ベルモントTABI

アウトドア

ベルモントTABIを徹底解剖!これ1台でたき火は完璧なものになる!

手軽にたき火をたのしもう!

ベルモントTABIをチェック

ワンランク上のキャンプをしてみませんか?

キャンプブームが起こっているいま、たき火に興味がでてきた人もたくさんいると思います。

最近だと、たき火の音と画像をながすだけのYouTubeも人気がでてきています。

ゆらゆら揺れる炎をみながら、パチパチ燃える薪をみてると癒やされますよね。

きくゴリラ
きくゴリラ
こんにちは、三度の飯よりたき火好き!きくゴリラです!

 

ところで、現在のキャンプ場は直火NGのところがおおいのをご存知ですか?

芝生でも土であっても、禁止されているところでは直接地面に薪をおいて燃やしてはいけません。

そのため、たき火台が必要となってくるのです。

 

星の数ほどあるたき火台の中で、どれを選べばいいのか分からなくなっちゃう人もいると思います。

そこで、今回はソロキャンパーや少人数の向けのたき火台を紹介します。

その名も、ベルモントTABI。

 

ベルモントTABIはこんな人にぴったり

  • コンパクトなたき火台が欲しい
  • 迫力あるたき火がしたい
  • かんたんに組み立てられるものがいい
  • とりあえずカッコいいのが欲しい
  • 人とあまりかぶらないたき火台がほしい

軽くて薄くコンパクトにしまえるのに、つかう時には大きな薪をバンバン乗せてたくさん燃やせる。

さらに、料理もしやすいという万能たき火台なんです。

 

つかうまでは、薄いからすぐ壊れちゃうのかなと心配でしたがぜんぜん壊れそうにありません。

それどころか、使えば使うほどきれいな色味が出てきてかっこよくなります。

きくゴリラ
きくゴリラ

ソロキャンパーなら、この一台をもっていれば間違いない!

というたき火台です。

 

この記事では、ベルモントTABIのレビューや実際につかっているところの様子、どこでいちばん安く購入できるかなどを書いてあります。

ベルモント(Belmont) 焚き火台 TABI(収納ケース付). BM-263
Belmont(ベルモント)

 

たき火台をつかうときは、必ずたき火シートをつかいましょう。つかわないとたき火台からの熱で地面が焦げてしまいます。

もくじ

ベルモントTABIのレビュー1:コンパクトで持ち運びやすいから邪魔にならない

ベルモントTABIを見た人は、そのコンパクトさと軽さに驚くのではないでしょうか。

見てください、この火床のうすさ!

 

キャンプって、どうしても荷物がおおくなってしまいがち。

荷物がおおければ、それだけほかのキャンプグッズを持っていくスペースがすくなくなります。

たき火台をもっていくせいで必要なイスなどをもっていけないとなったら最悪ですよね。

その点、ベルモントTABIはかなり薄くつくられているので、スペースをほとんど必要としません。

 

ぜんぶ収納してもプリッツの箱の1/4くらいの薄さといえば分かりやすいでしょうか。

ぺらっぺらの薄さなので、ちょっとした隙間があればスッとさしこんでもっていくことができます。

 

キャンプでたき火はしたいけど、持っていくためのスペースが無いんだよなという方にぴったり。

移動手段がくるまの人はもちろん、徒歩やバイクを考えているには最適なのです。

 

わたしは、バイクでキャンプにいくことが多いのですが、ベルモントTABIを購入してからというもの毎回のたき火がたのしくてたまらないです。

 

500mlのペットボトルのお茶をもっていくより軽いので、リュックにいれたりしてもストレスなく持ち運ぶことができます。

たき火台がおもくて、準備の段階でつかれてしまってはせっかくのキャンプを楽しめないですよね。

おもさが全部あわせても約420gとかなり軽い!

ベルモントTABIのレビュー2:組み立てがかんたんだからストレスなくキャンプを楽しめる

ベルモントTABIは組み立てがとてもかんたんです。

2枚の板をくっつけて、脚をつなげるだけ!

