CRV-G300

家電

ステイホームの強い味方!多機能ホットプレートCRV-G300

最近、世にはびこるウイルスの関係でステイホームやおうち時間など自宅で過ごす機会が多くなりました。

さとゴリラ
さとゴリラ
おうちで過ごすの好きだし、必要な時だけ外出して…そこまで困ることはないかなぁ

なんて思っていました…

 

そんな我が家が、なぜかホットプレートを買うことに!

購入したのはタイガー魔法瓶株式会社から発売されている「crv‐g300

通常用、焼肉用の波形、たこ焼き用の3枚のプレートが付いている万能型ホットプレートです。

 

 

ステイホームといわれ、おうちで過ごすこと自体は苦ではありません。

では、なにが大変だとかんじているのか…それは「食事の支度」です。

 

平日は、幼稚園や学校で栄養たっぷりの給食やお弁当をたべてくるので良いのですが…困るのが休日のごはん!

我が家ではご飯を作れるのが私しかおらず、1日3食作るとなると休日はほぼ台所で過ごすことに…泣

 

今まではちょっと楽したい時には、近くのパン屋さんに行ったりフードコードで食事をしたりなどもできました。

 

しかし、不要不急の外出ができない今の状況では今までのようにはいかず

 

そんな時にひらめきました!

 

さとゴリラ
さとゴリラ

みんなで作りながら食べればいいんじゃない!?

 

ということで買っちゃいました、ホットプレート。

 

 

購入してからcrv‐g300について調べてみると、ネットでの口コミがどれも高評価!

しかも我が家が購入した値段よりも安く買えるところも…地味にショックです笑

 

ということで、今回は実際に使ってみた感想も含めてCRV-G300について詳しく解説していこうと思います。

 

 

もくじ

crv‐g300の口コミを調べてみた

CRV-G300の良い口コミ

本来なら、ホットプレートを購入する前に口コミを見てどれにするか選ぶと思うのですが…

我が家では購入してから「crv‐g300って人気なのかな?」と調べてみました。

 

調べてみて、良い口コミの多さにびっくり!

また決定的に悪い口コミというのも見当たらない。

 

これは、けっこういい買い物をしたのではないでしょうか

 

 

我が家で実際に使ってみた感想とともに

 

どのような口コミがあるのか、いい口コミ、悪い口コミともに見てみましょう。

 

我が家でも実際に焼肉をしてみた

ホットプレートで初焼肉

 

購入したその日に、ホットプレートを使用して焼肉をしました。

ホットプレートを我が家で使ったのはこれが初めて!(実家では使ったことありましたが…)

 

ホットプレート外箱

 

…なので、ほかのホットプレートとの違いというのはよくわかりませんでした。

 

厚めの牛タンなどもしっかり焼けていて、一緒に焼いた硬めの人参もしっかりと火を通すことが出来ました

 

煙はあまり出ていないように感じましたが、やはり焼肉中は「焼肉してる!」というにおいがしていました。

 

ですが、翌日ににおいが残るようなことははなかったです。

(これは換気扇や空気清浄機の効果かもしれませんが…)

 

後述しますがCRV-G300にはホットプレートの下に水を張ることで、煙とにおいを抑えるという仕組みがあります。

 

今回はホットプレートを買った勢いで急遽焼肉をしたので、次回は具材などももっとしっかり準備してやりたいところです。

 

親子3人でたこ焼き!焼きながらゆっくり食べられる

たこ焼きプレート

 

別の日に、私と子どもたち2人(小学校2年生・幼稚園年少ともに男児)でたこ焼きを焼いてみることに。

 

今まで我が家にあったのは、電気式で小さめのたこ焼き焼き機。

 

一度に焼けるのは18個で、中心に近い部分は良く焼けて端はまだ焼けていない…という焼きムラがありました。

 

このたこ焼き焼き機を使って、お昼にたこ焼きをすると、以下のような困ったことがありました。

 

困っていたこと

  • 一度に焼ける数が少ないので、はやく食べたくても待たなければいけない。
  • 食べるペースに追い付かず、作り手(主に私)がずっと忙しい。
  • 焼きムラがあり、中心と外側を入れ替えたりしないと全部がきれいに焼けない。
  • 鉄板部分が外せないので、水洗いができない。

 

CRV-G300では、これがすべて解決

 

たこ焼焼きはじめ

 

一度に焼ける数は30個。しかもどこでも焼いても焼きムラはなくきれいに焼けるので、たこ焼きが焼けるのを待っているのは最初に焼くときだけ。

 

そのあとは、焼けたたこ焼きを食べている間に次のたこ焼きが焼けているという好循環。

 

ホットププレートで焼けたたこ焼き

 

しかも今までのたこ焼きと比べると、1つ1つのたこ焼きがどことなく大きいような…。

しっかり食べて満足感がありました

 

子どもたちも、長男が12個、次男が14個と、いつも以上に食べていました。

カリっと焼けて美味しかったのかな?

 

残り少ないたこ焼き

 

さとゴリラ
さとゴリラ
焼き係の私も落ち着いてゆっくり食べる時間がありました。嬉しい…!

 

 

片付けもたこ焼きプレートを外して洗えるので、シンクでじゃぶじゃぶ水洗いができます。

 

今までのたこ焼き焼き機はふき取りだけしかできなかったので、しっかり拭いてもどこかベタベタしている感じが気になっていました。

 

たこ焼きプレートを洗う

 

CRV-G300でたこ焼きをすれば、今までのたこ焼き器で不満に思っていたことが、すべて解消されました。

 

 

子どもたちにたこ焼きをリクエストされるたびに「めんどくさいなぁ」「時間かかるんだよなぁ」と思っていたのですが

CERV-G300でならいつでもリクエストに応えてあげられそうです。

 

crv-g300の良い口コミ1:プレートが3種類ついていて、いろいろな料理ができる

3枚のプレートでいろいろな料理ができる

口コミによく書かれていたのは「プレートが3枚あって、いろいろな料理が作れる」という口コミ。

 

