ハゲタカのえじきのアイキャッチ

ボードゲーム

心理戦&ブラフを掛け合わせたカードゲームハゲタカのえじき

相手との距離が縮めたい。

新学期や歓迎会。

職場での信頼関係。
好きな人との距離。

あの人との距離が近づけたら
絶対毎日楽しくなる。

そう思うことありませんか?

 

そんなとき、ボードゲームで距離を縮めてみませんか?

ハゲタカのえじきは、
心理戦のボードゲームだから、相手との距離を縮めることが可能。

相手の数字の数を読み取り、
同じカードをだすことで、他のプレイヤーにカードを押し付ける。
そんなルールがあるのが、ハゲタカのえじき。

同じカードを出した相手は必ず自分に興味を抱きます。

しかも、それが何度も続いたら。

人は自分と同じ感覚を持っている相手に親近感を抱きます。

ハゲタカのえじきで、相手との距離を縮めませんか?

 

この記事を読むとこんなことがわかります。

はげたかのえじきの勝利方法
ハゲタカのえじき2人でも楽しめるオリジナルルール
はげたかのえじきの最安値

 

もくじ

ハゲタカのえじきは32年も販売されているボードゲーム

ハゲタカのえじきは1988年にドイツで販売された、32年もみんなに愛されているボードゲーム。

ドイツの年間ゲーム大賞にもノミネートされたドイツでも日本でも愛されるカードゲーム。

 

ルールもとっても簡単。


1~15のカード
ー5~ー10のハゲタカの絵がかかれたカードがあり、
色が付いた1-15のカードを一枚だし、
+(プラス)のカードの場合は大きい数字を出した人がもらい、
ー(マイナス)のカードの場合は、
小さいカードを出した人がもらう。
最終的に、もらったハゲタカカードの合計点で競うというもの。

 

カードがマイナス。プラスの意味が分かっている人なら

どんな年齢の人でも遊べるカードゲーム。

ハゲタカのえじき簡単なルール説明

では、ルールとやり方を順番にご紹介。

 

 

①まず、ハゲタカのカードを切り、山札にします。

ハゲタカのカードは1~15 -5〜-8と全部で15枚あります。

 

②数字カードを色分けします。6セットあります。

ハゲタカのえじきで遊ぶ人数の数字カードをだして、それ以外のカードをしまう

 

③山札から一枚カードを引く。

ハゲタカのカードを山札にし、一枚カードを引きましょう。

 

④山札から出たハゲタカカードがプラスのカードだった場合、
一番カードが大きい人がカードをもらえます。

 

山札から出たハゲタカカードがマイナスの場合は、
手札から出したカードが一番小さいカードだとカードがもらえますが、

マイナスカードは勝敗のキーポイントになるカードなので、次に詳しく説明したいと思います。

 

すべてのプレイヤーが同じ番号の数字カードを出した場合、
次にめくるカードと、ハゲタカカードと一緒に貰えるようになります。

 

ハゲタカのえじきのマイナスルールって?

ハゲタカのえじきのマイナスカード。

これがハゲタカのえじきのキーポイントになるカードになります。

 

マイナスカードを拾わない方が勝つ確率が上がるからです。

 

マイナスカードを拾わないようにするにはどうすればいいのか。

人数によって戦略が変わってくるので、

人数別にお伝えしたいと思います。

 

2人プレーの場合

2人の場合、相手がどのカードを持っているのか、察しがついてしまいます。

ですので、どの数マイナスカードなのかにより、戦略を考えます。

 

ハゲタカのえじき全員同じカードだったらどうなる?

ハゲタカのえじきは全員同じカードを出すこともあります。

 

その場合のハゲタカカードは誰に分配されるのでしょうか?


その場合は、相殺され、次のハゲタカカードを取った人に。

 

 

 

大きな数字のカードは勝つためにはほしい
→大きい数を出す

小さい数字のカードは負ける要素が強くなる
矢印小さい数を出す

 

 

 

どうしても被ってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

その場合は、わざと数字をずらして、相手にマイナスカードを押し付けたり

あるいは、カードを取りに行く

 

そういう駆け引きが大事です。

 

ハゲタカのえじき必勝法を伝授

ハゲタカのえじきは心理戦でもあり記憶戦でもあります。

ここでは、必勝法を伝授します。

 

・心理戦、記憶戦の戦い方。
・ハゲタカカードのどのカードを取ると勝ちやすいのか。
・どのカードをとってしまうと負けやすいのか。
・始めに出すべきカード

 

必勝法を伝授します。

 

ハゲタカのえじきが、心理戦、記憶戦といわれているのはなぜなのか?