きくゴリラ
きくゴリラ
慣れてしまえば1分くらいで組み立てられるよ!

はじめて組み立てるときでも、ぜんぜん悩まずにできました。

 

キャンプの準備ってサクサクできたほうがカッコいいし、なにより準備が短ければその分キャンプを楽しめる時間がのびます。

組み立てなくてもそのまま使えるたき火台もたくさんありますが、かなりかさばるので荷物がおおくなってしまいます。

 

組み立て式のたき火台の中でも、ベルモントTABIはかなり組み立てがかんたんな部類にはいります。

キャンプ場についたらササッとたき火をはじめる準備をして、ゆっくりキャンプを楽しみましょう。

ベルモントTABIのレビュー3:市販の薪を切らずにそのままつかえるから楽ちん

キャンプ場におちている木をひろって、たき火をしていいというキャンプ場もあります。

ちょっと焚き火をするていどなら拾ってきた木でも楽しめますが、がっつりたき火をしたいという場合には少しもの足りない。

というのも、キャンプ場におちている木は小枝のような細いものがおおく、すぐに燃えつきてしまうからです。

太い木はなかなか落ちていないですし、あっても他のキャンパーが持っていってしまうので大量に確保するのはむずかしいです。

 

そのため、がっつりたき火をしたい人はキャンプ場やホームセンターで売っている薪をつかうことになります。

 

きくゴリラ
きくゴリラ
ここで問題が1つでてくるんです。

そう、薪のサイズが大きいこと。

市販の薪は2リットルペットボトルのサイズより長いことが多いので、小さいたき火台だと短く切る必要があるのです。

ナタや斧を準備してひたすらに薪わり作業。

きくゴリラ
きくゴリラ
最初は楽しけど、途中からめんどうになってくる...

もちろん、さいしょに火を付けるための細い木をつくるために薪割りをすることはありますが、あるていど火が強くなったら細い木はいりません。

それなのに、小さいたき火台をつかうと薪が入らないので、たき火中でも延々と薪わり作業をつづけなくてはなりません。

 

たき火をぼーっと眺めるまったりした時間も、薪割りでいそがしく過ごさなくてはならないのはもったいないです。

ポイント

ベルモントTABIは、収納時はコンパクトなのにつかう時は大きくなるので、薪を割らずにつかうことができます。

火がよわくなったら、次々に新しい薪をいれていけばいいのでとても楽です。

最初につかっていた頃は薪をたくさん入れるとグニャッと曲がらないか心配でしたが、どんどん乗せていっても曲がりませんでした。

今となっては、なにも気にせず無心で薪を投入しています。

ベルモントTABIのレビュー4:たき火がすごくキレイに燃えて癒やされる

たき火台になにを求めるかは人それぞれだと思いますが、共通して求めることは炎がキレイに燃えることではないでしょうか?

ベルモントTABIは、とてもきれいな炎でたき火を楽しむことができます。

 

本体に空いているスリットや、側面が空いていることによって空気の流れができるからです。

そのため、燃焼効率がとてもよくきれいな炎になります。

 

燃焼効率がよいため、薪が燃えつきるのが早いというデメリットもありますが、薪をじゅうぶん準備していれば問題ありませんよ。

 

本体に空いているスリットから灰が落ちるので、必ずたき火シートを使うようにしましょう。

私がつかっているたき火シートもあわせて紹介しておきます。

ベルモントTABIのレビュー5:料理がしやすいから美味しいご飯がたべられる

たき火をしながら料理をしている写真を見たことありませんか?