中でもたこ焼きプレートの人気は高く、たこ焼きプレートが付いていることが購入の条件であるという声も。

自粛生活で使用頻度が増えた、というご家庭も多くプレートごとにさまざまな料理ができる点は魅力的です。

 

20代女性のママさん

とても便利です!!ステイホーム中にはたこ焼き。焼肉、ホットケーキとよく使いました。たこ焼きも大きめなので、食べ応えがあり、子供が小さい我が家には、数回焼くだけでおなかがいっぱいに穴ります。

 

30才男性のパパさん

以前は800wのホットプレートを使用していて、火力が弱くたこ焼きを焼くのに数時間かかってイライラしていたために購入しました。鉄板の大きさ、重さはありますが、火力が断然よく、あっという間にたこ焼きが作れました。また焦げ付かずにスルッと返せたのも感動です。目的別に鉄板が分かれていて、ふたもあるので料理のレパートリーが増えそうです。

 

30代女性の主婦

初めてホットプレートを購入しました。焼肉くらいしかホットプレートを使っての料理が思いつかなかったのですが、煮込みハンバーグやワッフル、アヒージョなどもプレートを変えることで作れると知ってテンション上がりました!イベントの食事だけでなく、日常的にも使っていきたいです。

 

20代女性

注文した翌日に届きました。買い替えに昨年から、どれにしようか迷いすぎて、やっとこのタイガーのホットプレートを見つけました。たこ焼き器が付いているのと、立てて収納できるのが購入pointでした。さっそく使ってみましたがとても使いやすく、又火力が強いので、すぐに焼けました。買ってよかったです。

 

50代男性

20年使ったホットプレートが故障したので買い換えました。家でたこ焼きを作りたかったのでこの商品に決めました。購入後、たこ焼き、焼きそば、焼肉にそれぞれのプレートを使用しましたが、どれも上手にできました。超お勧め。

 

ホットプレートを出して食事、となると特別感のある食事の時だけ使うというイメージがあります。

 

ですがいろいろなプレートがついているcrv‐g300なら様々な食材が焼けます。

 

朝ご飯の時に目の前で目玉焼きを作りながらウインナーも焼いて…なんていう日常使いもできそうですね。

 

crv‐g300の良い口コミ2:全部が1つに収納できる

ホットプレートの部品が1つにまとまる

収納に関することも、よい口コミが多かったです。

 

crv‐g300 は、3枚付いているプレートやその他の付属品をすべて1つにまとめて収納することができます。
(温度調節器+コードは安全上の理由から別になっています。)

 

また本体からアシを出して立てて収納することができるのもほかのホットプレートにはあまりなく、好評なようです。

 

40代男性のパパさん

一番良かったのはしまう時に縦置きできてコンパクトになることです。我が家ではコードは袋に入れて取っ手に縛っています。なかなかこのサイズをしまう収納場所はないので重宝です。

 

家電評論家の男性

専用収納ケース付属でもわかる通り、ホットプレートで嫌だと思うのは収納。これが面倒くさいと、その内に使わなくなってしまう。その点『これ一台』は、全部のプレートを重ね合わせると、本体の収納フックで、上手く固定できるように設計されており、とても便利。しかも、本体には、立てておけるように、アシ(足)からスタンドが出せるようになっており、かなり練られた仕様になっている。

 

30代女性のママさん

プレートが何枚もついているホットプレートは、いつまでも箱を取っておかないと収納できないと思っていましたが、これ一台は本体に全部しまえるので箱がなくてもすっきりしまえました。1つにまとめられるので、お友達家族とマンション内の共有スペースを使ってたこ焼きパーティをするときにも持ち運びしやすかったです。

 

50代男性

古いプレートからの買い替えです。今回は、次の3点で探しました。①たこ焼き器もついているもの、②j家族四人でできる大きさ③収納もうまくできるもの、そこでたどり着いたのがこのプレートでした。たくさんのプレートが付いていて、最初は「?」となりましたが、使っているうちにわかりました。また、いろいろと外せるので、洗いやすくていいです。収納も立てておけるので隙間にうまく入れられます。あとは、長持ちしてくれると嬉しいです。総じて、購入しての満足度は高いと思います。

 

50代女性 主婦

ずっと使用していたホットプレートのコーティングが剥がれてきたので、今回こちらを購入しました。たこ焼きプレート、焼肉プレートもついているのに収納も自立もできてスマートです。これから大活躍してくれそうです。

 

crv‐g300の良い口コミ3:すべて取り外せて洗いやすい

平面プレートを洗う

ホットプレートを購入しても、あまり食卓で使わなくなる原因の1つに、「洗いにくい」ということがあると思います。

 

古いタイプだとプレートがはずせなかったり、プレートが外せても本体部分にとんだ油汚れはふき取るしかなかったり…。

 

でも、crv‐g300は「こんなところまで外せるの!?」という部分まで細かく取り外しが可能

今まで洗いにくかった本体部分も、しっかりと洗うことができます。

 

30代女性 主婦

いつもホットプレートを洗うのに苦労していたので、全部取り外して洗いやすいのが決め手となり購入しました。実際使用後に洗う時も、鉄板は鉄板だけで洗うことができ、本体もシンクでジャバジャバ洗えたので片付けがとても楽になりました。ホットプレートを使う回数が増えそうです。

 

30代女性のママさん

ホットプレートの買い替えにすごく悩んでおり、今回思い切ってこちらの品を購入。届いたときに箱を見て『でかっ!』って思いました。平らなプレートとたこ焼きプレートを使いましたが、大きなプレートの為一度にたくさん焼けるし、火力も強くておいしく焼けました。片付けも簡単で縦置きにできるし、すべてバラバラになるので洗うのも楽です!すべてをまとめると重いけど、単体で使ったり洗ったりするのには何ら支障はありません!!もっと早く購入すれば読型と思いました!

