様」です。

例えば床に物が落ちていたりすると壁と認識してしまったり掃除してくれない場所が出てきてしまいます。

家電のコードにも引っかかって動かなくなることもあったので、ごちゃごちゃと物が置いてある場所には向いていません。

 

ブラーバジェット240のバーチェルウォールモードで畳を回避!

我が家のリビングの隣は和室しかも段差はありません。

マンションや家の作りによっては、フローリングから段差なく畳へ行き来できるおうちも多いのではないでしょうか?

カーペットは段差があるからいいけど、畳は段差もないからそのまま入っちゃうんじゃない・・・?

そんな心配なときに使えるのが「バーチャルウォールモード」機能!

その名の通り「見えない壁」を作って「ブラーバジェット240」が侵入できないエリアを作ることができます。

めちゃくちゃ画期的!

「バーチャルウォールモードの設定方法」

  • Step1:電源を切った状態で、本体の後ろに畳がくるよう移動させる。

    Step2:本体天面にある「CLEAN」ボタンを左右2本の青線が現れるまで押し続ける。

    Step3:青い線を確認したら、もう一度「CLEAN」ボタンを押す。

たったこれだけでOK!
設定すると、本体が置かれていた場所から設定時にできた青線のうしろには行かなくなります。

畳以外にも入ってほしくないエリアに同じようにバーチャルウォールモードを設定することで自動運転にまるごとおまかせしても安心できますよ。

バーチャルモード機能はありますが、いちいち設定するのがめんどくさかったり、一部屋だけ・決まったエリアだけの掃除でもよければドアを締めれば解決します。

 

ブラーバジェット240にクイックルワイパーは使える?

クイックルワイパー単体では使えません!

公式に出ている専用のパッドが必要なのですが、実は掃除の仕上がりをよりサラサラで踏みごこち最高!にする裏技があるんです。

 

水拭きモードのシートにクイックルワイパーの水拭きシートを上から貼り付けて本体に水を入れずに起動させると・・・

あら不思議!

水拭きモードの動きでクイックルワイパーをかけてくれるんです!!

 

クイックルワイパーを上から被せるという裏技を使うと、床がびっくりするくらいサラッサラになります!!!

無駄に滑り足で歩きたくなるくらいのサラサラ感。

ぜひ、味わってみてほしいです。

 

ブラーバジェット240の評判のいい点はどこ?

私も購入前はかなり他の類似商品と比べたのですが、マイホームを購入したばかりの友人2人の口コミを参考にしました!

「面倒な床磨きを全部自動で磨き上げてくれる」

ドライモードにすれば髪の毛もまとめて取ってくれるし、仕上がった後は思わず裸足で歩き回りたくなるくらいのスベスベ感。
自分だと床磨きなんて半年に一回くらいするかしないかだったんですが、使ってみて驚くほど床が綺麗になりました。
(20代女性 分譲マンションを購入したばかりの友人の口コミ)

「音が静かで操作も簡単!赤ちゃんがいても気にならないで使える」

スタートボタンを押すだけで面倒な操作もなく簡単にお掃除できます!
子供が寝ていてもおきないレベルの音だし、他の家事をしていても全く気になりません。

何よりホコリが舞い上がらないのがいいところですね。
(30代女性 一軒家を購入したばかりの友人の口コミ)

「細かい振動と小回りでテーブルの下や脚回りも綺麗にしてくれる」

細かいチリや花粉も綺麗に取ってくれるので忙しい時は掃除機なしでブラーバジェットだけにお任せしてます。

部屋の広さや形状把握もしてくれるので、ぶっちゃけルンバよりも掃除が早いし値段もお手頃です(笑)

リビングや台所は掃除機よりも床拭き掃除の方が綺麗になるし、自分で掃除しなくていいのでストレスがなくなりました。
(20代女性 分譲マンションを購入したばかりの友人の口コミ)

 

ブラーバジェット240で一番目立った口コミは、何と言っても「お掃除能力の高さ!」

使っている人のほとんどがその能力の高さに感動していました。
ちょっとした汚れはもちろん、油汚れもこびりついた頑固な汚れも見事に落ちるので、今までこんな床で生活してたの?とびっくりするほどパッドが汚れます。

そしてお掃除ロボットというと、ルンバがイメージする人が多いと思いますが、ルンバをイメージする人はブラーバジェットの小ささにびっくりすると思います。

とってもコンパクトなので、普段なかなか掃除できないテーブルの下の細かい部分やソファの下もスイスイ掃除してくれます。

そして動作方法もとってもシンプル!