わたしも、たき火をしながら料理をすることにあこがれがあった一人です。

 

ベルモントTABIは、火床と網のきょりがちょうどよく、非常に料理がしやすいです。

体感では、たき火のあとの炎がでていない赤い薪(熾き火)で料理をすると、すぐ焦げついたりもしないちょうどいい温度になっていました。

(この写真はお湯を沸かしているだけです笑)

 

また、ベルモントTABIについてくる網はズレ防止の加工がしてあるので、料理中に網がずれてしまってだいなしになってしまうということが起きません。

網についているくぼみと、たき火台のでっぱりが噛み合うことでずれなくなっているんですね。

せっかくキャンプで料理をするなら、美味しいものを食べたいものです。

ベルモントTABIのレビュー6:パーツごとに購入できるから安心してガンガンつかえる

たき火をつかっていくと壊れてしまうことがあります。

例えば、使いおわったあとの熱い状態で水をかけてしまって割れてしまった、踏んで曲げてしまったなど予想もしない壊し方をする場合があります。

やすい買い物ではない分、壊してしまったらショックですよね。

そんなときでも安心してくだい。

なんと、ベルモントTABIはパーツごとに購入できるんです!

  • 火床(3,135円/枚)
  • 側板(550円/枚)
  • 脚(1,430円/脚)

この3つをそれぞれ購入することができます。

 

パーツごとに買えるたき火台なんて他にはなかなか無いですよ。

しかも、パーツごとの値段が明確になっているので、思っていたよりも高かったなんてことにはなりません。

 

パーツは購入したアウトドア用品販売店に注文してください。 もし、断られてしまった場合は「support@belmont.co.jp」に連絡したら対応してくれます。

ベルモントTABIの悪いレビュー:組み立てるときに手を切ってしまった

ベルモントTABIは薄いぶん、うっかり手をスッと切ってしまうことがあります。

わたしも、はじめてつかうときにお酒をのんでいたこともあり、フワフワしたまま組み立てていました。

 

すると急に「痛い!」となり、指を見てみるとぱっくり切れていました。

1ミリほどの鉄板でシュッとやれば切れてしまうのは当然です。

 

とはいえ、指を切ったときはその1度きりなので、少しきをつけていればなかなか切ることはありません。

どうしても心配な人は、軍手や焚き火用の手袋などをしてくみたてるといいですよ。

 

ベルモントTABIのレビューまとめ

まとめ

  • 軽いから持ち運びがとても楽で、キャンプのでも疲れない
  • だれでもかんたんに組み立てられるシンプルさで、ストレスなく焚き火ができる
  • 薪をわる必要がないので、ゆっくりリラックスしてたき火を楽しめる
  • たき火の炎がキレイで、いつまでもボーッと眺めていられる
  • 料理がしやすいから、できたての美味しいご飯が食べられてしあわせ
  • パーツごとに購入できるから、うっかり壊してしまっても安心
  • 薄いから、手をサクッと切らないように注意する

実際につかってみたレビューは以上のようになりました。

ベルモントTABIはコンパクトで使いやすいのに、たき火台としての機能もしっかりしています。

見た目もシンプルでカッコいいし最高です!

薪をどんどん燃やして、たき火ライフを楽しみましょう。

ベルモントTABIの口コミ

ベルモントTABIの口コミをAmazonと楽天市場でしらべてみました。

ベルモントTABIのAmazonでの口コミ

ベルモントTABIのAmazonでの口コミ数は354、星は4.6でした。

Amazonで購入したひとの評価がとても高いということが分かります。

口コミにはこのようなことが書いてありました。

30代男性

風のある日でも側板が風防の役割をしてくれて火の粉や灰が舞いませんでした。調理時は熾火でやりますが、高さがちょうどよくて快適に炊飯や調理が出来ますした。

炭でも使える高さです。薪を増やしても中央にも脚があるためガッチリ安定しているので安心です。

きくゴリラ
きくゴリラ
風が強い日でも火の粉がまわないから、テントが燃える心配もすくないね!

 

20代女性

とにかく軽い、薄い、丈夫です。チタン製で火を入れると変色するあたりがとても良く、かっこいいです!

地面からの距離が7cm程度ですが耐熱シートを引けば芝生でも問題なく使用できました。風の強い日でも火の粉が飛びにくかったので安心して使用できました。

きくゴリラ
きくゴリラ
やっぱりチタンが青く変色するのはかっこいい!