 

40代女性のママさん

子供も大きくなりフライパンで人数分食事を作るのに苦労していました。しかし、これを購入してからは大分楽をさせてもらっています。焦げ付きもなく、洗うのも簡単で、なにより台所が散らからない。非常に重宝しています。

 

30才女性 主婦

こちら、リピート買いです。本当につかいやすく、枠も、水洗いが出来るので食べ物や油がはねても大丈夫です。しまう時は、縦にも横にも置くことができ収納も場所を取りません。

 

40才男性のパパさん

前のモデルからの買い替えで、我が家では、焼肉・たこ焼き・もんじゃ焼きで使用しています!すべて分解できるので洗う作業も簡単です。

 

crv‐g300の口コミ4:家族で使うには大きさもばっちり

ホットプレートを囲んで家族が笑顔

crv‐g300は3~4人向けのホットプレートですが、5人家族でもちょうどよいサイズで使える、という口コミが多くありました。

 

4~5人で使ってもお肉やお好み焼きなどが焼けるのを待つ時間が少なくて済むというのは、食事への満足度が上がりそうです。

40代女性のママさん

大きすぎず小さすぎず家族4人で使っているテーブルにはちょうどのサイズで、さっそくたこ焼きや小籠包などを焼いて楽しく美味しくいただきました!

 

30才女性のママさん

ずっとホットプレートが欲しかったのですが、子供が小さいからまだ出番がないかなぁと買わずにいました。でも、下も大きくなってきたので購入を検討しました。初めはシンプルなのを買おうと思いましたが、やはりたこ焼き&焼肉もやりたいなぁと思い、こちらを購入しました!買ってよかったです!お好み焼き、もんじゃ、焼肉、たこ焼き、家族でワイワイ作ってます!我が家では出番回数が多いです!!しかし、やはり大きい!しまう場所に悩みました(笑)でも男3人の4人家族なので、この大きさで良かったと思っています。

 

40代男性のパパさん

家族が多いので大きなホットプレートが欲しいと思い購入しました。家族全員で焼きながら食べることができ、5人でも十分な大きさでした。

 

30才男性のパパさん

大きくて4人家族にぴったり。お好み焼きを3枚一気に焼けるので便利です。

 

30代女性のママさん

今回初めてホットプレートを購入しました。実際に使う前は大きすぎるんじゃないかなと思いましたが、実際に使うと家族4人でちょうどサイズでした。焼肉やたこ焼きをしましたが、へんに待ち時間もなくみんな大満足でした。

 

crv‐g300の良い口コミ5:火力も問題なく使える

CRV-G300は焼きムラなし

ホットプレートというと、場所によって焼きムラがあったり火力が弱いというイメージがありますが、crv‐g300は「火力に不満なし。焼きムラもない」という口コミが多数。

 

多少、端のほうが火力は弱いようですがそれでも問題なく焼けているとの口コミもありました。

 

30代女性 主婦

火力があるので、しっかり焼けます。お好み焼きとチキンステーキを焼きましたが、パリッと焼きあがりました。プレートが用途別にあって便利です。手入れは楽ですが、重いので出したりしまったりするのに気合が必要です。

 

40代女性のママさん

たこ焼きがしたくて購入しました!30個が一度に作れるのですが、1つずつが結構大きめで、大人と幼児2人ずつで2回転したらお腹いっぱいになりました。温度もしっかり上がります。端も真ん中に比べて低いものの、きちんと焼けます。安いものと迷いましたが、これにしてよかった!

 

20代女性のママさん

たこ焼き・お好み焼き・焼肉・餃子・ホットケーキといろいろ作ってみましたが、全部今のところ上手に焼きあがってます!

 

40代男性のパパさん

商品が届いた時には、とても大きく感じましたが、大人5人では決して大きすぎることはありませんでした。さっそく波型プレートを使って焼肉をしました。心配していた火力も全く問題なく家族みんな大満足です。煙もさほどきになりませんでした。これから大活躍間違いなしです。

 

50代男性

夜遅くに注文したのに2日後には届きました。このホットプレートはとっても気に入っていて、壊れるたび新しいのを購入しています。火力も強くたこ焼きもたくさん一度に焼けるので助かっています。もう4代目。

 

crv-g300の悪い口コミ1:重い

CRV-G300の総量は8.6kg

プレートが3枚ついていて、大きさもそれなり…となると、やはりどうしても重たくなってしまいます。

 

さとゴリラ
さとゴリラ
私も実際に持ってみて高いところへの収納尾は厳しい…!と感じました。
腰より上にあげるとなると「ふんぬっ!」と気合いを入れないと難しいですね

 

性能面や収納はよいけど、重い…」という口コミをよく目にしました。

 

しかし、付属分を全部入れた状態だととても重たいですが、実際に使う時に使うプレートは1枚なので、机の上に出す際には重さはさほど気になりません

 

40代男性

ホットプレートは価格にもよりますが、品薄感もあり予定していた予算よりも少し高いかなと思いましたが、在庫有りとあったので購入しました。商品そのものは、すごく重いです。プレートは3枚中、穴あきのプレートしか使用していませんが、油いらずで煙も出なく余計な油分も下に落ちて、肉も野菜も美味しいいただけました。手入れも簡単、収納もきれいに出来ました。

 

20代女性 主婦

初めての使用は、焼きそば。面はカリカリに野菜はいい感じに焼けとても美味しくできました。片付けは、プレートが外せるので楽に洗えてよかったです。次は、お好み焼きやたこ焼きに挑戦したいです。プレートなどをまとめてコンパクトに収納でき、また立てても収納できるのはとても助かります。重量的に重いので高いところに収納するのは大変です。

 

crv‐g300の悪い口コミ2:焼肉用の波型プレートが洗いづらい

穴あき・波型プレートの説明

良い口コミで「バラバラになるから洗いやすい」と書きましたが、1つだけ洗いづらいプレートが…

焼き肉用の波形プレートは、構造上どうしても溝に油がたまって洗いづらいようです。

 

ですが、事前にお湯をかけて油を流すなどすると、するっと汚れが落ちて洗いやすいですよ。

40代男性

10数年ぶりに買い換えました…肉、たこ焼きとくっつきにくく、おいしく焼けていいです!1つ気になるとしたら、焼肉用プレートを洗う際、横についた油をとりきれないことでしょうか。お湯をかけるなり工夫すれば大丈夫ですが…

 

crv‐g300は女性が選ぶホットプレートランキングにもランクイン

CRV-G300はランキング上位に入る

ホットプレートは1人で使うより、大人数で使うイメージがありますね。

 