心理戦

ハゲタカのえじきで大切なのは、相手がどのカードを出すのか、気持ちを読み解くことです。

そのときに、自分は○○のカードを出すよ

なんて言って、相手の心を揺さぶることも可能。

心理戦を駆使して、相手を翻弄できるのがハゲタカのえじきの、面白いところです。

 

記憶戦

ハゲタカのえじきでもっとも大切なのは、

どのカードを相手が出したのか。

それを覚えておくことです。

そうすることで、マイナスのカードが来たとしても、

相手の手持ちカードを読めれば、相手と違うカードを出すことが可能になるからです。

 

ハゲタカのえじき、始めに出しておくのがいいカードはどれ?

始めに出しておくべきカードそれは、数が小さいカードです。

なぜなのかというと、

始めに大きい数を出してしまうと、
マイナスカードが来た時に確実に負けてしまうからです。

 

実は、ハゲタカカードの数によって出すべきカードが決まっているんです。

それをこっそり教えちゃいます。

-5→12~13

-4→10~12

-3→9~11

-2→7~8

-1→持ってる数字で一番低いものを

1~2→同上

3~5→7~10

6~7→13~15

8~10→持ってる数字で一番低いものをだすか、心理戦で考えてみる

 

この戦略を覚えていたら、ハゲタカのえじきは負けなしになること間違いなし!

ハゲタカのえじきのプレイ時間はどのくらい?

ハゲタカのえじきのプレイ時間は

プレイする人数によって変わります。

 

2人でプレイする場合、さくさく進むので、10分もしないで終わります。

人数が増えるほど、

心理戦になってくるので、かかる時間も増えていきます。

最長でも20分かからないくらいです。

ハゲタカのえじきの対象年齢は?

ハゲタカの餌食の対象年齢は、何歳と定められるものではなく、

数字の概念がわかっているということ、ルールがわかっていることが必要になります。

 

例えば

数字の1より数字の5は大きい。
数字に-がついている時は、小さい人が勝つ

 

ということが分かっている子であれば、5歳からでもハゲタカのえじきはプレイ可能です。

ハゲタカのえじきプレイ人数何人が一番楽しい?

一番楽しい人数は4.5人です。

 

ハゲタカのえじきは2人からでもプレイ可能。

しかし、2人プレイの場合は、相手の手札が読めるということと、
心理戦を駆使して他の人にカードを押し付けるということができません。

なので、面白みにかけます。

 

なので、プレイするなら、4人から5人が適切な人数です。

 

4-5人の場合ですと、誰がどのカードを持っていたのか、

全部は覚えられない為、

コミュニケーションを取りながら進めて行けます。

なので、楽しみも増えます。

 

ハゲタカのえじき2人でプレイしてみた

ハゲタカのえじき、2人でプレイしてみました。

相手の持っているカードが、把握できてしまうため。
わざと被らせる、かぶらせないということも考えられますが、
2人被ると次のカードまで持ち越しになるので、
持ち越しが多くなりました。

なので、オリジナルルールを作って、持ち越し回避と持っているカードを把握できないように工夫しました。

次では、それをご紹介します。

ハゲタカのえじきは自作のルール作ってみました。

2人で遊ぶと、相手のカードが把握できてしまったり、
持ち越しが多くなってしまうので、それを回避するためにオリジナルルールを作りました。

 

2つルールを追加しました。

①3人目を作った
②カード内容を宣言

どのようなルールなのか、詳しく解説します。

①3人目を作ったは、
2人だと、どのカードを持っているのかわかってしまうので、
AIを作りました。
どう作ったのか?

数字カードを切って、上から順番に出すようにしました。
とんでもない数字のカードが出ることももちろんありますが、
2人でやるより盛り上がります。

②カード内容を宣言は、
その名の通り、今からいくつのカードをだすのか宣言することです。

宣言する通りのカードを出すとも限らないし、
本当にそのカードを出すかもしれない。

相手の意図をくみ取りながらカードをだすとさらに盛り上がります。

ハゲタカのえじき4人、5人プレイだとどうなる?