 

40代男性

軽量でコンパクトなので、バックパックや自転車などでキャンプされる方に、強くおすすめできます。

組み立てのときに、側板を抜いても安定しますし、長い薪をわざわざ切らずにくべることができます。網がずれにくい設計なので、ピコグリルと違って鍋を載せても安心できます。

きくゴリラ
きくゴリラ
コンパクトだと移動手段がない人でも安心して持っていけるね!

 

わたしが実際につかってみて書いたレビューと同様に、つかいやすいという口コミが多くありました。

少しおどろいた点は、男性だけでなく女性からの人気があるということです。

シンプルな形なだけに女性受けはよくないと思っていましたが、つかいやすさとスタイリッシュな見た目が高評価のようです。

ベルモントTABIの楽天市場での口コミ

ベルモントTABIの楽天市場での口コミをみてみましょう。

楽天市場では口コミの数が31件、星は4.6でした。

20代女性

軽い薄いコンパクト。火床からグリルまでの距離が近いので、火力の管理には注意が必要です。

逆に言えば、調理が手早くできるとも言えますね。燃焼効率も良く、ホームセンターの薪も切らずにそのままつかえるサイズ感です。

きくゴリラ
きくゴリラ
注意しないと料理がこげちゃうかもしれない

 

30代男性

バックパックソロキャン用に購入しました。安定感もあり、くみ立てもかんたん!

初めてくみ立てる時はすこし戸惑うかもしれませんが、2回目からはいいかんじにクセがつくので、数十秒でくみ立てられます。なにより軽い!某超有名焚き火台より軽くて安定します!

きくゴリラ
きくゴリラ
くみたてやすいんだね!数十秒は早すぎる笑

 

20代男性

重たい焚き火台をなんとかしたくこちらを購入。届いてびっくり。めちゃくちゃ軽い!

とにかく夢中で組み立てたらすこし指を切っていた切っていた。二人くらいでも問題ない大きさ。早くキャンプで使いたい。

きくゴリラ
きくゴリラ
指を切っちゃたのか。ちゃんと注意しないとだね!

 

組み立てがかんたんで、使いやすいという口コミが見られました。

指を切ったという人もいるので、つかう時は安全に気をつけるようにしましょう。

ベルモントTABIの口コミまとめ

ベルモントTABIの口コミをまとめると以下のようになりました。

ポイント

  • コンパクトで軽いので邪魔にならない
  • 風がつよい日でも火の粉がまわないので安全に楽しめる
  • 料理がしやすいので、美味しいものが食べられる
  • 薪を切らなくてもいいから、ゆっくりたき火を楽しめる
  • スタイリッシュな見た目がカッコいいから、テンションが上がる

ベルモントTABIはコンパクトなのに、たき火も料理もしっかりたのしめるカッコいいたき火台ということですね。

ベルモントTABIのつかい方

それでは、ベルモントTABIのくみたて方やつかい方を写真と合わせておつたえします。

まったく難しくないですが、少しでも参考になれば嬉しいです。

step
1
2枚の火床をあわせる

2枚火床があるので準備してください。

まず、火床をあわせます。

凹凸があるので裏表にも迷わなくてすみます。

 

凹凸をあわせましょう。

 

接続部をアップにするとこのようになります。

噛み合わせるところに、すこし隙間ができてるのがわかると思います。

 

隙間をなくすように、少しスライドさせて噛みあわせてください。

これで火床の合体は完了です。

step
2
脚を火床につける

火床のくぼみに脚をいれるようにします。

赤丸で囲ってあるところが脚を入れる場所です。

 

はじめて使うときは、火床をすこし力を入れて曲げるようにしてください。

少し怖いかもしれませんが、徐々に力をいれて曲げれば折れる心配もありません。

実際、つかっていくとこのくらい曲がってしまいますので笑

 

さきほどの火床のくぼみに、カギ状のところをはめます。

 

このような感じですね。

何度かつかっていくうちに、火床にクセがついてよりかんたんに合体させることができます。

 

両端と中央の3つ脚をはめるところがあります。

とくにはめる順番はありませんが、まん中からつけるとつけやすいですよ。

step
3
側板をつける

さいごに、側板を付けていきます。

火床の両端にすきまがあるので、そこに側板をさします。

このように差し込むだけなので、とてもかんたんです。

これでたき火をする準備の完成です。

ベルモントTABIのサイズは?