お子さんがいるご家庭では、手軽に調理したい、お友達家族とホームパーティしたい…など利用シーンがたくさんあります。

 

そのため、お子さんのいるママさんに人気のホットプレートは、機能面や収納面でも満足度の高いホットプレートだと考えられます。

 

そこで、こんなランキングをご紹介したいと思います。

 

 

園児とママのための情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」を展開する株式会社こどもりびんぐが2020年5月に「女性が選ぶホットプレートランキング」を発表しました。

 

以下の部門の中からCRV-G300は2部門でランクイン

女性が選ぶホットプレートランキング

  • 総合満足度
  • 機能満足度
  • 女性が選ぶホットプレート利用率
  • 女性が選ぶ 次に使いたいホットプレート

 

総合満足度3位、機能満足度では1位

 

アンケート内でおこなわれた調査で、お子さんをもつママさんたちが購入時にどのような点を重視したのかも結果として出ていました。

 

重視したポイント

  • 本体価格の安さ
  • 使いやすさ
  • 本体の大きさ・重さ
  • 手入れのしやすさ
  • 手軽さ

 

総合満足度で3位という結果ということはcrv‐g300は「購入時に重視した点」をクリアしたホットプレートだということがわかります。

 

口コミでも、3枚もプレートが付いた上での本体価格の安さ・使いやすさ・本体の大きさ・手入れのしやすさなどの良い口コミが多かったですね。

 

 

 

 

crv‐g300は幅広く使えるホットプレート

3種類プレート横並び

crv‐g300は、魔法瓶の水筒でおなじみのタイガー魔法瓶株式会社から発売されているホットプレートです。

 

タイガー魔法瓶株式会社から発売されているホットプレートの中で最も高機能なタイプ。

 

crv‐g300よりプレートが1枚少ないCRV-G200とともに2017年8月21日に販売が開始されました。

 

大きさは長辺52.3㎝×短辺38.5㎝×高さ12.7㎝と新聞紙1枚分の大きさ。

 

重さは付属品など全部込みで8.6kgと結構な重さ。

 

ですが、これはプレート3枚やふた、金属ヘラなど全部を含めた総量。

使用時はここまで重くありませんし、洗う時も1つずつバラバラになるので負担にはなりません

 

 

プレートが3枚あることで料理のレパートリーが増え、家族みんなで作りながら食べられると人気です。

 

またコードが3mと長いのも特徴の1つ。

 

温度調節器とコード

1人暮らしが十分できるサイズの8畳まで、延長コードいらずで使用できます。

 

宙に浮いたコードを足にひっかけて転倒してしまったり、ホットプレートをひっくり返してしまう危険が減りますね。

 

crv‐g300は、ほかにどのような点で人気なのでしょうか。

 

詳しく解説していきます。

 

crv‐ℊ300の構造

CRV-G300の部品

crv‐g300は、以下のような部品からできています。

部品一覧

  • ふた(とっ手つき)
  • 平面プレート(とっ手つき)
  • たこ焼きプレート(とっ手つき)
  • 穴あき・波型プレート(とっ手つき)
  • 受けプレート(とっ手つき)
  • ヒーター・安全金具・ヒーターとっ手・差込口
  • 水受け皿
  • 遮熱版・プレート検知金具・はずれ防止金具
  • 本体ガード・収納フック・持ち手・突起部
  • 温度調整器・館熱望・電源コード・差し込みプラグ
  • 付属品(金属ヘラ・収納ケース)

 

 

これだけたくさんの部品からできていますが、全部取り外して洗えると細かい部分まできれいに保てますね。

 

またどこか1部分が壊れてしまっても、パーツショップにて購入すれば交換可能です。

1度買えば長く使えますね。

 

crv‐g300snは3役そろっていて便利

扇状の3種類プレート

crv‐g300にはプレートが3枚付いている、と上記にも書きました。

 

プレートの種類は以下の通り。

ポイント

  • 平面プレート(通常のプレート)
  • 穴あき波型プレート(焼肉用)
  • たこ焼きプレート

 

この3枚のプレートを使い分けることで、日常の食事、パーティメニューを作ったり

子どもと一緒に料理を楽しむことができます。

 

例えばこんなメニュー

メニュー

  • 日常の食事
    オムスパ、トーストと目玉焼きでモーニングプレート、煮込みハンバーグ、チキンステーキ、焼き鳥など
  • パーティメニュー
    フレンチトースト、パエリア、チーズフォンデュ、ピンチョス、お花ピザ、アヒージョなど
  • 親子クッキング
    焼きドーナツ、焼きおにぎり、クレープ、ワッフル、コロコロオムライス、アメリカンドッグなど

 

プレートが複数あることで、いろいろな活用方法がありますね。

 

 

crv‐g300のプレートは、焦げつきにくく耐久性が高くなるような工夫がされています。

 

表面には硬質セラミックハードフッ素コーティングが施されていて、今までのホットプレートと比べて食材のこびりつきにくさが2倍長持ちするようになりました。

 

ポイント

硬質セラミックハードフッ素コーティング

非金属・無機材料で、高温処理を受けたもの(セラミック)が入っている接着剤で
こびりつきにくい成分を含んだ高温に耐えられる塗装被膜(ハードフッ素樹脂)をはがれにくくする方法。

 

 

3枚あるプレートそれぞれに、特徴や活用方法があります。

 

平面プレート

平面プレートはいわゆるホットプレートというと、一番最初に思い出す形状のプレートです。

 

大きさが長辺42.1㎝×短辺30.9㎝×深さ2.4㎝と、多少深さがあるため料理の幅が広がります。

 

たこ焼きプレート2

たこ焼きプレートは直径約44㎜のたこ焼きが一度に30個焼けます。

 

30個が一度に焼きあがるので、4人家族で食べても1人7個は一度に食べられる計算。

 

7個もあれば、次のたこ焼きが焼きあがる前に食べ終わることはそうそうないでしょう笑

 

穴あき・波型プレート

一番特徴的なのは焼肉に使用する穴あき・波型プレート

 