ブラーバジェットの本体には上部にある「CLEAN」というボタンしかありません。
「どのボタン押すんだっけ?」と操作に迷うことがないので、機械が苦手な人には使いやすいデザインです。

 

ブラーバジェット240の評判のイマイチな点はどこ?

ブラーバジェット240で一番目立った悪い口コミが付属品のコスパが悪いということ。

掃除するときに必要な付属パッドは、1枚あたり95円。

もし3日に1回使ったら一ヶ月に950円かかります。

2019年には使い捨てパッド以外に洗って使えるクリーニングパッドも発売されましたが、洗う手間やかなりの汚れを洗ってまた使うのはちょっと・・・と考えると微妙です。

ちなみに市販のクイックルワイパーのシートを代わりに使うというのも試しましたが、シートがヨレヨレになって全然掃除になっていなかったのでオススメしません。

ブラーバジェットは「ウェットモップモード(同じところを3度水拭き)」

「ダンスウィープモード(同じところを2度水拭き)」

「ドライスウィープモード(乾拭き)」

の3つのモードのうちどれかを、専用パッドで読み取るという機能がついています。

悪いことは言わないので、専用パッド以外はダメ、絶対。

「クイックルワイパーは使える?」というところでお伝えした、水拭きモードのシートにクイックルワイパーの水拭きシートを上から被せるというやり方は大丈夫ですが、あくまでも専用のパッドを使わないとうまく機能しません!

コスパ対策で考えると、使い捨てパッドとクリーニングパッドを交互で使うことが一番の解決策かなぁと思います。

かなり汚れていると感じた時は使い捨てを、そこまで汚れていない時はクリーニングパッドを使うことで頻繁に掃除してもそこまでパッド代はかからなくなります。

他には

「掃除の途中で充電がなくなって動かなくなった」

「水がなくなってジェットスプレーが噴射せず、から拭きしていた」

などもありました。

ブラーバジェットは小型掃除ロボットなので大きめサイズのブラーバト比べてもバッテリーも水を入れる箇所も小さいです。

何部屋も何部屋も広い部屋を連続して一気に掃除はできないので注意が必要です。

「連続で家中を掃除したい!」という人は交換用のバッテリーを用意すると解決しますよ!

ブラーバジェット240とシリーズ商品を徹底比較!

ブラーバジェット240にはシリーズ商品がいくつかあります。

それでは他の商品との比較をまとめていきますね!

ブラーバジェット240と250の違いはどう?

ブラーバジェット240には後発の250という商品があります。

見た目は全く一緒な2つの商品。違いはどこなのでしょうか?

ブラーバジェット240と250の比較表

ブラーバジェット250 ブラーバジェット240
発売日 2019年6月 2016年8月
ナビゲーションシステム iAdapt 2.0
ウェットモップモード 最大12畳まで
ダンプスウィープモード 最大15畳まで
ドライスウィープモード 最大15畳まで
電池 リチウムイオン電池
サイズ 幅178mm×奥行170mm×高さ84mm
重さ 約1.2kg
付属品 本体、バッテリー、充電器、使い捨てウェットモップパッド(2枚)、使い捨てダンプスウィープパッド(2枚)、使い捨てドライスウィープパッド(2枚)、洗濯可能ウエットパッド(1枚)、洗剤サンプル(2回分) 本体、バッテリー、充電器、使い捨てウェットモップパッド(2枚)、使い捨てダンプスウィープパッド(2枚)、使い捨てドライスウィープパッド(2枚)

機能も全部一緒!!!!

唯一の違いは「付属品」です。

ブラーバジェット240には、専用パッドは使い捨てのみが2枚ずつ付属しています。

一方、ブラーバジェット250には、洗って繰り返し使えるウェットパッドがついてきます。

ちなみに洗って繰り返し使えるウェットパッドは別売りでも購入可能!

ウェットパッドを最初から使うと思っているのなら250の方がわざわざ別で購入しなくていいので楽ちんです。

「ぶっちゃけ繰り返し使うために洗濯して洗うのがめんどくさい~!」という人は240の方が安く購入できます。

私はまさにわざわざ洗濯して何回も使うのが面倒に感じてしまったので使い捨てのパッドのみ使っていますよ。

ブラーバジェット240とブラーバ390jの違い!