ベルモントTABIのサイズがとてもコンパクトというのはわかるけど、具体的にどのくらいのサイズなのか知りたいという人もいるのではないでしょうか。

身近なものと比較をして写真を撮ってみたので、参考にしてみてください。

ちなみに、ベルモントTABIに同梱されてくるものはこちらです。

  • 火床
  • 側板
  • 収納袋

 

まずは、スペックを見てみましょう。

サイズ(収納時)

178×360×15㎜

サイズ(使用時)

237×360×170㎜

サイズ(網)

178×249mm

重さ(全体)

423g

耐荷重(本体)15kg
耐荷重(網)5kg
材質(本体)チタニウム
材質(フレーム・網)18-8ステンレス
材質(収納袋)ナイロン

とくに見てほしいところは、おもさと収納時のコンパクトさです。

 

とはいえ、数字でわかってもいまいちピンとこないですよね。

では、さっそく身近なものと比較してみましょう。

ベルモントTABIの収納時のサイズ

収納サイズが 、178×360×15㎜ってどのくらいなのでしょうか。

だれもが学生時代にお世話になったノートと比較してみました。

 

横幅はノートとほとんど一緒。

奥行きはノート+10cmくらいでした。

 

薄さはノート4冊くらいです。

 

料理をする予定がない人は、網を持っていく必要がないのでもっとコンパクトになります。

ノート4冊分のスペースさえあれば持っていけるたき火台なので、リュックにさっと差しこんで持っていけます。

徒歩キャンプやツーリングキャンプなど、車とちがって積載に制限がある場合にはとても助かります。

 

しかも、これほどコンパクトなのにたき火台としてはしっかりつかえるというのは嬉しいですね。

ベルモントTABIの使用時のサイズ

ベルモントTABIの使用時は、237×360×170㎜のサイズになります。

2リットルのペットボトルがちょうど乗るくらいの大きさです。

 

ちなみに、ホームセンターで買った薪のサイズはこのくらい。

2リットルペットボトルよりすこし長いです。

 

ベルモントTABIの側板を外してもたき火はできるので、はみでるような長さの薪や木の枝だって問題なくつかうことができます。

たき火台に乗っている部分が燃えたら、少しずらしてつかうイメージですね。

 

いちいち斧などで切る必要もないので、気軽にたき火を楽しむことができます。

ベルモントTABIのおもさ

ベルモントTABIのおもさを実際にはかったところ、全部合わせて420gでした。

きくゴリラ
きくゴリラ
500mlのペットボトルより軽い!

しかもこれ、網も含めた重さなので、軽くしようと思えばもう少し軽くすることができます。

 

まずは本体(火床2枚+あし3脚)。

火床が1枚あたり67g。

 

あし1脚が54g。

すべてを合計すると296gになります。

 

つぎに側板です。

側板は1枚あたり14g。

基本的には2枚つかうので28gです。

 

さいごに網。これは96g。

 

本体・側板・網をすべて足すと420gになります。

 

さて、ここで1つ疑問が。

これらのセットをすべてつかう必要はあるのかな?
きくゴリラ
きくゴリラ

答えは、「ぜんぶつかう必要はない」です。

 

公式サイトもいっていますが、おおきな薪がはいらない時は側板をはずしてつかってもいいのです。

さらに、料理はガスバーナーなどでやるという人は網もいらない。

 

つまりたき火に必要なのは、本体+側板1枚=313g

たったの313gしかないのです。

だいたいリンゴ1個分と言い換えてもいいでしょう。

きくゴリラ
きくゴリラ
リンゴ1つぶんって軽すぎるよ!!