4.5人でプレイすると、本来のハゲタカのえじきの楽しさを味わえます。

ハゲタカのえじきの楽しさは、相手が何のカードをだすのか、心理を読み取る事。

例えば、
15のカードが出た場合、
2人きっと15を出すだろう。被る予定だから、自分は14のカードを出そう。

みたいに、心理を読み取りカードを取るのがハゲタカのえじきの楽しさです。

2人の場合でももちろん心理を読み取り、相手にカードを渡すことも可能ですが、
4,5人になると、自分のカードを読み取られている可能性もあるので、
意外性がでて楽しさが増します。

なので、4人以上でプレイするとさらに楽しくなります。

ハゲタカのえじき全カード枚数

全部のカード枚数は
数字カード90枚+ハゲタカカード15枚なので

105枚になります。

ハゲタカカードの内訳は

1-10と-1-5の15枚に

数字カードの内訳

1-15の数字カードが6色

 

ハゲタカのえじきの数字カードは何枚ある

数字カードは6色あり、1-15の数字が書かれています。

なので、全部で90枚になります。

ハゲタカのえじきの遊んだ感想は総合点75点

ハゲタカのえじきの口コミ総合点は100点満点のうち、

75点でした!高得点!

 

悪い口コミ

小さい子は15枚は一変にカードを持てない

 

簡単すぎて何回かやっていると飽きてしまう

 

良い口コミ

ルールがとてもシンプルなので、

説明が苦手でもプレイすればやり方がわかる

 

ハゲタカのえじきの難易度は

ハゲタカのえじきはとっても簡単!

カードが小さい、大きいという意味さえ知っていれば、
5歳でもプレイできるゲームです。

ボードゲーム初めての人におすすめするボードゲームです。

 

ハゲタカのえじきニムトと比べてみた

ハゲタカの餌食と似ている、ニムトというボードゲームがあります。

ニムトは1994年にゲーム大賞を受賞したボードゲームになります。

 

簡単に言うと、真剣衰弱が進化したボードゲームになります。

 

ハゲタカのえじきはハゲタカがでてくるが、このニムトは牛が出てきます。

 

ゲームルールは
はじめに4枚縦一列にだします。

表にだしたカードに描かれた数字の小さい順に、カードの列の後ろにカードを並べます。

列の最後尾のカードが並べるカードの数字よりちいさく、一番近い列に置きます。

真剣衰弱と違うのが、5枚までしか置くことができないというところです。

6枚置いてしまった場合、前に置いた五枚のカードを引き取り、引き取ったカードの合計数字で競う競技となります。


4枚並べられていたカードの一枚が25のカードの場合、次の人が27その次が29と出していき、6枚目になるカードを出してしまった場合、そのまえの五枚のカードを引き取らなければいけない。

自分が引き取ったカードの合計点で競うというゲームです。

運の要素もありますが、知能戦なところもあります。

ただ、ハゲタカのえじきは出しておしまいなので、
時間を考えた時、ハゲタカのえじきのほうがプレイ時間が短いかなと。

年齢層も、ゲーム難易度もニムトの方が高いと思います。

初心者におすすめするのは、ハゲタカのえじきです。

ハゲタカのえじきのブログを見るならたっくん

ボードゲームのブログで有名なところはたっくんボードゲーム日記というところ。

2010ねんから運営しており、100を超えるボードゲームが紹介されている

 

その、たっくんがハゲタカのえじきの紹介ブログを書いたのが、

2011ねん11月に書いたブログ。

 

ハゲタカのえじきを紹介してはずれだったというケースは全くと言っていいほどない。

それくらい万人受けするゲーム

 

一度毛嫌いされたのは、【ハゲタカ】というネーミングくらい。

プレイのしやすさ、ルールのわかりやすさ、面白さも分かりやすい。

 

ゲーマーと初心者が混じってやっても、まったく問題なく楽しめる

というのが素晴らしい。

 

という記事をあげていた。

 

初心者とゲーム慣れしているゲーマーだとどのゲームをしても

どうしてもゲーマーが勝ってしまったりするが、

このハゲタカのえじきは、

ゲーマーだから勝利するということはない。

 

どんな年齢、ゲーム熱中歴関係なく遊べるというのは大きいと思った。

 

ハゲタカのえじきドイツ年間ゲーム大賞受賞作品された名作ゲーム

ハゲタカのえじきはドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた名作です。

そもそも、年間ゲーム大賞とはどんな賞なのか?