なめらかな波形で余分な脂が落ちやすく、美味しくヘルシーにお肉を焼くことができます。

 

使用時には、下の水受け皿に水を入れるのですが、お肉を焼いている間に水が減ってきてしまいます。

 

 

ですが、焼肉中にプレートをはずして水を足すのは手間ですよね。

 

crv‐g300の穴あき・波型プレートは給水穴が角についているので、プレートを外さずに水を足すことができます。

 

同サイズの象印のホットプレートについている波形プレートとの差が、この給水穴です。

 

 

ちょっとしたことですが、手間がぐんと減って、より楽に焼肉を楽しむことができますね。

 

crv‐g300は縦置き収納できる

縦置きホットプレートとはがき

crv‐g300の最大の特徴といっても過言でないのが、縦置き収納できるという点です。

 

タイガーのホットプレートの中で、本体のみで縦置き収納できるのはcrv‐g300だけ

 

本体ガードのアシからスタンドを引き出すことで縦置きができるようになります。

スタンドのあるなし

 

垂直に立つので、それなりの大きさがあるCRV-G300もちょっとした隙間などに収納可能!

 

長辺52.3㎝×幅14.8㎝という大きさなので、新聞紙の長辺×はがきの長辺のスペースがあればホットプレートをしまうことができます。

 

 

穴あき・波型プレートとたこ焼きプレートは付属の収納ケースにいれられます。

 

収納ケースとへら

また収納ケースには付属の金属ヘラを入れておく場所もあるので、縦置きしてもガチャガチャすることはありません。

 

crv-g300の取扱説明書は購入前にネットでみることができる

取扱説明書はネットでも閲覧可

購入前に、欲しい商品の詳しい内容が知りたいことってありませんか?

 

公式サイトを見れば大体のことはわかるのですが、詳しい使い方などをもっと知りたい…という時は取扱説明書をみるに限ります。

 

crv‐g300は購入前でも、取扱説明書がみられるんです。

 

タイガーの公式サイトのお客様サポートから検索すると、最初から最後まで見ることができます。

購入前にcrv‐g300の取扱説明書を確認したい方はこちらからどうぞ。

 

crv‐g300は焼肉時などに煙を抑えられる仕組みがある

遮熱版に水を入れる

 

ホットプレートで焼肉などの調理をすると、どうしても煙がでますね。

自宅で行うと、換気扇や空気清浄機を使っていてもどうしても気になってしまいます…

 

 

煙は油が焼けるときにでるもの。

熱源が下にあるタイプはどうしても煙が出やすくなっています。

 

ファンがついていて、煙の発生を抑える機能がついているタイプのホットプレートもあります。

 

CRV‐G300は熱源が下にあるタイプなので、どちらかというと煙は出やすいのですが、

油が焼けるのを防いで、なるべく煙がでないように工夫されています。

 

穴あき・波型プレートで脂分・肉汁を下に落とし、水受けで油を冷やすことで煙がでにくいような作りに。

 

 

実際に我が家で焼き肉をした時も、煙が黙々と出ているような感じはなくにおいも残りませんでした。

 

焼き肉のあとは煙やにおいが気になる…という方も気兼ねなく使えるのではないでしょうか。

 

 

crv‐g300の在庫はないところもあるので事前確認が必要

CRV-G300の店頭写真

ホットプレートの売り上げが前年より売り上げが2割増えていることもあり、crv‐g300も在庫切れのところが多々あります。

 

我が家が購入した際はたまたま在庫ありの状態でしたが、別店舗では売り切れになっているところも。

 

購入前に在庫があるか、再入荷予定があるか確認しておくとよいでしょう。

 

 

crv‐g300をほかのホットプレートと比較してみた

CRV^-G300とほかのホットプレートを比較

ホットプレートを購入する時に、なるべくなら自分の生活スタイルや家族構成、好みに合ったものを選びたいですよね。

 

同じ会社から出ているホットプレートは、どれも同じようにみえたりしますが…

ちょっとした違いがあります。

 

また販売している会社ごとに特徴があります。

 

ホットプレートごとの違いを比較して、自分に合ったホットプレートを見つけましょう!

crv‐g300とcrc‐b301の違いはサイズとプレートの仕様

CRV-G300とCRC-B301

まずは、よく比較されるcrv‐g300と同じタイガー魔法瓶株式会社から販売されているcrc‐b301との違い。

 

crc‐b301は2017年6月21日に発売開始、とcrv‐g300よりも少し早めに出たホットプレートです。

 

crv‐g300との違いは以下の6点。

ポイント

  • 大きさ
  • ワット数
  • 重さ
  • プレートの仕様
  • 外せる部品

 

詳しくみていきましょう。

 

まずは大きさ。

crv‐g300長辺52.3㎝×短辺38.5㎝×高さ12.7㎝
crc‐b301長辺48.4㎝×短辺35.8㎝×高さ12.7㎝

 

crv‐g300のほうが、CRC-B301より一回り大きいサイズです。

 

しかしcrc‐b301が小さいサイズというわけではなく、crv‐g300が大サイズ、crc‐b301が中サイズというイメージがちょうどいいですね。

 

4人家族ならどちらのサイズでも使いやすいサイズだと思います。

 

 

次にワット数、重さ、色を違いを表にまとめます。

ワット数重さ
CRV- G3001300w8.6kgシルバー
CRC-B3011200w6.0kgブラウン

ワット数はさほど違いはありません。

 

重さの差は2.6kg1Lの牛乳パック3本弱と同じくらい差があります。

 

毎日持ち歩くものだと2.6kgの差は大きいですが、ホットプレートは持ち歩くものでものではありません。

 

また、複数枚あるプレートや付属品などを全部含めての送料なので、実際に使う際にはここまでの重さはどちらもないですね。

 

色はどちらも単色しかありませんが、どちらも食卓になじむ色になっています。

 

 

プレートは平面プレート、穴あき・波型プレート、たこ焼きプレートと種類は同じですが、プレートごとの仕様が異なります。

 

平面プレートに大きさ以外の違いはありませんが、穴あき・波型プレート、たこ焼きプレートには以下の違いがあります。

 