ベルモントTABIの耐荷重

ベルモントTABIの耐荷重は、本体15kg・網5kgです。

 

ホームセンターで買った薪が1本あたり約1.4kgだったので、いちどに10本のせられる計算です。

4本くらいのせれば、かなり大きいたき火になるので15kgの耐荷重は余裕がかなりあります。

 

なんどもベルモントTABIでたき火をしていますが、いまのところ壊れそうな様子はまったくありません。

きくゴリラ
きくゴリラ

いつ壊れるのか心配で2本ずつしか薪をいれなかったのですが、いまは何も気にせずどんどん追加しています。

 

網の耐荷重は5kgです。

アルミやステンレス製のような鍋やカップならば余裕で乗せることができます。

発売初期の網は耐荷重3kgだったのですが、2021年3月1日にリニューアルされて5kgになりました。

 

4-5人用の大きいダッチオーブンなどは耐荷重をオーバーしてしまうので、きをつけてください。

ベルモントTABIの材質

ベルモントTABIはチタンとステンレスでできています。

火床と側板はチタン、脚と網はステンレスです。

 

チタンは軽いのはもちろん、とても頑丈なので薪をのせる火床にぴったりです。

しかも、たき火の熱によってチタンブルーというきれいな色合いになるので、つかえばつかうほど自分だけのたき火台になります。

ちなみにこちらが私の側板です!

きれいなチタンブルーになっていてとても気に入っています。

 

脚と網は「18−8ステンレス」がつかわれています。

18−8ステンレスは高級ステンレス鋼ともいわれていて、クロム18%・ニッケル8%・残りは鉄でできています。

機械の耐久部品から原子力発電所の冷却水パイプにも使われるほど、ステンレスの中でも錆びにくい素材です。

 

なんどもつかっていますが、脚や網は曲がりもサビてもいません。

ながい間、大切につかうことができます。

 

収納袋はナイロン製です。

とても薄いので、破れてしまわないか心配でしたが今のところ破れていません。

とはいえ、軽量化のためかペラペラなのでもうすこし頑丈でもいいのではないかと思いました。

 

ベルモントTABIの網ってどう?

ベルモントTABIは、最初から網がついてきます。

この網には、くぼみがついています。

網のくぼみを脚にあわせるようにのせましょう。

 

すると、網がずれなくなるので調理中に網がずれて食材が落ちてしまうことを防ぐことができます。

きくゴリラ
きくゴリラ
火床をいじった衝撃で網がずれて鍋がすべり落ちたり、食材がころがり落ちたら悲しい

 

ベルモントTABIの網は、安心して料理ができるのでキャンプにぴったりです。

ベルモントTABIにあう鉄板は?

ベルモントTABIで焼き肉をしたいとなったとき、網だとすきまから肉がおちてしまうので鉄板が必要になります。

ベルモントから発売されている鉄板で、ベルモントTABIでつかえるものを2つ紹介します。

極厚鉄板BM-287

1つ目は、極厚鉄板BM-287です。

本体の材質は、黒皮鉄板です。

油を塗り込んで、繰り返してつかううちにどんどん食材がくっつかなくなります。

サイズは210×150×8.5(mm)、重さ約1.5kgです。

網のサイズが249×178(mm)なので、丁度いいサイズでのせることができます。

 

取っ手は、とり外し式のステンレス鋼でできているので、持つときに熱くなってやけどする心配はありません。

グリルプレート黒舟(M)BM-140

2つ目はグリルプレート黒舟(M)BM-140です。

アルミ鋳物製でフッ素コーティングがされているので焦げ付きにくく、波状の焼き面があるので余分な油をおとせます。

火から遠ざけるときに便利なステンレスの取っ手がついています。

 