 

簡単に言うと、ドイツのアナログボードゲームの賞です。

1978年からはじまり、審査員はゲーム評論家、専門家で構成され、

審査員になるにも、推薦が無いとなれないというもの。

しかも、開発やマーケティングに関わっている人は審査員になることもかなわない、

とても由緒正しい賞です。

 

 

 

受賞すると、ドイツ年間ゲーム大会のロゴをパッケージに印刷することが

可能

 

になります。

 

そのロゴを印刷するためには、ライセンス料を年間ゲーム大会の主催者に払い、

そのお金で毎年年間ゲーム大会が開催されているとのこと。

 

長い間開催されているからこそできる、仕組みだなと少し関心してしまいました。

 

でも、そのロゴがあれば、間違いなしに良いボードゲームであることは間違いない。

すごい賞を受賞したのが、このハゲタカのえじき何だなと思いました。

 

ハゲタカのえじきはドイツ発祥Wikipediaにも登録されているゲーム

ハゲタカのえじきは、1988ねんラベンスバーガー社にて、作者アレックスランドルフ志によって作られました。

日本ではその後メビウスゲーム社が作成し、日本語に訳され販売されました。

 

非常にシンプルなルールながら同じ数字を出さないように、あるいは、
登園がマイナスの場合、同じ数字をだして別の人に押し付けるようにするなど、
お互いの心理を読みあうゲームとして人気を博しました。

 

Wikipediaにも概要がしっかりと印されており、
みんなに愛されているボードゲームであることが読み取れます。

 

ハゲタカのえじきのは作者はガイスターやチャオチャオも作った有名なあの人

そんな万人に長いこと愛されるボードゲームを製作した人は、
アレックスラドルフという方。デザインを作ったのも同じ人です。

その人はガイスターやチャオチャオを作った人。

ガイスターは1982年にドイツ年間ゲーム大賞候補作品で、
チェスに似ている、立体的なボードゲームになります。

 

 

チャオチャオは立体的なボードゲーム。
チャオチャオはサイコロを振って駒を進めるボードゲームなのですが、
サイコロを筒のの中でふり、出た目を宣言し、宣言したゲームの目が正しいのかウソなのか、他のプレイヤーが見破り、合っていたら進めるというゲームです。

このゲームの面白いところは、サイコロに×印があり、それを出た場合
必ずうそをつかなければいけません。

うそを見抜けるのかがポイントになるゲームです。

ハゲタカのえじきのようにゲーム自体はとっても簡単なのに、奥が深いゲーム内容が特徴的な作者だと思いました。

 

ハゲタカのえじきの初版は2011年のもの

ハゲタカのえじきの初版は2011年のこんな絵柄のものです。

今とは全然違う絵柄。

でも、ルールは初版から変わらず。

アメリカ版やドイツ版も絵柄が違うので、
どの言語がかかれているのか、裏面をしっかりチェックして購入してください。

 

ハゲタカのえじきにピッタリのスリーブを検証

スリーブとは、カードを傷や汚れから守るためのもの。

カードを一枚一枚入れる袋状の保護フィルムのことを言います。

ハゲタカのえじきにぴったりのスリーブは

 

 

スリーブには3つの種類があります。

 

透明スリーブ

カラースリーブ

キャラスリーブ

 

それぞれ説明したいと思います。

 

・透明スリーブ

オーソドックスなタイプ。

両面が無色透明でできており、硬さも3種類あります。

 

ソフトタイプ

ハードタイプ

ウルトラハードタイプ

 

手触りの好みで選ぶといいと思います。

 

・カラースリーブ

片面が透明だったり、片面が黒色になっていたりするものです。

ゲームをするときに相手のカードと混ざってしまわないために使用したり、

カードスリーブの上に重ねて使用するために使います。

 

・キャラスリーブ

 

片面が透明または、片面にキャラクターが描かれていたり、ロゴがはいっていたりするものです。

カラースリーブより厚みがあります。

上から重ねて使用するのがいいかと思います。

 

ハゲタカのえじきのジャンルはバッディングカードゲーム

被ってはいけないルールのカードゲームのことを

バッディングカードゲームと言います。

 

ハゲタカのえじきもプレイヤー同士、同じカードを出してしまうと、
同じカードではなかった人にハゲタカカードがうつってしまうので、

このジャンル、バッディングカードのジャンルに入ります。

 

いただきストリートやトマトマトがこのバッディカードゲームの部類に入るそうです。

 

ハゲタカのえじきはトリックティキングって言われている

ハゲタカのえじきはトリックティキングともいうそうです。

トリックティキング、聞きなれない言葉ですよね。

ちいさな勝負(トリック)ポイントを獲得(低テイキング)という意味だそうで。

簡単に言うと、繰り返されるトリック。全プレイヤーが手札を切り、複数のトリックを回避しながらポイントを獲得するカードゲームということです。

 