穴あき・波型プレートたこ焼きプレート
CRV-G300角度なし
全面穴あき・波型プレート
直径44㎜のたこ焼き穴
(通常サイズ)
CRC-B301油が流れやすい角度つき
一部平面プレートあり
CRV-G300一回り・二回り

 

crc‐b301の穴あき・波型プレートは一部が平面プレートになっています。

 

お肉と一緒に野菜も焼ける…ということなのだと思いますが、CRV-G300の全面穴あき・波型プレートでもお肉と野菜は両方焼けます。

 

たこ焼きプレートは一度に焼ける子数は30個と同じですが、たこ焼き1個の大きさが違います。

 

crv‐g300は通常~通常より少し大きいかなというサイズ。

crc‐b301は通用サイズより一回りか二回り小さいサイズです。

 

3~4人以上の大人数でホットプレート料理を楽しみたいにはcrv‐g300。

少し小さめでも値段を抑えてホットプレートを購入したい方はcrc‐b301がぴったりですね。

 

 

最後に外せる部品の違いです。

CRV-G300すべての部品が取り外し可能
CRC-B301遮熱版とヒーター部分は取り外し不可

 

crv‐g300はヒーター部分も含めてすべての部品をとりはずすことが可能です。

crc‐b301は遮熱版とヒーターが取り外しできません

 

後片付けの際に、取り外してシンクで洗う、ということができないので少し手間かもしれません。

 

 

crv-g300とcrv‐a300は縦収納のスタンドの有無が違う

縦置きのCRV-G300とCRV-A300

crv‐g300とよく比較されるホットプレートにcrv‐a300があります。

crv‐a300は2014年7月21日に数量限定発売された商品。今では生産終了しています。

 

crv‐g300とcrv‐a300の違いは4点。

4点の違い

  • 大きさ
  • 重さ
  • 平面プレートのコーティング
  • 縦置き収納時のスタンドの有無

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

まずは大きさと重さ。

大きさ重さ
CRV-G300長辺52.3㎝×短辺38.5㎝×高さ12.7㎝8.6kg
CRV-A300長辺56.7㎝×短辺37.9㎝×高さ13.6㎝9.1kg

ほぼ同じ大きさですが、ほんの少しだけcrv‐a300のほうが大きいかな?という印象です。

 

大きさに比例してcrv‐a300はcrv‐g30より500g重いですね。

 

500mlのペットボトル1本分ですが、crv‐g300がすでに結構重たい…

 

それよりもcrv‐a300が重いとなると、片付けの時などに持ち上げるのがなかなか大変かもしれません…。

 

 

次に平面プレートのコーティングの違い。

 

crv‐g300は硬質セラミックハードフッ素コーティングで、焦げ付きと耐久性をアップさせるコーティングです。

 

対してcrv‐a300は、遠赤土鍋コーティングで、遠赤効果のあるプレートになっています。

 

じっくりと熱を通すことでうまみを逃がさない効果があるんですね。

 

 

最後に収納時のスタンドの有無。

 

crv‐g300は縦収納するときに、本体のアシからスタンドを出すことができるので縦収納時に本体以外に必要なものはありません

 

crv‐a300は、収納スタンドを使用して縦収納が可能になっています。

収納スタンドには温度調節器も一緒にしまえるので、すっきり片付けることができます。

 

自宅以外の場所で使用するときは、スタンドなしでも立てておいておけるcrv‐g300のほうが邪魔にはなりませんね。

 

 

crv‐g300とea‐gw30の違いはプレートの表面加工と収納ホルダーの有無

CRV-G300とEA-GWとの違い

タイガー魔法瓶株式会社のホットプレートとよく比較されるメーカーの1つに象印があります。

 

象印のホットプレートの中でcrv‐g300とよく比較されるのは、ホットプレートやきやきea‐gw30

crv‐g300のライバル機といわれるホットプレートですね。

 

crv‐g300との違いは3点。

 

ポイント

  • プレートの表面加工
  • たこ焼きプレートの区切り線
  • 収納ホルダーの有無

 

 

まずはプレートの表面加工の違い。

CRV-G300硬質セラミックハードフッ素コーティング
EA-GW30遠赤トリプルチタンセラミックコート

crv‐g300は焦げつきにくさとプレートの耐久性を高めています。

 

ea‐gw30は遠赤平面プレートの表面がダイヤカットディンプル仕上げで浅い凹凸があります。

 

そのおかげで油なじみが良く、こげつきにくいプレートに。

 

 

3層構造で傷つきにくくなっているので、耐久性も高くなっています

 

次にたこ焼きプレートの区切り線。

 

crv‐g300とEA-GW30のたこ焼きプレートは、穴の大きさもほぼ同じで1度の焼ける数も30個で同じです。

 

違う点はea‐gw30のたこ焼きプレートには区切りがついていること。

この区切りがついていることで、穴からあふれさせた具材も1つの穴にちょうど良い量に分けられます。

きれいなまるいたこ焼きができますね。

 

 

最後に収納ホルダーの有無。

 

crv‐g300は本体のアシからスタンドを出して縦置き収納することができます。

 

横置きで収納する時も、本体に収納フックがついていてプレートや付属品がすっきり。

 

また本体に持ち手がついているので、持ち運びや収納する時も運びやすいです。

 

 

ea‐gw30は、樹脂製の収納ホルダーがついていて、プレートの順番を気にせず重ねるだけで片付けられます。

 

この収納ホルダーは持ち運びに便利なハンドルがついていて、縦置きも可能です。

 

 

crv‐g300と象印のほかのホットプレートを比較

CRV-G300と象印のホットプレート数種

象印にはea‐gw30以外にもいろいろなホットプレートがあります。

 

crv‐g300と同様にプレートが複数枚ついているタイプや、サイズが小さめのもの、深型プレートがついているものなど

それぞれ特徴があります。

 

crv‐g300との違いを比較して、自分にあったホットプレートを探しましょう。

 

ea‐gw30の姉妹機ea‐gv35‐td、下位機種ea‐jb20‐saとの違い

 

crv‐g300のライバル機であるea‐gw30

そのea‐gw30の姉妹機にあたるのがea‐gv35はほかの機種とプレートが違います。

 