サイズは217×145×35(mm)で、おもさは約400gです。

あみに乗せると丁度いいサイズなので、ステーキなど少し大きめのお肉を焼くことができます。

ベルモントTABIの販売店

発売当初、ベルモントTABIは人気すぎてなかなか買うことができませんでした。

現在は、供給が追いついてきており様々な通販サイトで購入することができます。

代表的な通販サイトは以下のものです。

  • ベルモント公式サイト
  • Amazon
  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • つり具の上州屋

メルカリなどで高額で転売されていることもありますが、現在は定価で購入できるので注意してください。

ベルモントTABIの価格

ベルモントTABIの定価は税込み11,000円です。

とはいえ、購入場所によって金額はかわります。

 

いちばん安いところはどこか、Amazonやヤフーショッピングなどさまざまな通販サイトと比較してみました。

ほとんどの通販サイトが定価の11,000円だったのに対して、楽天市場だけが9,900円とやすかったです。

楽天市場、公式サイト、Amazon(プライム会員)、ヤフーショッピングでは以下のような価格になりました。

価格送料
楽天市場9,900円無料
Amazon11,000円無料
ヤフーショッピング11,000円無料
ヨドバシカメラ10,387円無料

 

さらに楽天市場だと、「楽天マラソン」や「0と5のつく日はポイントアップ」などのキャンペーンをやっていて、その時期と合わせて購入すればポイントもついてきてさらにお得になります。

楽天マラソンの日に、ほかの商品をまとめ買いするついでに購入するとお得度アップですね。

楽天市場へ

 

明日にでもほしい!!という人はAmazonプライムなら翌日配送してくれます。

Amazonへ

ポイント

  • 少しでもやすく買いたいなら楽天市場
  • 今すぐにでも手にいれたいならAmazon
ベルモント(Belmont) 焚き火台 TABI(収納ケース付). BM-263
Belmont(ベルモント)

ベルモントTABIのオプション

ベルモントTABI専用のオプションはありません。

しかし、ベルモントから発売されている「アイアンたき火スタンドmini(BM-296)」がベルモントTABIとの相性がとてもあっています。

こちらは、公式サイトから引っ張ってきたベルモントTABIとアイアンたき火スタンドminiとのサイズ感です。

 

ちょうど、ベルモントTABIの上をあまり遠くない距離感で渡すことができます。

BM-296は耐荷重が約20kgです。

ベルモントTABIの網の耐荷重5kgなので、約4倍のおもさのものを乗せることができます。

キャンプで本格的な鍋料理をしたいひとにはありがたいオプション品です。

ベルモントTABIとピコグリル398との比較

ベルモントTABIのライバルといえるたき火台があります。

そう、それがピコグリル398です。

お笑い芸人であり、キャンプYouTuberでも有名なヒロシさんも愛用しているのもピコグリル398です。

きくゴリラ
きくゴリラ
ピコグリルという名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

知名度もたかく使いやすいと評判のたき火台です。

じっさい、キャンプにいくとピコグリル398をつかっているキャンパーをたくさん見てきました。

 

わたしも、ピコグリル398を購入しようかと悩んだ時期がありました。

使い勝手やサイズ感は2つともほぼ一緒。

 

しかし、最終的にはベルモントTABIを選びました。

では、なぜベルモントTABIにしたのか。

 

ベルモントTABIとピコグリル398を比較してみたので、そちらをみながら解説していきます。

ベルモントTABIピコグリル398
11,000円価格(定価)12,800円
9,900円(楽天)購入価格(最安値)14,000円(Amazon)

178×360×15㎜

サイズ(収納時)

235×335×10mm

237×360×170㎜

サイズ(使用時)

260×385×245mm

423g重さ442g
チタニウム素材(火床)ステンレス

これが、ベルモントTABIとピコグリル398の比較した表です。

このなかで、大きく違いがあるとしたら「価格」と「素材」。

もうすこし詳しくみていきましょう。

ベルモントTABIのほうが適正価格でかえる

ベルモントTABIは定価が9,900円で、楽天市場を利用すれば9,900円でかえます。

いっぽう、ピコグリル398は定価が12,800円に対してAmazonでは14,000円販売されています。

 