たしかにハゲタカのえじきは

ハゲタカのカードを獲得するために、プレイヤー同士がカードを切るので、

トリックティキングに該当します。

 

ボードゲーマーの中では「トリテ」なんて言うそうです。

 

                                                 

ハゲタカのえじきはアニメでも放映されたよ

ボードゲーム好きには有名なアニメ、放課後さいころ倶楽部にて

ハゲタカのえじきも紹介されました。

紹介された回は

第4話 ミドリの夢

という放送回。

 

気になる人はぜひ見てみてください。

 

ハゲタカのえじきは英語名は?

ハゲタカの餌食を英語訳すると、

What the Heck となります。

 

英語で訳での販売もありますので、

What the Heckとパッケージに書いてあったら、

英語版かもしれないと思って、後ろを確認して購入してみてください。

 

ハゲタカのえじきオンラインは?

はげたかのえじきオンラインをやっているのは
ゲームボードアリーナとアプリであります。

ゲームボードアリーナは世界の人と対戦できるものです。

 

ハゲタカのえじきアプリはあるの?

ハゲタカのえじきはandroidスマホでは、無かったのですが、
iPhoneスマホでは、販売されています。

APPLIONというアプリです。

CPU対戦はサポートはないです。
2019年12月8日リリースしました。

Atomu Okuが配信している、カードゲームになります。

 


ハゲタカのえじきゲームボードアリーナで楽しめる

ゲームボードアリーナとは世界の人とプレイできるネット対戦の場です。

 

455の他のゲームもあります。

 

ボードゲームアリーナでは、ハゲタカのえじきようのゲームモードがあります。

 

トレーニングモード

タイブレーク時のルール

捨て札の山を見ることができるモード

同率1位になった時の勝者の決め方を変更できるモード

 

など、ゲームがさらに面白くなるよう、

いろいろなモードが搭載されているのは、

ゲームボードアリーナならではなので、ぜひチャレンジしてみてください。

ハゲタカのえじきドイツ年間ゲーム大賞受賞作品された名作ゲーム

ハゲタカのえじきはドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた名作です。

そもそも、年間ゲーム大賞とはどんな賞なのか?

 

簡単に言うと、ドイツのアナログボードゲームの賞です。

1978ねんからはじまり、審査員はゲーム評論家、専門家で構成され、

審査員になるにも、推薦が無いとなれないというもの。

しかも、開発やマーケティングに関わっている人は審査員になることもかなわない、

とても由緒正しい賞です。

 

受賞すると、ドイツ年間ゲーム大会のロゴをパッケージに印刷することが

可能になります。

 

そのロゴを印刷するためには、ライセンス料を年間ゲーム大会の主催者に払い、

そのお金で毎年年間ゲーム大会が開催されているとのこと。

 

長い間開催されているからこそできる、仕組みだなと少し関心してしまいました。

 

でも、そのロゴがあれば、間違いなしに良いボードゲームであることは間違いない。

すごい賞を受賞したのが、このハゲタカのえじき何だなと思いました。

 

ハゲタカのえじきの最安値は楽天

ハゲタカのえじきの最安値は楽天になります。

1500円で販売されており、送料も無料で発送されます。

 

楽天は、ポイント5倍ディやブラックセールなどたくさんの

イベントを行っているので、

その期間に購入するとポイントもたくさんつき、更にお得になります。

 

Amazonも1530円で販売されておりましたが、

Amazonプライム会員でないと送料は無料にはならない為、

楽天が最安値です。

 

ハゲタカのえじき日本語版を買う時のポイント

ハゲタカのえじきは、世界で販売されているため、

日本語版ではなく、英語、ドイツ版などが日本でも販売されております。

 

ですので、ハゲタカのえじきを購入する際には、

ハゲタカのえじき 日本語版 と検索することをおすすめしています。

 

そうすることで、

他の国のボードゲームは除外されます。

 

ハゲタカのえじきドイツ製を売っている店舗はここ

ハゲタカのえじきのドイツ製を購入したいという場合、

どこで購入可能でしょうか。

 

それは、駿河屋とAmazonで購入可能です。

 

駿河屋の場合は日本語訳がついておりましたが、

ただいま品切れとなっていました。

ちょくちょく確認してみるといいと思います。

 

Amazonの場合、1828円で購入可能でした。

Amazonプライム会員の場合、送料無料で購入できますので、

ぜひ、購入してみてください。

 

ハゲタカのえじき定価は2100円

ハゲタカのえじきの定価は2100円となります。

楽天やアマゾンでは、安く売っています。

最安値は楽天の1500円になります。

 

ハゲタカのえじき通販で売っている店はどこ?