ブラーバジェット240を購入したときに候補に上がったのは「ブラーバ390j」でした。

同じメーカーから発売されていて名前も似ていますがブラーバとブラーバジェットでは全然コンセプトが違います!!!

ブラーバの特徴としては、

  1. 水拭き・から拭き2つの清掃モード
  2. 「iAdapt2.0 キューブナビゲーション」で効率的にお掃除
  3. ボタンを押すだけで簡単清掃
  4. 市販の使い捨てシートが使用可能
  5. コンパクトで音も静か

などがあります。

ブラーバとブラーバジェットの比較も詳しくみていきましょう!

 

大きさ

ブラーバ

幅244mm×奥行き216mm×高さ79mm

ブラーバジェット

幅178mm×奥行170mm×高さ84mm

 

掃除範囲

ブラーバ

ドライモード:56畳(約102㎡)

ウェットモード:20畳(約36㎡)

ブラーバジェット

ダンプスウィープモード:15畳(約27㎡)

ドライスウィープモード:15畳(約27㎡)

ウェットモップモード:12畳(約22㎡)

それぞれのモードによっても違いますが、見てわかる通り、ブラーバの方が圧倒的に清掃範囲が広いです。

掃除モード

ブラーバは2種類、ブラーバジェットは3種類あります。

 

掃除能力

モードに応じて本体につけるパッドを変えるのですが、ブラーバは専用のクロスが2種類(洗濯可能)があります。

他にもブラーバの「から拭きモード」では、市販のクイックルワイパーのようなお掃除シートを装着することも可能!
市販の使い捨てシートを使うのは、公式でも認められています。

ただし清掃能力でいうと、ブラーバよりブラーバジェットの方が高いです。

例えば水拭きの場合、ブラーバは専用クロスで床を拭くだけなのに対して、ブラーバジェットは洗浄剤の入った専用パッドを使い、振動させながら床を拭いていくので清掃能力が全然違います!

ツイッターを見ていると、ブラーバはペットのいるご家庭でも重宝されています。

動物がいるとどうしても毛が部屋中に落ちてしまうので自動で掃除してくれたら助かりますよね!

広範囲をパパッと掃除したいのならブラーバ390j

 

小回りがきいてしっかり掃除するならブラーバジェット

ブラーバジェット240の使い方

ブラーバジェット240はアプリで簡単操作!

 

アプリを使えば外出先からでも「お掃除開始!」と起動させることができます。

その時の注意点は2つ!

1、充電器がブラーバジェットにささってないといけない
2、ブラーバのスイッチを、手動でオンにしとかないといけない

ということ。

意外とこの2つの条件って忘れます(笑)

私のようにうっかりさん出なければ、出先にいても自分のタイミングで動かすことができますよ。

他にもアプリを使って

・約5m×5mの範囲のみ指定して掃除する

・入ってこないでほしい場所を決める

・使う水の量を調節する

なんてこともできちゃいます。

使う水の量を調節することで、汚れが目立つところは多めにするなどして頑固な汚れを撃退!できます。

ただし全体で水を多くしてしまうと床がビチョビチョに・・・・なんてことになりかねないので調整が必要。

ちなみにブラーバジェットには、他のお掃除ロボット・ルンバにようにスマホで「決まった曜日・時間に掃除する設定」はありません!

スマホの遠隔操作機能はまだまだ発展の余地はあるなぁとも思いますが、家にいて他の家事をしている間に使うのであれば問題ないですね。

 

ブラーバジェット240の故障時の対処法!

ブラーバジェット240のエラー音で故障がわかる?

ブラーバジェット240では何かしらの異常が発生すると、2音のエラー音と何回かのビープ音が鳴ります。

音とビープ音によって「どこが異常なのか」判別できるようになっているのですが、どんな音なのかはこちらのサイトで確認できますよ!

ブラーバジェット240のエラー音でどこが異常なのか見てみる

ブラーバジェット240の価格

ここまではブラーバジェット240の口コミや使ってみての感想を詳しくみてきました。
最後にブラージバジェット240の価格とどこが一番お得に購入できるのかみていきましょう!