ついているプレートは以下の通り。

ポイント

  • 遠赤平面プレート
  • 遠赤穴あき焼肉プレート
  • 大たこ焼きプレート
  • 遠赤平面ハーフプレート
  • 遠赤穴あき焼肉ハーフプレート

 

 

ほかのホットプレートとの大きな違いは、ハーフプレートが付いていること。

 

遠赤穴あき焼肉プレートの半分が開いていて、ハーフプレートがつけられるようになっています。

 

全面焼肉プレートとして使うこともできますし、半面焼肉、半面平面プレートとして使うことも可能です。

 

 

お肉を焼きながらソースを使う焼きそばを焼いたり…などメニューに合わせてプレートを変えることができます。

 

 

 

またea‐gw30の下位機種であるea‐jb20‐SAは、サイズも小さめでプレートも少ないタイプ。

家族のみで使う・たこ焼きは家では作らない…などホットプレートの用途がある程度決まっている方に向いています。

 

CRV-G300とのサイズと重さのちがいは以下の通り。

CRV-G300長辺52.3㎝×短辺38.5㎝×高さ12.7㎝8.6kg
EA-JB20‐SA長辺48㎝×短辺31㎝×高さ15.5㎝5.5kg

 

サイズも2回りほど小さくプレート数も少ないため、重さもだいぶ軽くなっています。

 

コンパクトに収納したい、年齢を重ねて重い物の上げ下げは厳しい…というご家庭向きのホットプレートです。

 

 

ea-kj30-baとの違いは深型プレートがついているかどうか

CRV-G300とEA-KJ30の違いは深型プレートの有無

象印のホットプレートには、深型プレートがついているタイプがあります。

 

crv‐g300は、プレート自体が浅いので「焼く」ことは大得意ですが、「煮る」ことはできません。

出来てもパエリアなど「炊く」程度でしょうか。

 

 

象印のea‐kj30‐baや、プレート数の少ないea‐ke20‐baea‐ka10‐baには深型プレートがついています。

 

crv‐g300の平面プレートと、ea‐kj30‐baの深型プレートの深さを比べると、深型プレートのほうが1.1㎝深い

CRV-G300深さ2.4㎝
EA-KJ30-BA深さ3.5㎝

数字で見ると大して深さがないように感じますが、1円玉を縦に3つ半並べたと考えると…それなりの深さがあります。

 

パスタをゆでたりすき焼きなどの汁気の多い料理をしたい場合に活躍するホットプレートです。

 

 

ちなみにea‐kj30‐baとea‐kj20‐ba、ea‐kj10‐baの違いはプレート数のみで、ほかの仕様は同じ。

EA-KJ30‐BA深型プレート
傾斜溝つき焼肉プレート
区切り線つきたこ焼きプレート
EA-KE20‐BA深型プレート
傾斜溝つき焼肉プレート
EA-KE10-BA深型プレート

 

作りたい料理に合ったタイプのホットプレートを選びましょう。

 

crv‐g300の価格

箱からホットプレートを出すところ

crv‐g300の価格は、購入場所によってバラバラ。

 

せっかくならなるべく安く保証もつけて、お得に購入したいですよね。

 

crv‐g300の定価や、どこで購入できるか、購入場所による保証期間の長さなどを見てみましょう。

 

crv‐g300の定価

家電量販店でオープン価格

crv‐g300の定価を調べてみましたが、家電によくあるオープン価格

 

参照

オープン価格とは

メーカーが定価や希望小売価格を設定しないで、実際の販売価格を小売業者(スーパーや家電量販店など)に一任するもの。

 

それぞれの販売場所での価格を確認していきましょう。

 

crv‐g300の最安値

価格のグラフの最安値部分にCRV-G300

crv‐g300の最安値はいくらか、調べてみました。

 

日によって多少変動はありますが、2021年1月現在は12380円(税込)が最安値となっています。

ですが、これは本体だけの価格。

 

保証期間の延長が有料だったり、場所によっては送料も+αでかかります。

また購入場所によってはポイントがたまるところも…

 

本体価格だけでなく、総合的に判断して安く購入できるところでCRV-G300を手に入れましょう。

 

crv‐g300は購入場所によって価格や保証期間が変わる

価格や保証期間を考える

上記でもお伝えしたように、crv‐g300は購入する場所によって、価格や保証期間が変わります。

 

また購入場所によっては購入時にポイントがたまるので、次のお買い物が少しお得にできることも。

 

よくお買い物するところがあれば、そこでCRV-G300を購入するのも手かもしれませんね。

 

crv‐ℊ300はヨドバシでは1月のおすすめ

ヨドバシではCRV-G300はおすすめ商品

 

ヨドバシカメラでは、1月のおすすめとしてcrv‐g300が販売されていました。

 

ヨドバシの商品画像

 

店頭での価格は税込14800円

ヨドバシのゴールドポイントカード使用で1480円分のポイント還元がついていました。

 

ヨドバシの値札

 

ヨドバシカメラのサイトでは、2021年1月現在の価格は税込15800円

1580円分ポイント還元されます。送料無料で、店舗での受け取りも可能です。

 

crv-g300はamazonでも買うことができる

時計とカート

amazonでのcrv‐g300の価格は2021年1月現在、税込13799円

138円分のAmazonポイントがついてきます。

 

またAmazonでは定期的にタイムセールもおこなわれているので、その時期に合わせて購入するのもよいでしょう。

 

crv-g300は楽天の家電量販店サイトでも買える

楽天での価格と保証期間

楽天には、いろいろなお店の楽天市場店があります。

表内の価格は、すべて2021年1月現在のものです。

タイガー
魔法瓶
16500円(税込)送料無料825ポイント記載なし
Rakuten Bic15800円(税込)送料無料158ポイント楽天あんしん延長保証(5年)
自然故障プラン
1000円(税込)
自然故障+物損プラン
1600円(税込)
エディオン14660円(税込)送料無料146ポイントメーカー保証(1年)のみ
ケーズデンキ15180円(税込)送料無料151ポイントメーカー保証(1年)のみ
コジマ14660円(税込)送料無料146ポイントメーカー保証(1年)のみ
ヤマダ電機14660円(税込)送料無料146ポイント記載なし
Joshin Web14660円(税込)送料無料146ポイント