ハゲタカのえじきは様々なところで販売されています。

 

ロフト、ヨドバシ電気、百町森、メルカリ、駿河屋、Amazon、トイザらス

楽天

 

ネット販売でも、店頭販売でも販売されています。

ハゲタカのえじきはヨドバシ電気で販売している?

 

ヨドバシ電気で購入する利点は、店頭受け取りがあることです。

家の近くにヨドバシ電気がある人は、

送料がかからず、ネットで注文して取り置きができるので、

とってもお得です。

 

少し面倒なのが、

 

・ヨドバシ電気のオンラインの登録をしなくてはいけないこと。

 

・どの店舗が店頭受け渡しを行っているのかしっかりとネットで

チェックすること

 

この2つが苦ではなければ大変お得なので、購入してみてください。

ハゲタカのえじき楽天店

 

楽天店は最安値で、お得なセールをしているときには

ポイントももらえて更にお得なので、おすすめします。

 

最安値は送料無料で1500円です。

 

ハゲタカのえじきAmazonは日本語版以外にも販売

Amazonでは日本語版だけでなく、ドイツ版も販売されています。

 

日本語版でも昔の商品はパッケージが違います。

なので、どの商品が日本語版か分かりにくいと思います。

 

どちらが日本語版わかない人は、検索窓で「ハゲタカのえじき 日本語版」

と検索をかけてみてください。

 

すると、ドイツ版はでてこないので、安心して購入できます。

 

ハゲタカのえじき実物を見たいなら、ドン・キホーテの店舗で

 

ドン・キホーテは、オンラインの取扱いが終わってしまったため、

ドン・キホーテが入っている、Yahoo!ショッピングと楽天店を調べてのですが、

どちらもハゲタカのえじきは取扱いをしておりませんでした。

 

店頭での販売は行っておりますので、

ドン・キホーテで購入したい方は、お近くの店舗で購入してみてください。

 

ハゲタカのえじきトイザらスのネット販売やってる

トイザらスのネット販売はおこなっているのですが、

ハゲタカのえじきのオンラインは取扱いは行っておりませんでした。

 

店頭はトイザらスは私が住んでいる県に無くなってしまったため、

確認できませんでした。

 

お近くにトイザらスがある方は一度確認してみてください。

 

ハゲタカのえじき百町森たくさんボードゲームを買うならここ

百町森にはたくさんのボードゲームが販売されています。

マイナーなボードゲームもたくさんとりあつかっておりますので、

ぜひ、他のボードゲームと一緒に購入してみてください。

 

ハゲタカのえじきは1500円で販売されています。

 

ただ、送料が地区によりことなりますので、

しっかりと確認して購入してみてください。

 

ハゲタカのえじき中古品を販売しているお店は

ちょっとやりたいだけだから、中古で安いと嬉しいなという方もいらっしゃると思います。

 

中古品を販売しているお店は、

 

メルカリ

ヤフオク!

駿河屋

 

で、販売しておりました。

 

メルカリ

一回使用 1400円

新品   1500円 +送料700円

 

ヤフオク!

新品   1580円

一回使用 1300円+送料800円

 

駿河屋

新品   1350円

中古   1140円

 

という値段でした。

どれも、少し安いだけで、送料を考えると新品で購入するのと大して

変わらないのではないかと思いますし、

中古品なので、中の状態が少し心配な場合もございますので、

中古での購入はお勧めしません。

ハゲタカのえじき まとめ

ハゲタカのえじきちょっと興味持てましたか?

ハゲタカのえじきのポイントは

5歳でもできる
相手の考えていることを当てられるとたのしい
マイルールを追加すると更に楽しい
最安値は楽天
他のゲームと比べても簡単でも奥が深い

というところではないでしょうか?
相手との親密度を計る材料にもなるので、一緒にゲームするとさらに仲良くなれます。
レクリエーションに使ってみるのもアリだと思いますし、
歓迎会などで使うのも相手のことが知れるきっかけになると思います。

運要素も強いので、
5歳の子とゲームをしても5歳が勝てるので、みんなで楽しめるゲームになります。

ぜひ、ハゲタカのえじき、みんなで遊んでみてください。

-ボードゲーム

© 2022 GORI best