ブラーバジェット240の最安値はどこ?

ブラーバジェット240は各家電量販店、通販で販売されています。

2019年9月29日の時点で

Yahoo!ショッピング:27,800円(送料無料)

楽天:30,425円(送料無料)

Amazon:¥29,629(送料無料)

ビックカメラ:¥32,270(送料無料)

でした。

安さで言ったら「Yahoo!ショッピング」での購入が一番お得です!

 

ポイント還元率は楽天が一番!

楽天で買う最大のメリットは「ポイント還元の高さ」

楽天カードで決済するだけで通常の2倍のポイントが貯まるのはもちろん!

他にも

  • 5と0のつく日は楽天カード決済でポイントが通常の5倍
  • 楽天イーグルス、バルセロナ、ヴィッセル神戸が勝利した場合、チーム数に応じて通常のポイントに加え、+1倍ずつ加算
  • 楽天市場アプリで掲載した場合通常のポイントに加え、+0.5倍

などなど、めちゃくちゃポイント還元率がいいんです。

定期的にスーパーセールも行なっているのでよりお得に買えるかも!?

 

返品のしやすさは「Amazon」が一番!

Amazonで購入する最大のメリットは何と言っても返品のしやすさ!

ブラーナジェット240はAmazonプライム対象商品なので、プライム会員なら30日間の間は返品が無料です!

試しに使ってみて「イマイチだなぁ」と思ったら気軽に返品できちゃいます。

失敗したくないなって感じる人はアマゾンでの購入がオススメ!

 

ブラーバジェット240はあなたの生活をそっと助けてくれる

改めてブラーバジェット240の口コミをまとめてみると以下の通りです。

・掃除機能が充実していてがっつり水拭きしてくれる
・アプリと連動していて水の量を調節できる
・段差を察知してカーペットや物を避けてくれる
・小回りが利くのでテーブルの下や椅子の脚周りも綺麗にしてくれる

他の家事をしていたり、出かけている間に面倒な水拭きや掃除をしておいてくれるって本当に助かるし便利ですよ!

まるで「あとは私が拭いておくからいいわよ〜」って言われているみたいな感覚になります。

 

「忙しくてしっかり掃除する時間が取れない」

「面倒な掃除をパッと終わらせたい」

そんなあなたもブラーバジェットで時間を有効活用してみてはどうでしょうか?

関連記事

  1. 1分でふわふわスチームが楽しめる!ラティシマタッチプラスの口コミ

  2. 自宅で簡単に飲むヨーグルトが作れる!IYM-013を徹底レビュー!

  3. 掃除機をかけない日はないほど手軽!ダイソンV8フラフィ

  4. 【知らなきゃ損】マキタ掃除機の口コミが知りたい!5年間使った本音を語ります

  5. パナソニックボディートリマーのレビュー!【1年以上使い続けた体験をもとに詳しく解説】

  6. ヘルシーシェフで料理が楽しい!MRO-TS8-Rの口コミ

  1. ファンケルクレンジングオイルのアイキャッチ

    1日35.9円で使える?ファンケルクレンジングオイルまとめてみた!

    2020.09.19

  2. みんなが選ぶ「ソイル(soil)」のバスマットを徹底的に解説!!

    みんなが選ぶ「ソイル(soil)」のバスマットを徹底的に解説!!

    2020.09.06

  3. 画面割れ・スマホ落下からさよならできた!私的最強のスマホケースi…

    2020.09.01

  4. レイチェア

    トータルバランス最高!コールマンのレイチェアを徹底解説

    2020.08.30

  5. 【コロナ自粛の味方!】室内で遊べる三輪車ディーバイクミニが1歳誕…

    2020.08.29

  1. 画面割れ・スマホ落下からさよならできた!私的最強のスマホケースi…

    2020.09.01

  2. 1杯72円から飲める!トリゴネコーヒーの口コミと絶大な効果を解説

    2019.11.06

  3. パナソニックまつげくるんeh-se70レビュー!何をやってもダメだった…

    2019.09.25

  4. エルゴトロンLXレビュー

    【使用歴5年】エルゴトロンLXのレビュー【最強のデスクマウントモニ…

    2019.08.30

  5. 「赤ちゃんもパパママもリラックス」ベビービョルンのバウンサー!…

    2019.08.22

カテゴリ