これは、ピコグリル398があまりにも人気だったため在庫が品薄状態になってしまったからです。

さらに、それに目をつけた転売屋が購入するのでなかなか定価で手に入れることができません。

某フリマサイトでは20,000円の値がつけられているものもありました。

たき火台としての機能は、ベルモントTABIもピコグリル398もとても似ています。

それならば、他のキャンパーともかぶりにくく、お手頃に買えるベルモントTABIのほうかっこいいキャンパーっぽいなと思います。

きくゴリラ
きくゴリラ
キャンプ場ではみんなと同じものをあまり持ちたくない性格です笑

素材がチタニウムかステンレスか

ベルモントTABIの素材はチタニウム。俗に言うチタンですね。

一方、ピコグリル398はステンレス製です。

 

チタンのほうが軽いとはいいますが、正直このサイズ感だとそれほど重さに違いはありません。

それでは、なぜ私はベルモントTABIをえらんだのか。

 

きくゴリラ
きくゴリラ
それは、チタンほうがつかえばつかうほど味わいが出てくるからです。

チタンは熱するとチタンブルーという青みがかった焼き色があらわれます。

自分だけのチタンブルーを育てるのがおもしろいですね。

バイクのマフラーが、青みがかったピカピカの光沢を見たことありませんか?

あれ、めちゃくちゃかっこいいと思いませんか。

 

キャンプ場でめちゃくちゃきれいなチタンブルーのたき火台やカップなどを持っている人をみると、それだけで1ランク上のキャンパーに見えます!

ベルモントTABIの偽物に注意

たき火台の宿命でもありますが、偽物がつくられることがよくあります。

ピコグリル398なんかは、3000円くらいで買える偽物がたくさんでまわっています。

パチグリル(パチもんピコグリル)と呼ばれたりもしています。

 

同じように、ベルモントTABIの偽物もAmazonでみつけました。

ほぼ同じ形で、価格は13,292円。素材はステンレス製でした。

 

個人的なモラルの話になりますが、これが5,000円だとしても買うことをおすすめはしたくありません。

というのも、たき火台は開発者が何年もかけて構造を考えて作っています。

 

もちろん、お金の使い方は人それぞれなので買ってはいけないとは言えません。

お金の使いみちは人それぞれであるからこそ、私は開発者やメーカーに敬意を払って、本物を購入したいと考えています。

ベルモントってどんな会社?

ベルモントは新潟県三条市にある「釣り用品」や「アウトドア用品」を作っているメーカーです。

燕三条は金属加工で有名な街で、他にも「ユニフレーム」や「キャプテンスタッグ」などがあります。

 

職人の街の長い歴史があるからこそ、低価格で高品質なものを作り出せるのです。

アウトドアイベントにも出店しているので、近くのイベントがあったら一度てにとってみてください。

ベルモントTABIのまとめ

ベルモントTABIについてまとめるとこのようになります。

ベルモントTABI

  • めちゃくちゃコンパクトで持ち運びに便利
  • かるいから徒歩キャンプでも負担にならない
  • 組み立てがかんたんでキャンプ場で困らない
  • 大きい薪でもつかえるから薪割りの手間がいらない
  • 楽天市場でいちばん安く買える

ベルモントTABIを何回もつかっていますが、ソロキャン好きの僕はとても便利につかっています。

見た目もシンプルでかっこよく、つかうほど味が出てくるものいいですね。

たき火としての機能性もじゅうぶんあって、薪をガンガン入れていけるのもポイントが高いです。

ベルモントTABIで、最高のキャンプ生活をたのしんでください。

ベルモント(Belmont) 焚き火台 TABI(収納ケース付). BM-263
Belmont(ベルモント)

\ いまなら9900円 /

楽天市場へ

1万円以下で買える最高のたき火台

-アウトドア
-

© 2021 GORI best