7ポイント
長期修理保証(5年
購入価格の5%
733円(税込)

本体価格+保証で考えると、本体価格が安く5年保証も733円で加入できるためJoshinWeb楽天市場店が一番お得かな…と感じます。

 

crv-g300はビックカメラの店頭では販売されていなかった

商品価格の5%分のポイントで長期保証加入可

 

ビックカメラの店頭ではcrv‐g300は販売されていませんでした。

ビックカメラの公式サイトでは販売されているので、店頭での在庫が切れていたのでしょう。

 

ビックカメラ店舗写真

 

ビックカメラでのcrv‐g300の価格は2021年1月現在、税込で15800円

ビックポイントが1580ポイントついてきます。

 

ビックカメラでは、商品金額の5%分のポイント(今回は790ポイント)で長期保証に加入することができます。

 

メーカー保証+長期保証で5年間加入でき、保証期間中は何回でも修理が可能です。

 

crv-g300はエディオンのカードで長期保証に加入できる

エディオンカードで長期保証加入可

エディオンでのcrv‐g300の価格は2021年1月現在、税込14800円

 

エディオンカードの会員なら、ポイントが1%つきます。今回の場合は148ポイント。

 

またエディオンでは、エディオンカードに加入している場合に限り、長期保証の対象になります。

 

エディオンネットショップのご利用登録とご購入前に「会員カード情報」の登録が必要なので注意が必要です。

 

crv‐g300の長期修理保証は5年間になっています。

 

crv-g300はケーズデンキの会員なら安く買える

あんしんパスポートで値引できる

ケーズデンキでのcrv‐g300の価格は2021年1月現在、税込15180円

 

あんしんパスポート会員限定で、表示価格よりさらに値引きした価格で購入することもできます。

会員登録時にあんしんパスポート番号の登録が必要なので注意が必要です。

 

また、クーポンの利用でお得に購入できることも。

 

長期保証はメーカー保証1年込みの3年間。購入金額の5%の保証料(今回の場合759円)で加入することが可能です。

 

crv-g300はコジマ会員なら有料で弔意保証がつけられる

コジマネット会員は有料で長期保証加入可

コジマでのcrv‐g300価格は2021年1月現在、税込14220円

 

くらし応援ポイントの対象外となっています。

 

コジマネット会員は、長期保証をつけることが可能です。

 

長期保証には無料長期保証と有料長期保証(3年保証・5年保証・10年保証)があり、

購入商品により選べる保証が異なります。

 

 

crv‐g300は有料長期保証の対応です。

 

商品価格の5%のお支払いで、5年の長期保証に加入することができます。

 

コジマにはPayPayモール店もあります。

 

PayPayモール店での価格は、税込14370円

Tポイントが143ポイントつきます。

 

保証に関しては、2014年7月15日でサービスの受付を終了しています。

 

crv-g300はヤマダで有料長期保証がつけられる

ヤマダの長期保証

 

ヤマダ電機の店舗では、税込15800円で販売されています。

 

ヤマダの商品画像

 

1/8~1/9の期間ではさらにレジにて5%値引きされ、税込15010円で販売。

 

またポイントが10%つきます。

ヤマダの値札

 

ヤマダの公式サイト、ヤマダウェブコムでのcrv‐g300の価格は2021年1月現在、税込14220円

長期保証は「家電保」という有料長期保証を付けることができます。

 

crv‐g300は3年保証を1100円でつけることが可能です。

また配送もできますが、お店での受け取りもOK。

 

 

ヤマダにはPayPayモール店もあります。

 

PayPayモール店での価格は、税込14370円

Tポイントが143ポイントつきます。

 

PayPayモール店では長期保証に加入はできません

 

crv-g300はYahooショッピングなら中古も販売している

Yahooは新品・中古どちらも販売あり

 

Yahooショッピングのcrv‐g300の価格は2021年1月現在、新品は税込13312円

Tポイントが133ポイントつきます。

 

yahooショッピングでは中古のcrv‐g300も販売しています。

 

中古の価格は2021年1月現在、税込13285円

Tポイントが132ポイントつきます。

 

crv-g300はジョーシンで有料長期保証がつけられる

ジョーシンは5年長期保証

ジョーシンでのcrv‐g300の価格は2021年1月現在、税込14370円

ポイントが144ポイントつきます。

 

まごころ長期修理保証という長期保証が718円でつけられます。

保証期間はメーカー保証1年+長期保証4年の5年間です。

 

crv-g300はノジマでプレゼント用にラッピングしてもらえる

ホットプレートの下取りと黄色いプレゼント

 

ノジマの店頭ではcrv‐g300は2021年1月現在、税込14850円で販売されています。

 

ノジマでの商品画像

 

ポイントは最大10%ポイント還元

 

ノジマでの値札

ノジマでのサイトでは、2021年1月現在、税込14220円で販売中。

WEB限定クーポンで2000円引き、もしくはポイント交換で2400ポイントつけることが可能です。

 

長期保証は1540円で5年間つけることができます。

そのほかにもサービスがあります。

その他サービス

  • 厳重に梱包 1650円
  • 下取り手数料 1500円
  • ギフトラッピング 990円

 

 

CRV-G300でステイホームを乗り切ろう!

ホットプレートでたこ焼きと食べている子ども

我が家でも大活躍しているCRV-G300。

 

プレートが3枚あることで、イベント時だけでなく日常の食卓にも使えるホットプレートです。

ステイホームにおいても強い味方です。

 

ステイホームでちょっとした外食などもできない中、ホットプレートは食事の時間を楽しくしてくれます。

 

ホットプレートをお持ちでない方や、ホットプレートでの料理のレパートリーを増やしたい方は

ぜひcrv‐g300を検討してみてはいかがでしょうか。

 

子どもたちも私も食事が楽しめて、我が家は買って正解でした!

-家電
-

© 2021 GORI best